須賀啓太のTriathlonレポート

月別アーカイブ :2015年06月

ITUトライアスロンアジアカップ蒲郡大会(NTTトライアスロンジャパンランキング対象大会)

6月21日、愛知県蒲郡市の竹島緑地公園付近を舞台に、NTTトライアスロンジャパンカップランキング対象大会、ITUトライアスロンアジアカップ蒲郡大会が、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのスタンダードディスタンス行われた。 雨が降りしきる中、21名の選手が出場した女子が11時15分にスタート。 まず高橋侑子(東京都連合)がスイム1周目から後続を大きく離し、スイム2周回を......続きを読む»

2016世界トライアスロンシリーズ シーズンスケジュールの発表

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)。 2015シーズンはすでに折り返しを過ぎ残すところあと4戦ですが、先日2016シーズンのスケジュールが発表されました。 来シーズンは3月のアブダビ大会(UAE)に始まり、9月のコスメル大会(メキシコ)までのおよそ半年全8戦にて行われる予定です。 2016世界トライアスロンシリーズ スケジュール(開催数) ※但し細か......続きを読む»

2015ASTCトライアスロンアジア選手権結果 男女ともに日本が表彰台独占

2015ASTCトライアスロンアジア選手権が、 12日台湾の新北市でスタンダードディスタンスにて行われた。 日本からは女子6名、男子6名の計12名がエントリー。 結果は男女ともに表彰台を独占。 アジア圏においては他国を寄せ付けない実力を今大会でも示す結果となった。 日本人選手結果は以下のとおり。 女子: 1位:上田 藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター) 2位:井出 樹里(神奈川県連合)......続きを読む»

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 男子レビュー

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の第6戦ロンドン大会女子のレースが、現地5月31日イギリスのロンドン、ハイドパーク周辺を舞台に、スイム750m、バイク20km、ラン、5kmのスプリントディスタンスで行われた。日本人選手は椿浩平(三井住友海上)が出場した。 (気温:16.2度、水温15.2度) レース前プレビューはこちら まず750m1周のスイムをトップであがってきたのは......続きを読む»

マッチ日本代表として世界デビュー

タレントの近藤真彦 氏(50)が、今月27日スウェーデンのムータラで行われる2015ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権に日本代表として「エイジグループ50~54歳の部」に出場します。近藤氏はトライアスロンを初めて6年。いままで国内海外問わず何度も大会に出場していますが、日本代表として出場するのは初めてとなります。 ...続きを読む»

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子レビュー

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の第6戦ロンドン大会女子のレースが、現地5月31日イギリスのロンドン、ハイドパーク周辺を舞台に、スイム750m、バイク20km、ラン、5kmのスプリントディスタンスで行われた。日本人選手は井出樹里(神奈川県連合)、上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)、佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)、高橋侑子(......続きを読む»

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)第6戦ロンドン大会、女子のレースが現地5月31日、ロンドンのハイド・パーク周辺を舞台にスプリントディスタンスにて行われた。 レース前プレビューはこちら 優勝は今季5勝目、WTS通算13勝目、そして昨シーズンのWTS横浜大会から続く連勝を前人未到の10に伸ばしたアメリカのグウェン・ジョーゲンセン。 2位には同じくアメリカのケイティ・ザフィア......続きを読む»

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 男子結果速報

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)第6戦ロンドン大会、男子のレースが現地5月31日、ロンドンのハイド・パーク周辺を舞台にスプリントディスタンスにて行われた。 レース前プレビューはこちら 優勝は今季2勝目。WTS通算19勝目となるイギリスのアリスター・ブラウンリー。 ラン1周目後半から後続を引き離す圧巻の一人旅で、母国ファンの前で2011年以来ととなる母国優勝を飾った。 2......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:52
  • 累計のページビュー:99483

(11月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2017世界トライアスロンシリーズ 第2戦ゴールドコースト大会 女子レビュー
  10. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss