須賀啓太のTriathlonレポート

2015世界トライアスロンシリーズ 第5戦横浜大会 プレビュー①

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライアスロンの世界最高峰カテゴリー、世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の2015シーズンの第5戦が、いよいよ今週末横浜で開催されます。5月16日午前10時6分に女子のレースがスタート。同日午後13時6分に男子のレースがスタートします。横浜は2009年のシリーズ開始以降2010年を除いてこれまで5回開催しており、世界で2番目にWTSを開催している都市でもあります(1位はドイツのハンブルク)。距離フォーマットはスイム1.5km、バイク40km、ラン10km、合計51.5kmのスタンダードディスタンスで行われます。

今回はNHKBS1にて生中継で放送されますが、お近くの方は是非会場に足をお運びください。

コースとなる会場は横浜にある山下公園周辺が舞台。JR横浜駅から2駅のJR関内駅から徒歩10分~15分程度。東急横浜駅から4駅のみなとみらい線日本大通り駅から徒歩5分程度です。山下公園は横浜港が一望できる横浜随一の観光スポット。公園内には童謡「赤い靴を履いた女の子」の像や、日本郵船の貨客船「氷川丸」が博物館船として係留されており、また公園の周りにも横浜中華街やマリンタワー、横浜スタジアム、赤レンガ倉庫等、他の観光名所も集まっています。

コースレイアウトは、まずスイムは山下公園の大桟橋側に設置されたポンツーンからスタートし氷川丸に向かって泳ぎます。その後左回りにターンしポンツーンに戻ってくるコース1周750mを2周します。山下公園内に設置されたトランジションを経て、バイクコースはまずマリンタワーへと向かいそこのヘアピンで180度方向転換。そこから神奈川県庁、赤レンガ倉庫前を通り、大きな観覧車が目立つ横浜コスモワールド前で折り返し、山下公園へと戻る1周4.45kmを9周します。ランもバイクと同じく山下公園周辺を1周2.5kmを4周します。実際に訪れた方はご存知かと思いますが高低差はほぼ無く、赤レンガ倉庫から新港サークルウォークへ向かうあたりがゆるやかな坂となっているだけで後はフラットなコースレイアウトとなっています。

今回日本人選手は母国開催ともあって男女合わせて10名の選手がエントリー。女子が足立真梨子(トーシンパートナーズ・チームケンズ)、井出樹里(神奈川県連合)、上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)、加藤友里恵(グリーンタワー・稲毛インター)、蔵本葵(東京ヴェルディ)、佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)、高橋侑子(東京都連合)の7名。男子が田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本/流通経済大学職員)、古谷純平(三井住友海上)、細田雄一(博慈会)の3名。上田、佐藤、田山、細田の4名は4月11日に行われたWTS第3戦ゴールドコースト大会以来、井出、足立が4月25日に行われたWTS第4戦ケープタウン大会以来、加藤、蔵本、高橋、古谷は5月9日に中国の成都で行われたワールドカップ以来中6日のレースとなります。また補足情報として古谷は昨シーズンの横浜大会以来のWTS出場。蔵本は過去2度WTSの出場経験がありますがいずれもスプリントディスタンスで、スタンダードディスタンスでのWTSは今回が初となります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界トライアスロンシリーズ
レースプレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦(エペ1日目)【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

フェンシング部・関東学生フェンシングリーグ戦(サーブル2日目)【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ソフトボール部・東京都大学ソフトボール連盟インカレ2次予選(男子)対東洋大、日大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:126
  • 累計のページビュー:92911

(08月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  6. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  7. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  8. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報
  10. 【速報】リオ五輪トライアスロン代表選手 内定発表記者会見

月別アーカイブ

2017
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss