須賀啓太のTriathlonレポート

2015世界トライアスロンシリーズ 第9戦エドモントン大会 女子結果速報

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の2015シーズン第9戦エドモントン大会女子のレースが、現地9月6日(日本時間:9月7日)に、カナダのアルバータ州、エドモントンにあるウィリアム・ホーレラック公園周辺を舞台に行われた。

レース前プレビューはコチラ

気温:7.6度、水温:16.1度、天候:雨

ビッキー・ホランドとノン・スタンフォードのイギリス人選手二人による優勝争いと思われた今レース、気温7.6度という過去類を見ない厳しいコンディションの中レースはスタート。水温も低く、その為かスタンフォードは750m1周のスイムで34位と出遅れ、バイクにおいて第3グループに位置する事となる。一方ホランドは順調に3位でスイムを終え、バイクを15名で構成されたトップグループに入る。

1周5km4周回のバイク。気温だけではなく終始雨が降り、路面コンディションも悪く誰もが慎重に進めたいバイクだが、第8戦ストックホルム大会同様、バミューダ諸島のフローラ・ダフィが積極的に先頭に立ちトップグループをリードする。しかしトップグループに限らず全体的にゆったりとしたペースで、集団ごとのタイムギャップは1周目から最終周までほぼ変わらず、第2グループがトップグループから29秒差、第3グループがトップから40秒差でバイクを終える。

そして最後の1.67km3周のラン。そのままバイクトップグループの中から抜け出したホランドが1周目序盤において早くも先頭に立ち、ダフィが単独で追走するもののジワジワと差が広がる。そのままホランドが9秒の差をつけフィニッシュ。第4戦ケープタウン大会以来となる今シーズン2勝目をあげた。2位にはそのままフローラ・ダフィが入り、開幕戦アブダビ大会以来の表彰台。そして3位にはオーストラリアのジリアン・バックホースが嬉しい初表彰台に上がり、フィニッシュ後終始感極まった顔を見せていた。またスイムで出遅れたスタンフォードはその後ランで追い上げ6位に入った。

日本人選手は佐藤優香の25位が最高位。井出樹里がバイクでトップグループに入るものの、残念ながらランが伸びず、バイクで第3グループに位置していた佐藤に抜かれ最終的に42位の結果だった。

優勝:ビッキー・ホランド(イギリス) 2位:フローラ・ダフィ(バミューダ諸島) 3位:ジリアン・バックホース(オーストラリア)

25位:佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ) 42位:井出樹里(神奈川県連合) DNF:高橋侑子(東京都連合)

なお、結果速報につき後に順位が変動する場合があります。 以下の順位、詳細につきましては下記、 国際トライアスロン連合の公式サイトのリザルトをご確認ください。



ITU World Triathlon Series(英語) International Triathlon Union(英語)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エリートクラス
世界トライアスロンシリーズ
結果速報
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2015世界トライアスロンシリーズ 第9戦エドモントン大会 プレビュー【須賀啓太のTriathlonレポート】

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦対東大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ソフトボール部(男子)・文部科学大臣杯第50回全日本大学男子ソフトボール選手権大会2回戦対国士大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:98238

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  6. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  7. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 2017世界トライアスロンシリーズ 第2戦ゴールドコースト大会 女子レビュー

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss