須賀啓太のTriathlonレポート

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の第6戦ロンドン大会女子のレースが、現地5月31日イギリスのロンドン、ハイドパーク周辺を舞台に、スイム750m、バイク20km、ラン、5kmのスプリントディスタンスで行われた。日本人選手は井出樹里(神奈川県連合)、上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)、佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)、高橋侑子(東京都連合)の4名が出場した。 (気温:16.2度、水温15.2度)

レース前プレビューはこちら

まず750m1周のスイムをトップであがってきたのはスペインのカロリナ・ルーチェ。最終ブイを見落とし通過しそうになるも、誘導員の指示で規定のルートへと戻り無事にトップでスイムを終える。続いてハンガリーのマルギット・バネク。イギリスのソフィ・コールドウェルがライブタイミングで表示されるのだが、センサーの故障か重要な二人がライブタイミングに表示されていなかった。バネクとコールドウェルの間にはシリーズランキング2位のケイティ・ザフィアーエス(アメリカ)が3位、そして今シーズンすでに4勝、昨シーズンのWTS横浜大会から9連勝中、シリーズランキングトップのグウェン・ジョーゲンセン(アメリカ)が4位でスイムを終える。

以後スイムを9位であがった日本の佐藤までは数珠つなぎにスイムを終え、10位とは8秒の差があったため、この上位9名がそのままバイクのトップグループを形成するかに思われた。しかし佐藤がトランジションを抜けバイクに乗車しようとしたところで手間取り、ほんのわずかの差でトップグループに入るのを逃す事になった。

1周5kmを4周回、20kmのバイクは終始大まかに次のグループに分けられ展開された。まず前述のルーチェ、バネク、コールドウェル、ザフィアーエス、ジョーゲンセンに、サラ・トゥルー(アメリカ)、アイノア・ムルア(スペイン)を加えた7名のトップグループ。わずかの差でトップグループ入りを逃した佐藤を含む約30名の大集団となった第2グループ。そして第3グループに井出、上田の日本人2名と、ノン・スタンフォード(イギリス)、エマ・ジャクソン(オーストラリア)ら強豪選手を含む9名の第3グループ。高橋はトランジションで遅れさらに後方の第5グループに位置する事となった。

レース前プレビューでも述べたが、ロンドンのバイクコースは全体にわたりほぼフラットでコーナー数は少なく、テクニカなコースではない。そのためスイムフィニッシュが多少ばらけたとしても、後にバイクで大集団となりやすい。案の定トップグループと第2グループは周を重ねる毎にその差は徐々に縮まっていった。しかしトップグループはドラフティングのしやすい7名という人数でメンバー構成としても悪くない、対して第2グループは約30名の大集団でスピードは上げにくい。そのため結局4周回20kmのうちに第2グループがトップグループと合流するまでには至らなかったが、それでも周回ごとに徐々に差が縮まったという事がこのコースを象徴している。

バイクからランへと移るトランジション。ここでトップグループにいたジョーゲンセンはかなりの時間がかかる。そのタイム44秒。出場選手中2番目に遅いタイムだった。そのためジョーゲンセンがランをスタートするのはトップグループで最後。ジョーゲンセンの後にはバイク第2グループがトランジション前の降車ラインを越えジョーゲンセンに迫りつつあった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エリートクラス
世界トライアスロンシリーズ
レースレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2015年5月度 ウェイトリフティング木下選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 男子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:50
  • 累計のページビュー:83919

(04月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss