「KC」だよ!「カンザス」ではない!

月別アーカイブ :2016年04月

14年以来の4連敗 憤るKCファン!Royals絶不調の要因は5点以上わずか4試合(22試合中)の打撃陣。

何なんだこの体たらくは! ロイヤルズはマリナーズ3連戦の初戦をまたもグダグダの試合内容を見せ0-1で敗れた。最後にロイヤルズの勝利を見たのは日本時間の月曜の朝6時。もう6日間勝利なし。弱い。本当に弱い。特に酷いのが得点圏で全く安打が出ない情けない打撃陣。 この日は得点圏に走者を送るも得点圏で11打数0安打。前のエンジェルス戦は7打数0安打。これで22打席連続得点圏で安打なしだ。 捉えた打球はこ......続きを読む»

16マドリード マスターズ1000初優勝へ向け錦織は初戦から超難敵相手!QFでワウリンカ、SFでジョコヴィッチの山に!どう勝ち上がるか?ジョコヴィッチ突破は十分可能!

マドリードオープンのドローが決まった。錦織圭は残念ながらジョコヴィッチのサイドに入った。しかし、SFまで辿り着くにはQFの対戦相手が重要。皆がシードを守って順当に勝ち上がれば対戦相手は第4シードがワウリンカである。それは良かったと言えるだろう。 錦織の初戦はいきなり超の付くタフな相手になる!世界22位で今年ブリスベーンで敗れているトミックか世界30位で5年前に一度全豪で対戦し勝っているフォニーニの......続きを読む»

昨年首位打者のゴードン(マーリンズ)80試合の出場停止処分!ドジャース戦勝利に大貢献直後に言い渡される!

何ということか!つい先ほどブログでも書いたばかりのマーリンズ @ ドジャース戦終了からわずか数分後に衝撃の発表がなされた。 それは昨年首位打者に輝き2度のオールスター出場、マーリンズのディー ゴードン2塁手が禁止薬物使用により80試合の出場停止処分を課されたというもの。 MLB.comによるとMLBは東部時間午前1時に書面で”exogenous Testosterone and Clostebo......続きを読む»

前田健太 月間MVP消える!あと一人で同点打浴びる アリエタは5勝目!

6.2回、被安打7、失点3。残念ながら前田健太の好投は報われず4勝目はならなかった。しかもリリーフが前田の残した走者を返される逆転打を浴びた為、初の負けの可能性を残している。 月間MVPの可能性を残して挑んだこの日の対マーリンズ戦。4連戦の対マーリンズシリーズはここまで3連敗。ホームで苦しんでいるドジャースは前田に連敗ストップを託した。しかし、マーリンズ先発は大エースのホセ フェルナンデス。 前......続きを読む»

苦しみは2週間後には喜びに転じる?マドリード➡ローマ➡ローランギャロス 錦織頼む ビッグ4を倒して夢をもう一度与えてくれ!

激しい怒り、深い悲しみ、ぶつけようのない憤り、イライラが頂点に達する。それでもやっぱり俺は幸せなんだ。 バルセロナオープン決勝。錦織は4-6、5-7でラファエル ナダルに負けた。 錦織圭はそのビッグ4を倒せる才能を発揮できずに大事なポイントをことごとく逃す。これはジョコヴィッチ相手に、マレー相手に、そしてナダル相手にも続く。もちろんこれらのスーパースター達のディフェンス能力が他のトッププレイヤー......続きを読む»

前田健太 月間MVPを獲得するシナリオとは?月間最優秀新人は当確!MLB史上初デビューから4試合失点1!

MLB.com等全米のMLBサイトでトップ記事として扱われている!前田健太の偉業はそれだけ全米に衝撃を与えているのだ。 メジャーリーグデビューから4試合目の先発となった圧倒的打者有利のロッキーズ本拠地クアーズフィールドでの初登板はこれまでの3試合を更に上回る5回までノーヒットという凄まじくスペクタキュラーなものとなった! 6.1回を奪三振8、与四球1。圧巻の内容。これで3勝0敗、防御率は0.36......続きを読む»

錦織 vs. ナダル ブックメーカーのオッズは?錦織はジョコ以外の全選手から勝ち越す今後数年間へ!

錦織圭はナダルより劣るのか!?錦織はナダルよりも強い。そう信じて疑わない! 日本時間の今夜0:30~ バルセロナオープンは決勝を迎える。ラファエル ナダル vs. 錦織圭。世界5位 vs. 6位で第1,2シードという世界大注目の大一番。果たしてブックメーカーのオッズはどうなっている? オーストラリアのオンラインブックメーカー、Sportsbet.com.auはナダル1.38、錦織3.07。ちなみ......続きを読む»

Royals Mooseの6号HRとYoungの10奪三振好投でO's下す!KC記録36本塁打破るのはMoustakasか!

初回、KCはトップのEscobarからMoustakas、Cainと3者連続初球安打!Mooseの先制6号2ラン本塁打とMoralesのタイムリー2塁打で3-0とO’s先発Galladoを打ちこんだ。他ティームには決してない初球から好球必打のメンタリティでこの日も勝利した! KC先発は今シーズンスロースタートの211cm右腕、Chris Young。前回登板時に自分の投球観を完全に取り戻したと語っ......続きを読む»

錦織圭 4つのセットポイント凌いだ!バルセロナ13連勝!ドルゴポロフ下し準決勝へ!ペアに今度こそ勝って決勝だ!

錦織圭はこの日絶好調のドルゴポロフ相手に第1セットの第10ゲームで4つのセットポイントを与える苦しい展開。しかし、ここを凌いでキープすると一気に自分のペースに持ち込んだ!7-5、6-0とこの日もストレート勝ち!バルセロナオープン13連勝とした! 前回の対戦同様錦織が圧倒すると予想したが、ドルゴポロフはその天才ぶりをこの日はいかんなく発揮。もし第1セットを落としていたらマラソンマッチ覚悟だった。この......続きを読む»

アリエタ ノーヒッター!ロイヤルズはゴードン非現実的キャッチでタイガースに勝ち越し!ヴォルケス無失点3勝目!

カブスのエース、昨年サイヤング賞のジェイク アリエタがカブス史上15回目のノーヒッターを達成した! 奪三振6、与四球4、119球という内容。4勝0敗、防御率0.87と昨年のサイヤングシーズンがそのまま今年も続いている。 カブスはレッズ先発左腕、昨年ロイヤルズからトレード(クエトとの)移籍したブランドン フィネガンを攻めて4イニングで降板させた。クリス ブライアントが2本塁打で計4号。ゾブリストが......続きを読む»

錦織圭 バルセロナ準々決勝へ!シャルディに快勝 クレイ王者の風格漂い始める!

スコア以上に、スタッツ以上に地力の差が大きかった! 第2シードの錦織圭は第13シードで世界33位のジェレミー シャルディを6-3,7-5のストレイトセットで下し準々決勝進出を決めた。 クレイでの戦い方は今年更に磨かれてきたと感じる。サーヴの優位性が弱まるクレイではストロークのクオリティが大きなカギを握る。ストロークでの勝負となれば錦織の強さは際立つ!相手のランキングが高くなってくるとブレイクされ......続きを読む»

錦織圭 バルセロナ初戦を68分で突破 ギア上げず手堅い展開 次戦は3勝2敗シャルディ!

6-4,6-2。1時間8分で楽に初戦を突破した錦織圭。バルセロナ3連覇へまずは肩慣らしの初戦となった。 テレビは録画中継がこの後23時から放送されるが、GAORAオンデマンドでライヴ中継されていたのでPCで楽しめた初戦。世界102位のデバッカーを相手にギアを入れることなく練習感覚にすら見える楽な戦いぶりだった。 1stサーヴのインは71%。1stのpoints wonは78%。2ndのpoint......続きを読む»

東大 12年ぶり明大から勝利!神宮観戦で東大の進化を目の当たりに!宮台で勝ち点なるか!応援部は感涙!

WOW!WOW!WOW! 東大の野球は完全に六大学で戦えるレヴェルへと大きく進化した!それを実感した今日の観戦となった。 昨日NHKで東大野球部の食トレ特集を観て、目標2勝と浜田監督が語っていたが、翌日に明治から勝利を挙げた! 2004年以来となる明治大学からの勝利は運や相手のミス連発等から得たものではない。まさに初回から真っ向勝負し、高いクオリティの野球でもぎ取ったものだった! 9回裏、2死......続きを読む»

錦織圭 バルセロナ3連覇可能性は60%以上!ドローは良かった 全仏でランキングを上げる為の錦織のクレイシーズンだ!

バルセロナオープンが今日開幕する。錦織圭は第2シードで出場。ドローが決まったが、錦織には決して簡単な道のりではないだろうが、まずまず良かったと考える。 最初のタフな相手はR16の第13シード、ジェレミー シャルディではないか。これまで3勝2敗。クレイでの2試合は12,13年の2試合共に負けている。最近2試合は14,15年のハードで連勝。昨年シャルディはフレンチとUSオープンで4回戦まで勝ち上がって......続きを読む»

Royals4連勝!8勝2敗スタート!Hosmer1号HR!盤石ブルペンでガッチリ守り切る!

残塁11、三振13。らしくない試合内容ながら7回からブルペン3枚でガッチリ守り切ったKCの4連勝劇だった! RoyalsはOaklandに移動して迎えた対A’s3連戦。Jackie Robinson Dayで全選手が42番を背負ってプレイした。KC先発はVolquez、A’s先発は36歳ヴェテラン左腕Hill。 KCは初回いきなり3連打で1点先制。更に無死1,3塁からHosmerのダブルプレイの......続きを読む»

KC ヘレーラ 第3の武器スライダー覚醒!デイヴィスとMLB No.1&2リリーヴァーコンボ確立! 平均14.4三振!

ロイヤルズのセットアッパーはどれだけ凄まじいのかを今年もまた見せつけている。デイヴィスに加えヘレーラがアンタッチャブル投手へ! 今回は主に3月23日に掲載されたBaseball Prospectusの記事と4月14日にMLB.comで掲載された記事を参考に書いていきたい。 ケルヴィン ヘレーラ。175cmと小柄ながらガッチリした強い体格。この男により投げ込まれる直球は破壊力が凄まじい。100マイ......続きを読む»

ロイヤルズ 敵地でアストロズに3連勝!好調投手陣は本物! ケネディ7回1失点、エスコバーは16年最高のプレイ!

強い!あまりにも強い!カンザスシティ ロイヤルズはワールドシリーズ制覇した昨年のティームよりワンランク更に底上げされたことを見せつけている16年シーズンだ。 開幕9戦目となる敵地でのアストロズ4連戦。初戦こそ落としたが2,3戦目と勝利して迎えたシリーズ最終戦はイアン ケネディが先発。前回6回無失点でKCデビューを勝利で飾ったケネディはこの日も5回までノーヒットと好投。7回表に多くの球場であればライ......続きを読む»

ジョコヴィッチ初戦敗退!ヴェセリー世紀の大番狂わせ!モンテカルロに激震!錦織も必ず勝てる!

信じられない光景だった。あのジョコヴィッチがまさかの初戦敗退を喫した。 モンテカルロロレックスマスターズは4日目を迎え世界ダントツNo.1プレイヤーのノヴァク ジョコヴィッチが登場。相手は世界55位のイジー ヴェセリー(22歳、チェコ)。昨年ローマで錦織がR32で7-6、7-5で下している197cmの長身サウスポー。 ヴェセリーは平均189キロよりもかなり早く威力を感じさせるサーヴィスを活かした......続きを読む»

ダニエル太郎 マスターズ1000初勝利!次戦は世界14位ティエムと!

ダニエル太郎がチャンスをモノにした! 世界90位のダニエルは世界73位のアドリアン マナリノを6-3、6-4で下しモンテカルロ2回戦進出を決めた!マスターズ1000初勝利! 苦しい第2セットだった。2つのブレイクを許し0-3としたところでメディカルトリートメントを受ける。このままズルズルと落としてしまう危険を感じたが、ダニエルは0-4から6ゲーム連取で勝利を収めた。 14歳からスペインでテニス......続きを読む»

ダニエル太郎 モンテカルロ初戦間もなく!日本テニス底上げは進む!?相手73位マナリノは昨年7月27位 勝ってティエムと戦えるか!?

錦織圭がトップ10で唯一出場しない為、日本のテニスファンには少し寂しいモンテカルロ ロレックスマスターズ。 ただ日本人選手は他にもいる!この大会では世界90位のダニエル太郎が予選を突破!今夜の初戦を戦う。相手は世界73位のアドリアン マナリノ。昨年7月には27位まで上がっている。まだツアー優勝はない。今年はここまで9勝7敗。1勝7敗とイマイチ壁に当たっているダニエルはこの大会でクレー育ちの強さを見......続きを読む»

川崎由意、山田幸、競泳&今井月、カーリング etc.4/4~10の喜びや思ったこと

先週1週間について呟きたい。スポーツに関して嬉しかったこと、悔しかったこと。 競泳はオリンピック代表が決まる日本選手権に釘づけの日々。前回の27名を超える34名の代表が決まった。東京五輪を見据えても女子で中学生を含む10代の若い選手も多く名を連ねたのは喜ばしい。ただ、日本がメダルを取りまくる等、非常に強かった種目が弱体してしまっていることには失望感も。また世界水泳で金メダルを獲得した3名がイマイチ......続きを読む»

イチロー代理人動き出す!?移籍先の候補は?正外野陣安泰で出場機会なし?3000安打まで65本も...

イチローが窮地に追いこまれそうだ!移籍はあるのか!? MLB3000本安打という大偉業まであと65安打まで迫っているイチロー。このオフは昨年438打席で91安打を記録したマーリンズ残留で落ち着いた。昨年はMLBでも上位に入ると言われた期待の若手外野トリオが故障や不調で機能しなかったことで出場機会を多く得られたが今年は? 2015年1月にはMLBでNo.1にランクされたマーリンズ外野陣。若手トリオ......続きを読む»

ゴア MLB最速男が激走でKCスウィープ!ホズマー起死回生の3塁打で2点差追いつく!

テレンス ゴア!ロイヤルズが誇る超スペシャル代走男が一人でサヨナラ勝利を演出した! Twinsとの3連戦スウィープは苦しみ抜いた末の大逆転勝利で飾った。先発ヴォルケスは好投も6回とうとうシーズン初の失点(2)で0-2。その裏ムスターカスの2試合連続弾で1点差とするも、7回表にドージアーにホームランを打たれ再び2点差。 ディロン ジーがロイヤルズデビューを飾り2イニングスを無失点と好リリーフ! ......続きを読む»

ケネディ鮮烈KCデビュー!6.2回無失点!守備への信頼感で21勝シーズン再現か!?王建民3年ぶりMLB登板!3HRsでTwins粉砕!

2011年の21勝4敗シーズンが再びケネディに訪れる!? オフに5年7000万ドル契約を結んだイアン ケネディ(31)がついにカンザスシティ ロイヤルとしてデビューを飾った。それも6.2イニングスを被安打5、奪三振7という文句なしの内容で! ケネディは初回から低めコーナーへ4シームがビシビシ決まる。92~94マイルの直球は球速以上に打者へは速く見えバットが空を切りまくる。チェンジアップも効果的に......続きを読む»

前田健太 圧巻の無失点&本塁打デビュー!米実況席は変化への対応の難しさを理解!主砲ゴンザレス大喜び!

アメリカで前田健太の凄みを存分に見せつけた!現地実況は前田健太、日本人選手をしっかりと研究&分析している!嬉しい。 ドジャースはパドレスと開幕3連戦。サンディエゴで行われたこの3連戦でパドレス打線はドジャースのTop3先発に完璧に抑え込まれた。総得点は何とゼロ。そう3試合連続で完封された。その3試合目は対前田健太。 前田健太は6イニングスを被安打5、与四球ゼロで無失点。84球の内57球がストライ......続きを読む»

”アトリールール” 2塁へのスライドに関する新ルールでMLB激変必至!2度のヴァイオレイションに見る衝撃度は!?

MLBは開幕して3日目を終えた。そして今年から制定された新ルールは昨年のホームベース上のコリジョンルールを遥かに凌ぐ衝撃を与えている! アトリールール。昨年パイレーツSSのカン ジャンホへの危険なスライドによりシーズンを棒に振る大けがを負わせた2塁ベースへのスライド。極め付けがポストシーズンでのドジャース、チェイス アトリーが引き起こしたメッツSSテハダへの危険なスライド。これでテハダも残りポスト......続きを読む»

シンダーガードに激しいブーイング浴びせるも... ロイヤルズはメッツと1勝1敗。WS優勝リング授与は感動!

メジャーリーグ史上初めて前年のワールドシリーズ対戦カードが開幕で実現となったロイヤルズ×メッツの現地日曜、火曜日の2試合のホームスタンド。開幕戦はワールドシリーズ第5戦の再現であったヴォルケスとハーヴィーという先発投手の投げ合いをヴォルケスの6回無失点の好投で4-3と制したロイヤルズ。 開幕の3日にはワールドシリーズチャンピオンズのフラッグが掲げられるイヴェントで盛り上がり、第2戦のこの日はチャン......続きを読む»

MLB開幕前夜 米主要メディアの優勝予想は!?ワールドシリーズ制覇候補は?前田健太が新人王候補に!ケインMVP候補!

MLBはいよいよ現地3日(日本時間4日)に開幕。今年頂点に立つのはどのティーム!? 日本ではJ Sportsがレギュラーシーズン最初の中継カードに選んだのが、アメリカ現地でも最大の注目として開幕の1試合だけのゴールデンタイムにピックしたロイヤルズ vs. メッツという昨年ワールドシリーズと同じカード。4日午前9:30~生中継する。 シーズン目前のこの時期には全米のあらゆるメディアがMLBの順位予......続きを読む»

錦織圭 初のマイアミOP決勝進出!14大会ぶりビッグ4以外マスターズ1000優勝へ!ジョコヴィッチへの対策は?

90%安心して観ていられた試合だった。ストロークで圧倒的に支配。オーストラリア人としてヒューイット以来(ご指摘ありがとうございます)のマスターズ1000SF進出で勢いのあるキリオスを圧倒した。 マイアミオープンは準決勝を迎え、世界No.1のジョコヴィッチがマスターズ1000で11大会連続の決勝進出を決める。そしてナイトマッチで錦織がニック キリオスを倒し、マイアミオープンでは初、マスターズ1000......続きを読む»

錦織圭 こんな奇跡が起こるのか!5つのマッチポイント凌ぎモンフィース撃破!4強入り!

「A titanic victory!」現地実況が試合終了直後に放った一言だ!奇跡中の奇跡が起こった! マイアミオープン準々決勝。錦織圭は99%負けていた試合を驚異の粘りと土壇場での圧巻のスキルで5つのマッチポインツを凌ぎガエル モンフィースを倒した。 「体力的にもメンタル的にもギリギリだった」「応援ありがとうございました。とても良い内容で勝て、明日の準決勝へ進むことができました。」試合後のイン......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11105995

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss