須賀啓太のTriathlonレポート

トライアスロンの見方(スイム編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンの見方。今回はトライアスロンの最初の種目であるスイムについてです。ちなみにトライアスロンはスイム⇒バイク⇒ランと種目が進んでいきますが、それは危険度の高い順となっています。

①オープンウォータースイム トライアスロンのスイムは選手ごとにコース分けのされていないオープンウォータースイムという種類に分類されます。オープンウォータースイムでは単に速く泳ぐ技術だけではなく、気象状況(天候、気温、水温、潮流、潮汐、波高)や水質に対する適応能力、水中生物や選手同士の接触に対する対応能力、回避能力も問われます。なので、このブログでもよく「誰々はスイムが苦手ですので~」というような表現がありますが、『スイムが苦手=泳ぐのが遅い』というわけではありません。中でもコーナーブイを回る時は注目です。コーナーブイでは一点に何十人もの選手がそこに集まってきます。選手の中には他の選手の上にのっかかってくるような悪質な選手もいます。コース分けのされているプールでの競泳ではありえない状況です。そういう状況でも当たり負けせず泳ぐ技術が要求されます。 また泳ぎながら行うコースの確認もプールでの競泳では無い事です。プールでの競泳は言っても直線の往復です。しかも水底にもコースが表示されています。しかしオープンウォータースイムのコースは直線だけで構成されているわけではなく、水底も水質によっては見えませんし、見えてもコースが表示されているわけではありません。なので選手は顔を前方に上げてブイ、コースを確認する必要がありますし、スムーズにコーナーを曲がりながら泳ぐという技術も要求されます。 そのコースが右回りか左回りかも少なからず影響があります。クロールの息継ぎを行う顔の向きは利き手のように得意、苦手があります。例えば普段息継ぎを右に顔を向くて行う選手は、右回りのコースではブイにアプローチする時、息継ぎをしながら尚且つブイを視認する事ができます。しかし左回りのコースではそうはいきません。無理に苦手な向きで息継ぎを行う、または前方に顔をあげるとスムーズには泳げません。もちろん左向きで行う選手はその逆となりますし、どちらでも息継ぎする事ができる選手もいます。

②スタート方式の種類とその特徴 先述のとおりトライアスロンはスイムからスタートします。そのスタート方式は開催地の環境によって大きく分けて3つの種類に分けられます。

(1)ビーチ・スタート 20160629-1 その名の通り砂浜に並びスタートする方法で、唯一泳ぎ始めるまで走る必要があります。そのため脚の長い高身長の選手のほうが深い位置まで走れるので有利とされています。また砂浜は位置によって遠浅になっていたり、水中に窪地があったりしますのでスタートする位置によって有利不利が大きく出やすいスタート方式といえます。そして位置だけではなく潮汐のある海の場合はスタートする時間帯によって遠浅となり走る距離が伸びたりしますので、先ほどの身長差の影響が時間によって大きくでたり小さかったりします。このスタート方式では選手は試泳の時間でただウォームアップするだけではなく、そういったコースコンディションも入念にチェックします。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トライアスロン中継の見方・魅力
用語解説
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「タッパーとは??」 第30回関東身体障がい者水泳選手権大会【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

2016世界トライアスロンシリーズ 第5戦リーズ大会 レビュー②【須賀啓太のTriathlonレポート】

彩の国 川越水上公園車いすテニス大会 2016【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:155
  • 累計のページビュー:83730

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss