須賀啓太のTriathlonレポート

2016世界トライアスロンシリーズ 第4戦横浜大会 直前選手インタビュー 女子

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の2016シーズンの第4戦が明日5月13日に横浜の山下公園周辺を舞台に開催されます。朝10時6分に女子がスタート。そのあと13時6分に男子がスタートします。

テレビではNHKBS1にて生中継され、 またTriathlonLIVEのWEBサイトではライブストリーミングがご覧いただけます。(有料)

リオ五輪代表内定発表前、最後の大会となる今レース。 選手それぞれ色々な思惑があると思い、出場日本人選手全員に下記の同じ質問をしてみました。 選手がいまどういう状況に置かれ、どこを見据えているのか。 リオ五輪を見ているのか、その中でも代表選考の事なのか、もしくは本番の事なのか。 リオ五輪は諦め、東京五輪や別の方向に向いているのか。言葉数多い選手少ない選手。 同じ質問ですが十人十色の回答、選手の性格、認識の違い、考え方が見て取れると思います。

まず女子ですがリオ五輪選考対象レースは第3戦のケープタウン大会で終えています。 ですが選考発表前に行われる自国開催のビッグレースという位置づけの不明なこのレース、選手達はどう考えているのか注目です。 今回WTS初出場となるレースナンバー63の久保埜以外は、全員リオ五輪選考対象レースに出場した選手となります。

Q. いま自身が置かれている状況、立場を踏まえた上で、今回の横浜大会は自身の中でどういう大会だと考えているのか?どういう位置づけの大会なのか?

A. ●No.8上田 藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)33歳 常日頃からこの横浜大会は、世界の中でもレベルの高いレースが行われる国内レースで、私自身結果を残したいという思いがより一層強い中で、特に今シーズンはリオに向けての、その世界のレベルの高いレースでの表彰台の経験をどんどん積んでいきたいという思いがあるので、その中でこの国内の応援も頂けるこの場でしっかりと結果を残してっていう思いはとても強いので、その思いをしっかりとパフォーマンスに繋げていい結果を出したいと思います。横浜は相性もいいので。

●No.17加藤 友里恵(ペリエ・グリーンタワー・稲毛インター)29歳 いまランニングの調子がだいぶ良くなってきているので、その状態で世界とどれだけ戦えるか試したいっていうのがまず一つと。女子の選考対象レースは終わっているんですけど、まだアメリカやオーストラリアなどの強豪国が選考中という事で、相当みんな横浜に焦点を合わせてきていると思うので、そういう状態でどこまで自分が戦えるかチャレンジしたいと考えています。

●No.27佐藤 優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)24歳 もう選考対象レースは終わったんですけども、この横浜の大会というのは自分にとってすごく大事なレースになる事はわかっているので。リオ代表の発表が19日にあるんですけど、自分の可能性がたった1%でもあったらそこにすべてを賭けて、この横浜は振り返った時に、後悔はない、やり切ったと思えるようなそういうレースをしたいと思います。

●No.28高橋 侑子(富士通)25歳 リオ五輪の選考という面でいえば女子は対象というわけでは無いんですが、やはりリオ五輪のスタート(ポンツーンドロー)に向けてもポイントが関わってくるレースではあるので、もちろん気は抜けていないですし、国内開催の世界シリーズで結果を残していくことで、またステップアップできると思っているので、こういう自国開催のパワーを味方につけて、それで結果を残せるように頑張っていきたいと思ってます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エリートクラス
選手情報
世界トライアスロンシリーズ
レースプレビュー
オリンピック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

剣道部・関東学生剣道選手権大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

第30回松戸市東部ドッジボール大会試合結果[2016.05.08開催]【大橋みどりドッジボール部情報】

「声援をエネルギーに」ASTCアジアトライアスロン選手権【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:92420

(08月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  6. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss