須賀啓太のTriathlonレポート

コラム

リオ五輪 トライアスロン競技女子 レースレビュー

リオ五輪トライアスロン競技女子のレース。結果はアメリカのグウェン・ジョーゲンセンが、金メダルをとって当たり前というような周りのプレッシャーもある中、見事金メダルを獲得した。 ジョーゲンセンがトライアスロンの世界最高峰シリーズ、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)であげた勝利数はここまで17。2位の5勝を大きく引き離し、2014年のWTS横浜大会から今年のWTSゴールドコースト大会で敗れるまで、......続きを読む»

自業自得、自らペナルティ以上の代償を払ったマレー

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の2016シーズン第7戦ハンブルク大会男子のレースが、現地7月16日ドイツのハンブルクで行われた。 結果速報はコチラ そのレースにおいて、優勝候補の一人であった南アフリカの強豪リチャード・マレーは二つの前代未聞の出来事を起こす。 一つ目はスイムからバイクへのトランジションにおいて、スイムキャップやゴーグル、......続きを読む»

リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点

4月24日、南アフリカのケープタウンで行われた2016世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)第3戦をもって、リオ五輪女子トライアスロン日本代表の選考対象レースがすべて終了した。(男子は女子とは若干選考内容が違い、まだ選考対象レースが残っている) まだ発表まで時間があるが、これまでの選考対象大会の結果を見るとそう簡単に選考できる状況ではないと私は思う。 そこで今回、選考基準を再確認しながら論......続きを読む»

ハンブルク大会はなぜ毎年優勝者が変わるのか

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)第7戦ハンブルク大会男子のレースが、現地7月18日ドイツのハンブルクで行われフランスのバンサン・ルイがWTSキャリア初優勝をあげた。ハンブルクは2009年の世界トライアスロンシリーズ開始以降、唯一毎年カレンダーに名を連ねる都市。今年で6回目の開催となるわけだが、最多の開催数を誇るにも関わらずハンブルク大会で複数回優勝した選手は無く毎年優勝者が変わる。......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:99723

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  8. 2017世界トライアスロンシリーズ 第2戦ゴールドコースト大会 女子レビュー
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  10. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss