須賀啓太のTriathlonレポート

2015世界トライアスロンシリーズ 第7戦ハンブルク大会 女子レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の第7戦ハンブルク大会女子のレースが、現地7月18日ドイツのハンブルク、内アルスター湖周辺を舞台に、スイム750m、バイク20km、ラン、5kmのスプリントディスタンスで行われた。日本人選手は井出樹里(神奈川県連合)、加藤友里恵(グリーンタワー・稲毛インター)、蔵本葵(東京ヴェルディ)、高橋侑子(東京都連合)の4名が出場した。 (気温:27.9度、水温21.7度)

レース前プレビューはこちら

女王グウェン・ジョーゲンセン(アメリカ)の、これほど余裕のないフィニッシュを見たのは久々だった。昨年のWTS横浜大会から今回のハンブルク大会まで、出場したレースは全て優勝。しかも今シーズンだけで見ても、2位とはスタンダードディスタンスで1分前後、スプリントディスタンスでも20秒前後の差をつけて優勝している。しかもタイム差だけではなく内容からしてもラン中盤にはいつも独走状態に入っていた。

ジョーゲンセンのトランジションは遅い。苦手なのか、絶対的とも言えるランの力を持つ余裕なのか、非常にゆったりとトランジションを済ませる。そのためトランジションエリアから先頭へ中継カメラが移った時、ジョーゲンセンはそこには居ない。毎度ジョーゲンセンついに敗れるか?と思ってしまうのだがそれも束の間、脚の回転数は他の選手とそう変わらない、しかし177㌢の長身を活かした大きなスライドですぐさま先頭集団に並び立ち、ラン中盤にはトップギヤが入り他の選手を置き去りにする。今回もラン中盤まではいつもの勝利パターンだった。

しかし今回そのジョーゲンセンのトップギヤに食らい付いた選手がいた。イギリスのビッキー・ホランド。今シーズン、ジョーゲンセンが欠場したWTS第4戦ケープタウン大会において、それまでジョーゲンセンの対抗馬と目されていたケイティ・ザフィアーエス(アメリカ)、ニコラ・スピリグ(スイス)ら強豪選手を押さえつけ見事WTSキャリア初優勝を飾る。ホランドが第5戦横浜大会を欠場したため、直接対決として注目されたWTS第6戦ロンドン大会だったが、スイムで出遅れバイクでは第2グループに属する。しかしそれでもランで追い上げ、5位に入ったあたりは今後も期待できる内容だった。

そして迎えたWTS第7戦ハンブルク大会、ホランドはスイムを11位の上位であがり、バイクにおいて13名で構成されたトップグループに入る。その後バイクはトップグループと後続の第2グループが合体し大集団となったが、ホランドは2位でバイクを終え、トランジションも順調に済ませ3位でランをスタートする。ここからはさきほどの続き。ジョーゲンセンが毎度のとおりラン中盤でトップに立つわけだが、ここ1年弱、ジョーゲンセンが一度トップに立つとあとは後続との差を広げるだけ、再び抜き返すどころか影を踏む選手さえいなかった。しかしホランドは一度ジョーゲンセンにトップを譲るもしぶとく食らいつき、再びジョーゲンセンの前に立つ。しかし最後はゴール前200㍍の地点でスパートをかけたジョーゲンセンの地力の前に敗れ、ジョーゲンセンにWTS11連勝を許してしまう。

ジョーゲンセンの連勝が始まった昨シーズンのWTS横浜大会以降、ジョーゲンセンの前に敗れ2位となった選手は今回のホランドも入れて8人。しかしジョーゲンセンにここまで食らいつき、ゴール前何度もジョーゲンセンに後ろを振り返らせた選手はいなかった。ただ一つ懸念が残るとすれば今回はスプリントディスタンス。スタンダードディスタンスになった場合どうなるか。いや懸念と言ったが逆にスタンダードディスタンスならばホランドが勝つかもしれない。なにせホランドが優勝したWTS第4戦ケープタウン大会はスタンダードディスタンスだからだ。WTSは次戦第8戦がストックホルムでのスタンダードディスタンスで予定されているが、その前にブラジルのリオで五輪のテストイベントがある。もちろん五輪のテストイベントだけにスタンダードディスタンス(別称:オリンピックディスタンス)で行われる。今後、現時点で対ジョーゲンセンの筆頭はビッキー・ホランドで間違いないだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エリートクラス
世界トライアスロンシリーズ
レースレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2015トライアスロンミックスリレー世界選手権結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

2015世界トライアスロンシリーズ 第7戦ハンブルク大会 男子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

2015世界トライアスロンシリーズ 第7戦ハンブルク大会 女子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:86794

(06月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss