須賀啓太のTriathlonレポート

2016世界トライアスロンシリーズ シーズンスケジュールの発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)。 2015シーズンはすでに折り返しを過ぎ残すところあと4戦ですが、先日2016シーズンのスケジュールが発表されました。 来シーズンは3月のアブダビ大会(UAE)に始まり、9月のコスメル大会(メキシコ)までのおよそ半年全8戦にて行われる予定です。
2016世界トライアスロンシリーズ スケジュール(開催数) ※但し細かな日程がまだ未定の開催地もあります

第1戦:アブダビ大会(UAE)3月4~5日 (2年連続2回目) 第2戦:ゴールドコースト大会(オーストラリア)4月日付未定 (2年連続3回目) 第3戦:横浜大会(日本)5月14~15日 (6年連続7回目) 第4戦:リーズ大会(イギリス)6月11~12日 (初開催) 第5戦:ストックホルム大会(スウェーデン)7月2~3日 (5年連続5回目) 第6戦:ハンブルク大会(ドイツ)7月16~17日 (8年連続8回目) 第7戦:エドモントン大会(カナダ)未定 (3年連続3回目) 最終戦:コスメル大会(メキシコ)9月11~18日 (初開催)
今シーズンの全10戦から2戦減りますが初開催が2か所。イギリスのリーズと、メキシコのコスメル。

イギリスはいままでロンドンで今年もふくめ過去6回開催されていましたが、それ以外の街で開催されるのは初めてになります。 リーズはイギリス、グリートブリテン島のちょうど真ん中という位置。ウェスト・ヨークシャーという都市圏に属します。 ここはこのブログでも何度も出ている名前、世界トライアスロンシリーズで活躍する兄弟、 ロンドン五輪トライアスロン金メダリストの兄アリスター・ブラウンリーと、 銅メダリストの弟ジョナサン・ブラウンリーの故郷でもあります。 アリスターがフィニッシュ時によくイギリスでもイングランドでもない旗を広げていますが、 あれは故郷ウェスト・ヨークシャーが属するさらに広い行政区画、ヨークシャーの旗なのです。 リーズが開催に至った経緯に二人の活躍がある事は言うまでもありません。

メキシコのコスメルはメキシコ本土ではなく、 メキシコのほぼ東端と言えるカリブ海に浮かぶ島にあります。 コスメルはメキシコ有数の観光地でスキューバダイビング等のマリンスポーツが盛んです。 WTSのひとつ下のカテゴリーにあたるワールドカップはこれまで2回開催されていますが、 今回初めてWTS開催となりました。
さて来シーズンのスケジュールで重要なのが、8月にリオデジャネイロオリンピックという大イベントを控えてるという事です。 そのリオ五輪に出場するための代表選考や、国枠争いに関わってくるオリンピックポイントは、 このWTSの成績に応じて振り分けられるのですが、それが第3戦の横浜大会までとなっております。 その五輪出場争いを母国で行えるというのは、日本人選手にとって利点となりうる大きな事です。 また最後の争いという事で日本人に限らずレースとして大きく盛り上がる事は間違いないでしょう。



2016 World Triathlon Series calendar revealed

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界トライアスロンシリーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

連載第51回・馬術部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

モンゴルオリンピック委員会表敬訪問!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

2015ASTCトライアスロンアジア選手権結果 男女ともに日本が表彰台独占【須賀啓太のTriathlonレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:86365

(06月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss