プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、8年間在籍した巨人から、トレードで日本ハムに入団した大田泰示。

移籍1年目の今季、見事に自身初の規定打席到達を果たしました。

巨人での通算成績を1年で上回った今季

大田は2008年、ドラフト1位で東海大相模高校から巨人に入団。高校通算65本塁打の大田は、巨人の将来の四番候補として期待されていました。

しかし、なかなか一軍には定着できず、昨年までの8年間、巨人で与えられた一軍での打席数はわずか474打席でした。今季の大田の打席数が457打席ですから、ほぼ同数ということになります。

それでは、大田の巨人時代の8年間の通算成績と今季の成績を比較してみます。

まずは、大田の巨人時代の8年間の通算成績がこちら。

.229(436-100)9本 40打点 32四死球 139三振 OPS.634

そして、今季の大田の成績がこちら。

.258(427-110)15本 46打点 28四死球 88三振 OPS.719

打率は約3分上昇し、本塁打と打点も、今季だけで過去8年間の合計を上回りました。

特筆すべきは三振数の大幅な減少です。巨人時代は、コーチからコンパクトな打撃を強制されていたことを本人が語っています。

しかし、日本ハムに移籍してきて「強く振る」ということを意識して臨んだ今季の方がはるかに三振数が少ないのは、何とも皮肉な話です 苦笑

今季の大田の打撃成績の推移と私

それでは、今季の大田の打撃成績の推移を、個人成績フェチである私の感想などを交えながら振り返ってみたいと思います。

今季、まず最初に私が「大田がついに今年こそはやってくれるのか…?」と期待し始めたのは、5/19(打率.250、5本塁打、12打点)のあたりでした。

その後、大田は完全に勢いに乗り、6/15(打率.286、8本塁打、21打点)の成績を見て、私もいよいよ本格的にワクワクしてきます。

ネット上でも「このペースなら20本塁打どころか30本塁打もいけるんじゃ…?」という、やや期待しすぎな声も上がるほど 苦笑、世間も大田の活躍に夢を見始めます。

そこから少し時間がかかりましたが、7/2(打率.263、10本塁打、25打点)には初の2ケタ本塁打を達成。しかし、私も世間も、大田に対するワクワクはそのあたりがピークだったかもしれません。

その後、本塁打と打点がなかなか伸びてこなかったのです。

申し訳程度に単打は打つので 苦笑、何とか打率だけは8月の終わりくらいまで.260~.270をキープしていましたが、私も世間も、大田に期待しているのはそういうことではありません。

そして、9月に入るとその打率までもが下降…。

一番の底は9/24(打率.247、11本塁打、34打点)で、私もその頃には、大田の今季はもはや規定打席到達のためだけにあるような気がして、完全に冷めてしまいました。

ところが、シーズンも残り10試合となったところで、大田は謎の猛打を見せ始めます。

シーズン最終戦の前までの9試合で、実に打率.400(35-14)、4本塁打、12打点を記録。

10/9の最終戦を前にした成績は、打率.260、15本塁打、46打点。今季の大田に対する私のワクワクの2回目のピークが突然やってきたのです 笑

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
打撃成績
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

当たり前のように成績を残すと計算される大島洋平。【燃えドラ】

弟よ 私は2017年が終わるのを前にして このブログを移転するつもりでいるのであったのだ【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

山田哲人について語ろう【つばめの黄金時代を築け!】

【2017】シミュレーションしてみよう【札幌ドームが見える部屋から】

【補強】移転元年を知る2選手が復帰【札幌ドームが見える部屋から】

なぜエンジェルスを大谷翔平は選んだのか、その最大の理由 歴史的にソーシアと栗山監督の違いを明らかにする【MLB 戦いの原理を求めて】

【補強】左の大砲オズワルド・アルシアを獲得【札幌ドームが見える部屋から】

続・東日本パ・リーグ本拠地行脚★メットライフドーム&ZOZOマリン編【HAMFAN★応援歌】

ブロガープロフィール

profile-iconkishita

プロ野球の個人成績のみに特化したブログ。セイバー系指標ではなく、打者なら打率、本塁打、打点、投手なら勝敗数、セーブ数、防御率などの話を掘り下げます。
  • 昨日のページビュー:897
  • 累計のページビュー:307179

(01月21日現在)

関連サイト:プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人・ゲレーロは活躍できるのか?過去の「来日1年目で本塁打王」の2年目は?
  2. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【トレード編】
  3. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【投手編】
  4. 日本ハム・大田、初の規定打席到達!「あの」大打者と歩みが同じ?
  5. 歴代通算本塁打ランキングの20位からが面白い!結局「あの人」は凄かった!
  6. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「ワシが育てた。」【野手編】
  7. 半規定打席到達者・打撃ランキング2017!&「リアル規定打席」バージョン!
  8. 闘将・星野仙一氏を偲んで。/「血の入れ替え」【FA・その他編】
  9. 巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」
  10. DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss