全国少年少女レスリング連盟

第28回九州少年少女選手権大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

【第28回九州少年少女レスリング選手権大会】

期日  平成26年4月19日〜20日
会場  宮崎県体育館本部(メインアリーナ)

平成26年度第28回九州少年少女レスリング選手権大会は4月19日(土)・20日(日)の二日間、宮崎市において開催されました。
 宮崎県体育館では、あいにくの雨模様にもかかわらず320名の選手による熱戦が展開されました。
 なかでも、小学生1〜2年の部では双子の兄弟二組が頑張っていました。24kg級の高田道場・福岡(福岡県)の荒木勇哉・星哉くん兄弟と、+32kg級のタイガーキッズ(熊本県)の石田獅童・悠稀くん兄弟です。
 双子の兄弟二組ともに20日の決勝戦に進み、荒木勇哉くんと石田獅童くんの二人に軍配が上がりチャンピオンに輝きました。
 石田くん兄弟は、昨年札幌で開催された全国大会でも活躍しています。悠稀くんは1年生の+30kg級で優勝し、獅童くんは30kg級で2位の成績を残しています。
 将来は、二組の兄弟ともロンドンオリンピック出場の湯元兄弟のようにメダルの取れる選手に成長してもらいたいものです。

 次に、審判員のなかで紅一点、髙田道場・福岡のサトウヒロミさんが目を引きました。 九州大会での女性審判員は初めてではないでしょうか。女子選手の大会参加に伴い、女性の指導者や審判員は不可欠です。今後、女性指導者や審判員が一人でも増えることを期待したいと思います。

 試合全般では、昨年度の全国大会チャンピオンを含む入賞経験者が実力を発揮していました。スピード、テクニックとも他を圧倒し健在ぶりをアピールしています。今年の全国中学生大会や全国少年少女レスリング大会等での活躍に期待したいと思います。
 攻撃と守りのバランスが良く、基礎・基本の技がしっかりしたチームが好成績を残していると改めて感じました。
 九州には九州全体を「九州はひとつ」と表現する言葉が有ります。この言葉のように九州全体が一体感を持って一緒にレスリング競技の普及・発展と選手の競技力アップを図ることが出来ればと願っております。
 この二日間、大きなケガもなく無事終えることが出来ました。大会の趣旨をご理解のうえ、円滑な試合進行に多大な協力いただいた参加チームの監督・コーチの方々や遠方より応援に来られた保護者の方々に心よりお礼申し上げます。
(宮崎大会事務局 大西浩三)

kyu1
kyu2
kyu3
kyu4
kyu5
kyu6
kyu7
kyu8




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ブロック大会
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「一般社団法人 日本スポーツ応援団」設立【全国少年少女レスリング連盟】

第18回全国少年少女選抜選手権大会【全国少年少女レスリング連盟】

平成26年度東日本審判講習会のご案内【全国少年少女レスリング連盟】

ブロガープロフィール

profile-iconkidswrestling

  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:375604

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第29回全国少年少女レスリング選手権大会
  2. 全国少年少女選手権大会
  3. 第30回全国少年少女選手権大会
  4. 全国大会 階級試合日程
  5. 第六機動隊少年レスリング部
  6. 第26回中部日本ジュニアレスリング大会
  7. 全国大会 結果
  8. 新宮ジュニアレスリングクラブ
  9. 第18回全国少年少女選抜選手権大会
  10. 平成26年度事業計画

月別アーカイブ

2015
05
04
02
01
2014
12
09
06
05
04
03
2013
12
07
06
05
04
03
01
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss