須賀啓太のTriathlonレポート

2015世界トライアスロンシリーズ 第2戦オークランド大会 女子レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月29日、ニュージーランドのオークランドにおいて、2015世界トライアスロンシリーズ(以下:WTS)の第2戦が行われた。今回はスイム1.5km、バイク40km、ラン10km、合計51.5kmのスタンダードディスタンス。女子はアメリカのグウェン・ジョーゲンセンが優勝でシーズン2勝目。また昨シーズンの横浜大会から続く、WTS連勝記録を7に伸ばした。また日本人選手では佐藤優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ)が7位に入り、アブダビ大会に続いて2戦連続入賞を果たした。 (気温22.9度、水温21.5度)

1周目から大きく3つの集団に分かれて展開されたスイム。優勝したジョーゲンセンが位置したのはスイムフィニッシュでトップとは47秒差の第2グループ17位。バイクの序盤2周目まではスイムで分かれていたグループ形成がそのままバイクでも展開された。同グループには日本の井出、加藤、佐藤、高橋の4名の他、リサ・ノルデン(スウェーデン)、エマ・モファット(オーストラリア)、アンドレア・ヒューイット(ニュージーランド)などの強豪選手も入った。

しかしレースプレビューでも述べたように、オークランドはシリーズ1、2位を争うほど高低差が大きく、起伏の多いバイクのテクニカルコース。そのままの集団形成でバイクが展開されるわけがない。特に第2グループに強豪選手が多くいたこともあり、3周目に第2グループがトップグループに追いつき合流するのだが、その3周目に大きく展開が変わる。まずトップグループに追いつく前に、第2グループから数名の選手がそのペースに付いていけずこぼれ落ちる。そしてトップグループと第2グループが合流した後、一時的にトップグループは20名ほどの集団になるのだが、その合流よって変わったペースに乗れなかった選手数名がトップグループからこぼれ落ちる。その中にはスイムを上位であがり、合流前からトップグループに属していた選手も含まれていた。これもまたテクニカルなバイクコースによるところが大きい。4周目を終える時、トップグループにはジョーゲンセン、ノルデン、モファット、ヒューイット、そして佐藤を含めた12名。佐藤以外の日本人選手はトップグループに残る事ができなかった。

この激しい展開となった3周目を作ったと言える選手がいた。WTS通算4勝。ロンドン五輪銀メダルのリサ・ノルデンだ。ノルデンのバイク技術は非常に評価が高く、他の女子選手も彼女のバイクは非常に参考になると言っている。当初ジョーゲンセンと共に第2グループに属していたノルデンは、積極的に集団を引っ張りペースを上げトップグループに追いつく。トップグループに合流してからも同様で、グループ形成が固まった4周目以降も一時集団から飛び出すなどアグレッシブなバイクが見られた。その事に関するコメントはとれていないのでここからは私の推測だが、おそらくノルデン自身、レースに勝つ上で最大の障壁となるのはジョーゲンセンのラン。他の選手とのラン勝負は分からないとしても、ジョーゲンセンとのラン勝負は初めから太刀打ちできない事を理解し、そこでバイクの展開を激しく掻き回す事により、バイクが得意ではないジョーゲンセンをふるい落とそうと画策したのではないかと思われる。しかし結局ジョーゲンセンはトップグループのままバイクを終え、ノルデンはランに入ってすぐレースを止めるのだが、それはフィジカルに問題が発生したのではなく、その乾坤一擲の策が失敗に終わり、その良い順位は望めないと悟ったからではないかと思われる。しかしこのレースにおいて、ジョーゲンセン、そしてレースに勝つ意思が一番見られたのは彼女だった。

バイクをトップグループで終えられると、今のジョーゲンセンをランで負かすにはもう天変地異を期待するしかない。ランに入ってすぐトップに立つと、そのまま後続を突き離し、何人の選手が周回遅れにし、2位に1分30秒以上の大差をつけ歴代女子最多の通算10回目の優勝を果たした。その2位に入ったのは前回のWTS開幕戦アブダビ大会で同じく2位、初の表彰台に上がったアメリカのケイティ・ザフィアーエス。レース前プレビューでも述べた通り、アブダビ大会のバイクトップグループに属したメンバーの中で断トツのランタイムを叩きだし、決してバイクの先行策だけで表彰台に上がったわけではない事が実証された。3位にはWTS通算3勝の強豪ながら、母国ニュージーランド開催のWTSではこれまで昨年の6位が最高だったアンドレア・ヒューイットが、4回目の開催で初の母国大会表彰台に入った。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界トライアスロンシリーズ
レースレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ボート部・お花見レガッタ【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2015世界トライアスロンシリーズ 第2戦オークランド大会 男子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

2015世界トライアスロンシリーズ 第2戦オークランド大会 女子結果速報【須賀啓太のTriathlonレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconkeith713

須賀 啓太(すが けいた)

フリーのテレビディレクター兼スポーツジャーナリスト。世界トライアスロンシリーズが開始された2009年から「世界トライアスロンシリーズ」や「NTTジャパンカップ」などトライアスロンのテレビ中継に関わり、海外現地取材も経験。また(社)日本トライアスロン連合ともオフィシャル映像撮影等で直に関わりを持つほか、公認審判員の資格も持つ。自身もエイジグループ(一般部門)での競技経験もあるが、テレビディレクターの目線からトライアスロンをやる楽しさではなく観る楽しさ。競技人口ではなく観戦人口を増やすために活動中。トライアスロン以外ではMLB、NFL、海外サッカー、インディカーのテレビ番組制作にも携わる。ご連絡は下記アドレスまで。

trinavi.sportsnavi@gmail.com
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:99880

(11月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リオ五輪トライアスロン女子日本代表選考の論点
  2. トライアスロンの距離フォーマットと選手の多様性
  3. 第21回日本トライアスロン選手権東京港大会2015 プレビュー
  4. 2016NTT ASTCトライアスロンアジアカップ大阪大会
  5. リオ五輪トライアスロン海外有力・注目選手紹介(女子)
  6. リオ五輪 トライアスロン競技 女子結果速報
  7. 2015世界トライアスロンシリーズ 開幕戦アブダビ大会 女子レビュー
  8. 2017世界トライアスロンシリーズ 第2戦ゴールドコースト大会 女子レビュー
  9. 2015世界トライアスロンシリーズ 最終戦シカゴ大会 女子結果速報
  10. 2015世界トライアスロンシリーズ 第6戦ロンドン大会 女子結果速報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
04
2016
09
08
07
06
05
04
03
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss