須賀啓太のTriathlonレポート

リオ五輪 トライアスロン競技 男子結果速報

このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪トライアスロン競技男子のレースが、現地8月18日リオデジャネイロ、フォートコパカバーナ周辺を舞台に行われた。

距離フォーマット:スタンダードディスタンス(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km) 気温:26度 水温:20.8度 湿度:81% 天候:晴れ 

リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(男子)はコチラ

優勝はロンドン五輪金メダルのアリスター・ブラウンリー(イギリス)。男女通じて五輪トライアスロン競技初となる2大会連続の金メダル獲得。 2位にはその弟でありロンドン五輪では銅メダルだったジョナサン・ブラウンリー(イギリス)が銀メダルを獲得し、こちらも男女通じて五輪トライアスロン競技初となる兄弟ワンツーとなった。 そして3位には伏兵ヘンリ・スクーマン(南アフリカ)が入り銅メダルを獲得した。

まず最初の種目のスイム1.5km1周回をトップであがってきたのは、やはりスイムのスペシャリスト、スロバキアのリチャード・バルガ。 しかし独走というわけではなく、その後も数珠つなぎに次々と選手があがってくる中、メダル候補の選手はというとアリスターとジョナサンのブラウンリー兄弟はアリスター4位、ジョナサン6位と好位置。 その対抗と見られていたスペインのマリオ・モーラは26位とやや遅れ、南アフリカのリチャード・マレーは45位と大きく出遅れる。

続く種目1周5km8周回40kmのバイク。スイムで途切れなく上がった選手達だが、急坂の設定されたテクニカルなバイクコースの影響でバイク1周目には細かな集団形成ができあがる。 バイクトップグループには先述のバルガ、アリスター、ジョナサンのほか、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)で優勝経験のあるフランスのバンサン・ルイなども入った10名によって形成され、モーラは14名の第2グループの中に、マレーは大集団となった第3グループに属する。 その後、第2グループと第3グループは合流さらにはまた分裂と選手が若干シャッフルとなり、マレーはその動きの中で第2グループへと上がる。しかしトップグループのメンバー構成は変わらず、周回を重ねるごとに後続グループとのギャップを広げ1分15秒程の差でバイクを終える。

最後の種目1周2.5km4周回のラン。まずトランジションを抜け出し先頭に立ったのはアリスター、ジョナサン、ルイの3名。 この実力者3名がラン序盤で先頭に立ったことで、メダル争いはこの3名と、あとはモーラ、マレーのランがどのくらい伸びてくるかと見られていたが、2周目においてルイが突如失速。ブラウンリー兄弟から引き離されるどころか、4位につけていた南アフリカのヘンリ・スクーマンにもかわされズルズルと後退。

その後ブラウンリー兄弟はしばらく並走が続くが、3周目に兄アリスターがスパートをかけ弟ジョナサンを突き放す。 最後はイギリス国旗と、出身地であるヨークシャーの旗を沿道から受け取り、声援に応える余裕を見せながらフィニッシュ。見事2大会連続の金メダルを獲得した。 その6秒後に弟ジョナサンがフィニッシュ。自国開催のロンドン五輪では果たせなかった五輪兄弟1-2を4年越しに実現させた。

そして3位には結局ルイをかわしたスクーマンが、自身も驚きながら、また困ったような表情でそのままフィニッシュ。スイムの強さはバルガと並び評される実力はあるが、WTSにおいて優勝はおろか表彰台経験さえない男が、この大舞台でまさかの番狂わせとも言える銅メダル獲得を果たした。 そのスクーマンと同国でメダル候補と言われていたマレーは、なんとか得意のランで順位を上げ、スクーマンに次ぐ4位。 ラン序盤ブラウンリー兄弟と先頭を争ったルイは結局7位。金メダル候補の一角だったモーラは8位でレースを終えた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エリートクラス
その他のレース
結果速報
オリンピック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪 競技12日目:女子レスリング、3連続逆転勝ちでの金3つ【スポーツ えっせい】

【NBA】2016' リオ五輪 8/18 準々決勝 USA○105-78●アルゼンチン。#Rio2016 #USABMNT【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブラジルが決勝進出!最後の栄光?を達成できるか?!【spoloveブログ】

日本女子レスリング天晴れ、一日で3階級制覇の快挙!!!!【南の島からホークスを応援する】

手倉森ジャパン、オリンピック予選リーグ敗退の周辺をウロウロと…【4thDayMarketCenter】

「世界へ」平成28年度 車いすフェンシング日本選手権大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

「岩手でEnjoy!車椅子バスケ体験」【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

第19回シッティングバレーボール全国親善交流大会in白馬【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:83576

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss