「KC」だよ!「カンザス」ではない!

月別アーカイブ :2017年01月

八村塁のゴンザガ大が大学史上2度目の全米No.1に!渡邊雄太は絶大な信頼を得てゴール下でも大奮闘!

八村塁はやはりとんででもない大学に進学したことを実感している!渡邊雄太は完全にGWで最大の信頼を得てティームNo.1のプレイングタイムで大奮闘している! Gonzaga Zags(ゴンザガ大学)は12-13シーズンで同大学史上初の全米No.1となり3週間その座をキープした。そして今シーズンは22勝0敗で前週3位からついに全米No.1に上り詰めた!前週1位のVillanovaとNo.2のKansas......続きを読む»

ロイヤルズ ブランドン モス獲得!昨年28HR,A's時代の数字残せ!KCモラレスの穴埋めへ!ハメル獲得ある?

KCはついにDHプランを決定した! 33歳のヴェテラン1塁手/外野手、ブランドン モスと2年1200万ドル(13億8100万円)で契約合意に至ったとの最新ニュースが入ってきた。成績にはフィジカルをパスしてからの発表で数日後にオフィシャルになる模様。 2年間ロイヤルズのDHとして見事に復活したケンドリース モラレスの穴埋めをどうするのか。ロイヤルズは昨シーズン故障離脱のムスターカスの穴を埋めたチェ......続きを読む»

フェデラーに大感謝!ナダル優勝なら錦織はテニス人生窮地に陥っていた!これで錦織4位定着の時代へ突入!全豪男女35歳優勝のミラクル!

助かったあああ~!救われたああああ~!錦織圭の時代がついにやってくる! 全豪オープンはロジャー フェデラーが18度目のグランドスラム優勝という形で幕を閉じた。男女共に35歳の伝説的選手達の優勝。35歳のグランドスラム優勝者って...テニスファン長いけど、私は知らない。遠い昔にはいたのかもしれないが、近代テニスではおそらくいないのでは?アンドレ アガシが32歳で全豪制覇、他にピート サンプラス、ジミ......続きを読む»

21世紀枠まず2校に戻そう!36校が理想!1枠は地域制度外視の戦力のみ考慮の特別枠に!

まずは2校に戻してはどうか。1枠を別に特別枠として全国でギリギリ当落線上学校の中から戦力のみで選考しては?通常36校にするのは? 21世紀枠はいらないと思っている。選抜という名称の大会だけに必ずしも秋季大会の結果だけで選ぶべきではないという意見があるのもわかる。それでもやはり結果を残している学校に甲子園には出てもらいたい。何より甲子園に出る、出ないが部活動にとってそこまで重要視されるべきではなく、......続きを読む»

35歳以上攻撃力武器が3名!ウィリアムズ姉妹14年ぶり!全豪決勝は前代未聞の珍事!ディミトロフ決勝なら華麗なテニスの競演!

全豪オープンテニスは空前絶後の大盛り上がり状態である!それはミラクルともいえる3名の35歳以上選手達が作り上げている! とんでもない珍事だ!何と女子決勝はウィリアムズ姉妹が36歳&35歳で全豪決勝では14年ぶりに対決!最初のグランドスラム決勝対決から16年が経ち今回が14年ぶり5度目の姉妹決勝対決となった!これまではセリーナが3勝1敗。対戦トータルではセリーナが16勝11敗である。 そして男子は......続きを読む»

ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?

錦織圭がついに4位に復帰する!そして今回は5位に落ちることも3位に上がることもしばらくない長期滞在となる! 錦織圭の全豪敗退ショックから3日。明るい気持ちが蘇ってきた!全豪オープン準々決勝で第3シード、ミロシュ ラオニッチが第9シード、ラファエル ナダルにストレート負けした。昨年準決勝敗退で720ptsを獲得したラオニッチはこの敗退で360ptsを失い、昨年準々決勝敗退➡今年4回戦敗退により180......続きを読む»

10代中心➡30代中心の時代へ激変!全豪4強30代半ばが半分!89年全仏4強平均女17歳&男21歳!

時代はこうも変わるものか!?10代選手がテニス界の頂点を争っていた時代から時を経て、かつてはとっくに引退していた30代半ばの選手達がグランドスラムの頂点を争う時代へと成熟を遂げている。 全豪オープンはいよいよ男女共に4強が決まる。そして驚くのはその顔ぶれの年齢。女子は36歳ヴィーナス ウィリアムス、34歳10ヶ月のミリヤナ ルチッチ バロ二、そして35歳セリーナ ウィリアムスと25歳のココ ヴァン......続きを読む»

Yordano Ventura 事故死って...

う~ん...何て言っていいのか。こんなことがあっていいのか。デリック トーマスの事故死から17年。カンザスシティ スポーツにとってまたも信じがたい悲劇が起こってしまった。ロイヤルズの25歳先発右腕ヨーダーノ ヴェンチュラが故郷ドミニカ共和国で事故死した。 ブログでこれまで何度もヴェンチュラへの激しい批判と期待を書いてきたがもうそれもできない。あまりに急なニュースに感覚がない。 ヴェンチュラは運転......続きを読む»

錦織の力を信じ続ける為にフェデラーは優勝してくれ!ショックから立ち直るのに今度ばかりは数日かかるだろう

立ち直れない...今回ばかりは立ち直れない。錦織圭が思い通りの結果を残せないことへの焦りが倍増してきた... それにしてもフェデラーの1つ1つのショットの精度の高さと威力に度肝を抜かれた。サーヴも24本のacesと絶好調で錦織はあっさりキープされまくる。深い位置からコーナーに正確で深いshotsばかりが決まりまくる。ミスがほとんどない点が全盛時のフェデラーが戻っていたことを実感させる。そう。このミ......続きを読む»

マレー敗退!Mズヴェレフ奇跡のカムバックストーリー、超有望弟の上をいくサーヴ&ヴォレーヤー!錦織と対戦なるか!

まさに現在のテニス界に風穴を開けるかのようなこの日のズヴェレフのテニスだった。 ミーシャ ズヴェレフがマレーを倒す可能性はあると思っていたが...まさに圧巻のサーヴ&ヴォレーでマレーをなぎ倒した! このプレイヤーが大好きである!まさに90年代中盤までのウィンブルドンを見るかのような1stも2ndもサーヴでネットに詰める完全なるサーヴ&ヴォレーのスタイルが本当に好きなのだ!しかしナダル、ジ......続きを読む»

屈辱は明日のセンターコートで晴らす!フェデラー勝利をオッズは予想 世界5位のプライドを見せつけろ!

正直屈辱感はハンパではない。世界にバカにされている気分にすらなる。しかし、この体格に恵まれないアジア人がレジェンド相手だろうが”格上”の貫録を見せつけて必ず勝つ姿を明日ロッド レイヴァー アリーナで披露することを信じて疑わない! 半年間ツアーから離れていた35歳のレジェンド、ロジャー フェデラーは確かにベルディヒ相手に全盛時を彷彿させる完璧な展開のテニスをした。しかし、錦織も安定して5位以内をキー......続きを読む»

来オフからFA市場激変!トランボー&バウティスタ古巣残留決定 クオリファイングオファーに苦しんだ

クオリファイングオファー(QO)制度の難しさは今年も2名のオフを苦しめた。FA市場で動きを鈍らせたQO拒否選手に関する課題は今オフまでになる? オリオールズからFAとなっていたマーク トランボー外野手がようやく3年契約での残留を決めた。しかし、条件は最初のO’sからのオファーを下回った。3年3750万ドル(約43億円)での契約となった。トランボーはQO(1720万ドル)を拒否してFAとなった。12......続きを読む»

フェデラー「Keiのバックハンドへ世界一」錦織圭 4回戦でフェデラーと大一番!勝つ確率はやや高いが雰囲気は厳しく油断大敵!

「圭のバックハンドは多分世界一だろう」試合後のオンコートインタビューでジム クーリエの質問に答えたフェデラー。待ちに待った今大会最初の大一番を錦織圭が戦う!? 全豪オープンは5日目に入り錦織圭は3回戦を戦った。ナイトマッチで世界121位のスロヴァキア人、ルカシュ ラツコを6-4,6-4,6-4の理想的な内容で3セッツでの勝利を飾った錦織。 第2セット、5-1から1つブレイクを許し5-4となったが......続きを読む»

ジョコ敗退 錦織の心理的影響とは?フェデラー➡マレー戦へ110%フォーカス可能に!突破でGS初優勝が超現実的に!

錦織はフェデラー➡マレーを突破してもジョコヴィッチを倒す余力は残っているのかが最大の心配事だった。しかしその懸念は消えた! シードNo.2のノヴァク ジョコヴィッチが117位のデニス イストミンにフルセットの末敗れた。第1&4セットをタイブレイクの末に落とした末、第5セットを4-6で落とし力尽きた。 ジョコヴィッチは錦織とは反対の山。一見関係ないと思われがちだが、錦織にとって心理的にプラスになり......続きを読む»

錦織圭 3セッツで順当勝ち!3Rはセラ or ラコ 過去対戦成績は?4回戦へ最高の流れ!西岡も番狂わせするぞ!

錦織にとって最高の流れができつつある! 全豪オープン3日目。錦織圭は2回戦の対ジェレミー シャルディ戦をセットカウント3-0(6-3、6-4、6-3)のストレイトで退け全豪7年連続となる3回戦進出を決めた。 第1セットを最高の出だしでモノにした錦織だったが第2セットはいきなり第1ゲイムをブレイクされ、更にもう1ゲイムブレイクされるやや苦しい展開となったが3回ブレイクし2セット連取。第3セットも第......続きを読む»

ダフィー KCと5年契約!ロイヤルズ最大の課題を解決!大黒柱キープで今後もWS制覇の希望は続く!

ダニー ダフィーを柱にロイヤルズはこれからも強いティームとして成長し続けられる! チーフスの敗退ショックを打ち消してくれる嬉しいニュースだ!先日もブログで書いたが、長年に渡りロイヤルズで現役を全うしたい思いを語ってきたダニー ダフィー(28歳)。ついに5年6500万ドル(74億1800万円)の契約延長が決まった!2021年までの契約である。今年は500万ドルだが、来年から1400万➡1525万➡1......続きを読む»

審判が試合を左右 アメフトの問題点を露呈したKC vs. Pitt 地味ティームのスーパーボウル阻止!?

あまりにも納得のいかないラスト...「ホールディング」この恐ろしいグレイまみれの反則をアメフト審判は自在に操り勝負は操られる。審判のジャッジで試合はいとも簡単に決するアメフトという競技への強い疑問ばかりが残った。チーフスは勝つはずだったのに...本当に負けたのか!?信じられない。 NFLはplayoffs2週目。AFCタイトルゲイムを賭けた大一番。AFC第2シード、カンザスシティ チーフスが第3シ......続きを読む»

錦織圭 全豪はタフスタートも全ての不安要素は一蹴!超前向き発言連発は手応えの裏付け!

錦織は大丈夫だ!かなり大丈夫だ!AO(今回の全豪ロゴ)で錦織が初戦苦しんだことは今後に向け良い引き締めになった! 全豪オープン(AO)は初日を迎えた。錦織圭は戦前の予想通り世界45位のアンドレイ クズネツォフのフラットで正確性の高いストロークに苦しめられたが何とかフルセットマッチを制した。初戦の固さが出たこの試合。錦織は第1セットでストローク戦において早めに主導権を握られ押されまくる展開を打開でき......続きを読む»

マレーとフェデラーが究極にツイてない理由とは?5位錦織と6~8位の実力差があまりにも大きいことによる悲劇

ツイてないのは錦織だけではない!マレーとフェデラーもまた相当にツイていないと考えらている。何故か? 日本のスポーツ報道では今回の全豪オープンで錦織圭が死のグループに入りツイていないという内容ばかりが目に付く。4R➡QFでフェデラー、マレーと連戦になれば確かにタフで5位の錦織と同じ枠にいる6~8位選手達と比較するとあまりにも厳しいブロックだ。 では錦織以外のトッププレイヤー達はどうだろうか。1~4......続きを読む»

錦織デ杯欠場をどう見る!?全豪は大丈夫なのか!?

全豪で錦織はどこまでやれるのか!?左臀部の不安度はどの程度? ブリスベイン決勝で違和感を覚えトリートメントを受けた錦織の左臀部。全豪へ向け特に不安に思う必要はなさそうであると思っていたが、昨日の会見で来月4日からのデヴィスカップ1回戦のフランス戦を欠場すると表明した。例年と違い南米でのクレイの大会が控えていてスケジュール的に厳しいからとの理由。 正直かなり不安を覚えた。ホームで世界4位のフランス......続きを読む»

Duffy"Royals以外のユニフォームあり得ない”何年も続く熱烈KC愛コメンツ。ラジオでKCステイ熱望!KCが選手達の虜となる理由

ダニー ダフィーのロイヤルズ愛&引退までKCでまで投げ続けたい願望はハンパでない! 現地12日のカンザスシティのスポーツラジオ局、610 Sports Radio- KCに電話インタビューという形で生出演したダフィー。今シーズン終了後にFAとなる予定だが、ずっと長期契約の交渉が噂されてきた。そんな中、長期契約の交渉は行われているかという質問にズバリ答えた。 「Duffy if there’s b......続きを読む»

錦織圭 究極タフドロー引き当てる!圭の全豪OPは昨年全米の再現!?フェデラーを4Rで、マレーをQFで撃破し悲願の初優勝ある!全豪展望

落ち込むのは一瞬だけにしよう。くじ運の悪さは実力でカヴァーすればいい! 全豪のドローが発表された。錦織圭が引き当てた山は抜きんでてタフなドローであった。順当に勝ち上がれば4回戦でロジャー フェデラー、準々決勝でアンディ マレーと激突する。そして他のトッププレイヤー達は相当ストレスの少ない山になってしまった。それだけ錦織の山に偏っている印象。 錦織は初戦で世界48位のアンドレイ クズネツォフと対戦......続きを読む»

ChiefsがSteelersに?頼むから笑わせないでくれ!CBS SportsのPrisco予想 楽しみな月曜

「Prisco’s 2017 NFL Playoffs divisional picks: Falcons, Patriots, Steelers, Packers win」(PriscoのNFLプレイオフ予想。ファルコンズ、ペイトリオッツ、スティーラーズ、パッカーズの勝利) これがこの記事のタイトル。CBS SportsのPete Priscoが動画付きで予想記事を掲載。この知識に乏しい記者によ......続きを読む»

渡邊雄太 カリーの母校相手に14得点! 強豪リーグA-10で平均13得点&GWの中心の自覚!A-10とはどんなリーグ?

日本人がNCAAのディヴィジョンⅠ(D-Ⅰ)で完全に中心選手として活躍する衝撃!夢のようなことが現実に起こっていることに感謝! 渡邊雄太が所属するジョージワシントン大学(GW)は現地8日にホームでリッチモンド大学と対戦し、惜しくも70-77で敗退し9勝7敗となった。 しかし、渡邊はこの日も抜群の安定感を発揮。ティーム最長の36分間プレイし、15得点の活躍。7/14のFG、ブロックショッツ3本、ア......続きを読む»

QBは注目度ダントツもNFLでは辛い理由とは?クレムソン大35年ぶり制覇!大学No.1アメフト選手ワトソン ドラフトは2巡目?

アマチュアでダントツのベストフットボール選手は必ずしもNFLで高い評価を受けない。そしてその選手のポジションがダントツ華やかなクウォーターバック(QB)であるとNFLでの幸福率は最も低くなる。その理由とは? 日本時間の10日に行われた全米大注目のNCAAフットボールの頂点を決めるBCS National Championship Gameは昨年と同じアラバマ大学 vs. クレムソン大学のカードとな......続きを読む»

全豪OP優勝へ錦織圭の3R以降の対戦相手候補を確認! 1~4位より5~8位が優位!4Rでトップ4が恐れる選手2名は!

錦織圭の全豪は準々決勝の対戦カードがカギを握る! 惜しくもBrisbaneでは準優勝に終わった錦織だが全豪への準備としてはかなり良い大会であったともとれる。何より不安だった決勝の途中でトリートメントを受けた個所が現時点では深刻でなさそうでホッとしている。 最新のランキング発表により錦織は4位のWawrinkaとは145pts差、3位のRaonicとは280pts差となった。そしてBrisbane......続きを読む»

ラオニッチが準決勝でディミトロフに敗退!錦織は3勝0敗!メンフィス以来の優勝&世界3位に急追なるか!

復活ディミトロフの前に世界3位のラオニッチが沈んだ。錦織はランキングポインツ差を一気に縮められるか! ブリスベイン国際準決勝第2試合は世界17位で第7シードのグリゴー ディミトロフが世界3位で第1シードのミロシュ ラオニッチを7-6(7)、6-2で下し決勝に進出を決めた。 まさにライヴァル関係が復活した一戦となった。片手バックハンドが特徴でパワーと柔軟性を備えるオールラウンダーぶりを如何なく発揮......続きを読む»

ダイソンがKCを去る!ロイヤルズがトレイドでカーンズをマリナーズから獲得!ミスター盗塁はシアトルでレギュラー確定へ!

また一人の生え抜きロイヤルズ選手がカンザスシティを去る。 2010年ロイヤルズに昇格して以来ジェロッド ダイソンは本当にKCファン達に愛されてきた。2006年ドラフト最終ラウンドの50巡目でロイヤルズから指名されプロ入りしたダイソン。同じ年のドラフト全体1位が2016年までロイヤルズに所属し現在FAのルーク ホチェヴァー。この2名が長年ロイヤルズで共に貢献し愛され続けたことはあまり取り上げられない......続きを読む»

錦織圭 ワウリンカを質で下す!明日ブリスベイン決勝は全豪で世界3位奪取への大一番!3位争いのポイント差を確認!

ワウリンカとの現時点の力の差がそのまま表れた試合となった。錦織のテニスの質がいかに高いかをライヴァル達に見せつける内容で明日の決勝へ! ブリスベイン国際は準決勝に突入。世界5位の錦織圭は第1試合で世界4位のスタン ワウリンカと激突。第1セットは序盤ブレイクポインツを握られる苦しいサーヴィスが続きながらしっかりとキープして乗り切った。タイブレイクは2-2から一気に4ポインツ連取。このセットをモノにし......続きを読む»

原晋氏(青学)鈴木大地と共に日本スポーツ界の体質改善を推し進めてもらいたい!明るい日本スポーツの未来に必要なドラスティック改革とは?

原晋監督のスポーツ指導は駅伝だけに留まらせても良いのか!?原氏の指導理論は超理想であり、青学長距離ブロックでの成功が日本スポーツ界全体に活かされるべきだ! 原さんの指導理論はここ数年メディアで散々取り上げられてきた。同氏は昔から日本スポーツ界にはびこる悪しき文化を改善させ、また数々のアイディアを列挙し、これまで実践してきたことや今後の陸上界への提言をすることを行ってきた。 原氏の掲げる提言や指導......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11429021

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss