全国少年少女レスリング連盟

第六機動隊少年レスリング部

このエントリーをはてなブックマークに追加

第六機動隊少年レスリング部
田南部 力さん

 今大会は3名の出場と少ないが、1人の優勝者を出した六機キッズ。代表はアテネオリンピック銅メダリストの田南部力さん。優勝したのは娘である夢叶(ゆめか)ちゃん(6年生)だ。夢叶ちゃんは4月からアカデミーに入り、世界を目指す。「六機キッズの練習では足りないという本人の意向です。もっと練習したいという気持ちには六機キッズは応えられないので、然るべき所で練習させていただくことになりました」

六機1
      夢叶ちゃんにアドバイスする田南部さん  六機キッズの設立は5年前。田南部さんが警視庁に働きかけ、2007年に第六機動隊レスリング場での活動を開始した。「警視庁に承認してもらうまでに1年近くかかりました」と当時を振り返る。現在は3歳から12歳まで、15人が在籍している。警視庁機動隊のクラブだが、一般の子供達も在籍することができる。このクラブの理念が「地域の青少年育成」だからだ。「レスリングで強くなることよりも、子供達を正しく清く強く育てる事が第一の目的です。六機キッズでは練習も週に2回しかやっていませんし、人間育成が目的のレスリングクラブなんです」と田南部さん。他には豊田雅俊(グレコローマン55kgアテネオリンピック代表)や瀬川浩寿(グレコローマン120kg2002年アジア大会出場)ら、警視庁第六機動隊レスリング部OBがコーチを務める。  「強くなりたいという気持ちがあれば、週2回でもきっちり練習すればチャンピオンにだってなれると思います。六機キッズの子供達もしっかりやろうという気持ちが強いと思いますよ」月に1度は近隣県の少年クラブと合同練習なども行っている。指導に来て欲しいという依頼があればそれにも応じている。「野球やサッカーと違って、競技人口が少ない。全国のクラブがわかりますよね。ですからウチの選手を勝たせたいというよりも、所属を問わずに一緒に将来のレスリング界を担う子供を育てたいと思っているんです。強くなりたいという気持ちがある子にはこちらもしっかり応えたいです。少年レスリングは日本レスリング界の基盤ですからね」全日本チームに関わっていることで、日本のトップの底上げに強い思いがあるのだろう。  田南部さんは全日本の指導や遠征が多いため、六機キッズの練習に参加できない事が多い。「それなのに、合同練習で他のクラブの選手に教えて欲しいと言われて指導をして、時々、六機キッズまで手が回らないこともあります」と笑う田南部代表。「日本全体のレスリングのことを考えたら、そうなってしまうんですよね」少年から全日本代表までをみつめる田南部さんの目にはレスリング界の明るい未来が映っている。
六機2
六機3
六機4




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
全国少年少女選抜レスリング選手権大会
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

新宮ジュニアレスリングクラブ【全国少年少女レスリング連盟】

選手登録について【全国少年少女レスリング連盟】

カデット&ティーンエイジ体重区分変更【日本ジュニアサンボ連盟 JJSF NEWS】

ブロガープロフィール

profile-iconkidswrestling

  • 昨日のページビュー:49
  • 累計のページビュー:375558

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第29回全国少年少女レスリング選手権大会
  2. 全国少年少女選手権大会
  3. 第30回全国少年少女選手権大会
  4. 全国大会 階級試合日程
  5. 第六機動隊少年レスリング部
  6. 第26回中部日本ジュニアレスリング大会
  7. 全国大会 結果
  8. 新宮ジュニアレスリングクラブ
  9. 第18回全国少年少女選抜選手権大会
  10. 平成26年度事業計画

月別アーカイブ

2015
05
04
02
01
2014
12
09
06
05
04
03
2013
12
07
06
05
04
03
01
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss