「KC」だよ!「カンザス」ではない!

月別アーカイブ :2016年02月

18年以降も戦力キープへ全力宣言!ロイヤルズはムーアGMプランでブレイヴス的黄金期へ!

ロイヤルズは12年連続プレイオフが目標!? 日本時間25日のMLB.comのJeffrey Flanaganによる記事はロイヤルズGMのデイトン ムーアが18年以降も戦力ダウンは一切ないと確信し、その思い描くプランを語った内容。 多くの主力選手達が17年シーズン終了後にFAとなる予定のロイヤルズ。それらとはホズマー、ムスタカス、ケイン、エスコバー、デイヴィス他。しかし、ロイヤルズGMは多くの人々......続きを読む»

ロイヤルズ究極二刀流 スターリング 地元出身&全米屈指のアスリートKCデビューが現実に!11年ドラフト全体5位男への希望!

30年ぶりにワールドシリーズ制覇という夢を叶えたカンザスシティ ロイヤルズ。地元KCはこの現実に酔いしれながらも次の夢を追いかける! KCファン次の夢とは!?それは地元カンザスシティ出身で幼少期から熱烈なロイヤルズファンとして育ち、アメフトでは全米屈指の有望クウォーターバックとして超名門ネブラスカ大学入学内定していながらもロイヤルズのドラフト全体5位指名によりMLB入りしたババ スターリング(23......続きを読む»

錦織自滅...1stサーヴ46% 24本のunforced errors Davis Cupでマレー倒せ!

無念だ。フェレール敗退で優勝へ突き進むだけだった錦織圭は絶好調サム クエリーにこの日も苦戦。そして今回は挽回できずに4-6,3-6で敗れ去った。 1stサーヴが入らない。46%ではクエリー相手には苦しい。3つのダブルフォルトも痛かった。ラスト2個は第2セットでブレイクを許すことに繋がってしまった。第1セットの第9Gでブレイクバックしたにも関わらず、第10Gでミスを重ねキープできずにこのセットを落と......続きを読む»

錦織圭 次戦は前週優勝のクエリーに決定!決勝まで圧倒的不利な山を乗り越えて自信得たい!フェレール楽々勝ち上がりか!

アカプルコで開催されているメキシコオープンは現地水曜日から2回戦に突入する。つい今しがた錦織圭(世界6位、第2シード)の対戦相手が決まった。メンフィスの準決勝でも対戦したアメリカ人ビッグサーヴァー、サム クエリーだ。 クエリーは錦織にとって全く侮れない相手。メンフィスでは3-6、6-3、6-3とフルセットの戦いを強いられた。通算も5勝3敗。更にクエリは前週のデルレイビーチでツアー4年ぶり8度目の優......続きを読む»

青森山田 ”地元”重視へ大変革!青森高校野球の新たな希望へ!聖愛を目指すか!東海大甲府は真逆へ突き進む!?

青森山田が様々な事情もあり運動部に地元選手が増えている噂は聞いていた。ただ、実際の所どうなんだろうと思っていた。 しかし、センバツに出場となり久々に野球部が甲子園のひのき舞台に戻ってくることとなり、ようやく詳しい状況を知ることができた。 それはある意味衝撃的であった。かつての関西をメインとしたほぼ県外選手によるメンバー構成で全国の強豪へ登りつめた青森山田はもういない。 なんと66名(マネージャ......続きを読む»

錦織圭 アカプルコ初戦を悠々突破!次戦は前週優勝のクエリーが有力!優勝で5位まで445ポイント!

錦織圭はアカプルコ初戦を59分で余裕をもって勝利した。6-0,6-3とスコア上圧勝。 ティーム デバッカーは95位で予選勝ち上がりのオランダ人。 錦織は1stサーヴこそ49%とイマイチ。しかし、1stサーヴインで67%、2ndで63%をポイントに繋げた。12回のブレイクポイントの内6本をコンヴァート。ストローク戦でもネット(12回出て9本決める)でも大きく上回った。 次の2回戦だが、5勝3敗と......続きを読む»

ロイヤルズ ムーアGMとヨースト監督との契約延長!生涯熱烈KCファンのムーアGMで18年以降へ向けコア選手達はどうなる!?

ロイヤルズは多くの主力が2017年終了時にFAを迎える。しかし、18年以降も確実に勝ちにこだわっていく! 共に2016年シーズン後までの契約だったGMのデイトン ムーアと監督のネッド ヨーストが揃って契約延長。まずはGMのムーアが契約。その後すぐに監督のヨーストと18年まで2年延長の契約が決まった。ムーアの年数等の詳細は公表されていない。 この2名の延長が何を意味するのか!?ロイヤルズ関係者、フ......続きを読む»

ロイヤルズ マイク マイナーと2年8億1600万円で契約!故障上がり投手を安価獲得➡完璧再生!メディカルティームの重要性!

またもロイヤルズお得意のパターンを実現へ!KC ロイヤルズはブレイヴスからFAとなっている先発左腕28歳のマイク マイナーを2年契約で獲得した! 左肩の故障から手術へ踏み切り2015年はリハビリで1度も登板がなかったマイナー。2009年にドラフト1巡目(全体7位)指名でブレイヴスに入団し超有望株として順調にメジャーまでの階段を上った。2013年は204.2イニングスを投げ、13勝9敗、防御率3.2......続きを読む»

錦織圭 世界6位に復帰!フェレールがQF敗退 5位ナダルを猛追!カギは全仏までの4つの1000大会!

錦織圭がトップ5返り咲きへまず一歩前進だ。 今週のATPは3大会が実施されているが、500大会であるリオオープンは準々決勝まで終了した。この大会の第1シード、ラファエル ナダルは順当に準決勝に残るも第2シードで前年優勝のダヴィド フェレールはドミニク ティームに準々決勝で敗退。これにより今週試合のない錦織が次週発表の最新ランキングでフェレールと入れ替わり6位に浮上することとなった。 フェレールは......続きを読む»

ロイヤルズ vs. PECOTA 4年目のバトルへ!メトリクス算出PECOTAはKC76勝86敗で最下位。全米メディアから信用失墜にどう立ち向かう!?

"The Royals will once again look to be MLB projection breakers in 2016”(今年もロイヤルズは順位予想を覆しにかかる) カンザスシティ ロイヤルズはMLB球団の中では過去にない超特例スタイルの強豪と言われる。何故ならセイバーメトリクスでこれまで何より重要視されてきたエリア、つまり先発投手陣、高い出塁率&OPSによる攻撃力という2つ......続きを読む»

ペイトン マニング 訴訟問題で米スポーツ界騒然!永久的汚点!?大学時代女性トレーナーへ&NFLでのヒト成長ホルモン使用疑惑

マニングがチーフスにこなくて本当に良かった! チーフスは2013年3月、コルツからリリースされたペイトン マニングに最初にオファーした。その熱意も通じずにマニングはジョン エルウェイからの誘いを受けチーフスのライヴァルであるブロンコスと契約。チーフスはその後マニング率いるブロンコスに負け続けた。しかし、KCはの昨年とうとうアウェイでのデンヴァーとマニングを粉砕した。これがチーフス vs. マニング......続きを読む»

錦織圭 メンフィス4連覇!米超有望株フリッツに貫録勝ち!次はアカプルコ!今年こそ優勝へ!

メンフィスはまさに錦織圭にとっては庭である。気持ちよくプレイし続けついに4連覇を達成した!ATPツアー11勝目である! この日の決勝、相手は地元アメリカ期待の星、18歳のテイラー フリッツ。昨年USオープンジュニアを制し、フレンチオープンジュニアでも準優勝。ATPレギュラーツアーわずか3大会目で決勝まで上り詰めた。10代でのレギュラーツアー優勝となれば2008年のチリッチ以来。 試合序盤はエンジ......続きを読む»

錦織圭 メンフィス4強進出!次戦は西岡を下したクエリー!決勝はジュニア全米OP制覇、超有望株18歳か!?

錦織圭がほぼ危なげなくククシュキンを6-2,6-4で退けメンフィス4年連続4強進出を決めた。 サーヴィスエイスが7本(1stインは59%)とサーヴィスがまずまず好調だった錦織。5本のブレイクポインツを全てセイヴした。 次は西岡良仁をストレートで下したSam Querryとの対戦。現在58位の28歳アメリカ人は最高位17位、通算7勝と力のある選手。侮ることはできないが、勝つ可能性は圧倒的に高い。 ......続きを読む»

ロイヤルズ2位 MLBランキングス CBSスポーツ Matt Snyder最新記事 メディアのKCへの評価がどう変わってきたか 数値の見直しは?

CBS Sportsライターのマット スナイダーは最新記事でMLBパワーランキングスを発表。この記事では主にロイヤルズの戦力を分析している。また30球団の順位とその理由等を記している。 1位はカブス、2位はロイヤルズ、3位はメッツ、4位はジャイアンツ 5位はアストロズ… Snyderはかなり恐る恐るロイヤルズをNo.1にしなかったことをファンに激しく追及されないように今回の記事を書き始めている。......続きを読む»

"大谷翔平が次の日本人大物➡MLB”いつMLBへ!?MLB.com Columnist Barry M. Bloomが今朝9時に掲載した記事の内容とは!?

日本時間の今朝8時54分にMLB.com ColumnistであるBarry M. BloomがMLB.comに掲載した記事で大谷翔平を生で観た衝撃とその素顔、更にいつ、どのようにMLBにやってくるかを伝えた。 「Ohtani will be next rising star from Japan」(大谷が次にMLBにやってくる若きスター)というタイトル記事。更に"Two-way player f......続きを読む»

錦織圭 元有望株ハリソンを一蹴 次戦は4強かけククシュキンと対戦!

まずまずの初戦の戦いだった。錦織圭は初戦の対ライアン ハリソン戦を6-2,7-5で下し、準々決勝進出。次戦はカザフスタン人の92位、ミハイル ククシュキンとの対戦だ! ジュニア時代はアメリカテニスの将来を担うと期待されていたハリソン。2012年7月には最高位の43位まで上がり更に期待は膨らんだが、その後失速気味のハリソン。しかし、錦織は過去の対戦でセットを奪われる等、決して楽観視できる相手ではなか......続きを読む»

西岡良仁 メンフィス8強進出!82位を粉砕!クエリーとの次戦で勝利➡錦織と準決勝で日本人対決へ!

西岡良仁がメンフィスオープンで2回戦を6-1,6-3のストレート勝ちで突破。準々決勝進出を決めた。その内容は衝撃的でまさに圧勝であった! 2010年には自己最高の67位まで到達した現在82位のウクライナ人プレイヤー、Illya Marchenkoを相手に一度もブレークポイントを与えなかった。170センチと小柄ゆえサーヴィスはツアーの中でも弱い部類に入るがそれを全く感じさせない西岡。1stサーヴ イ......続きを読む»

グリエル兄弟 キューバから亡命!MLBへ!日本時間8日22時46分 Jesse Sanchez / MLB.comが伝える!

グリエル兄弟が亡命していた! Jesse Sanchez / MLB.comが日本時間8日22:46の最新記事としてMLB公式サイトに掲載した「Cuba’s Gurriel brothers believed to have defected」によるとグリエル兄弟が亡命しただろうと伝えられるとのこと。 「Brothers Lourdes Gurriel Jr., 22, and Yulieski......続きを読む»

メンフィスオープン 西岡良仁8強の大チャンス!まず明朝初戦 相手はベイビーナダル!?

西岡良仁がメンフィスで2勝し、8強への絶好のチャンス!2016年を飛躍の年にするきっかけを作れるか!? ATPは8日(日)にATP250の3大会で優勝者が決まった。驚きはエクアドルオープンで昨年史上最高齢34歳でのATPシングルス初優勝を記録した世界56位のエストレーリャ・ブルゴスが大会連覇を遂げたこと!35歳のヴェテランは第5シードとして登場し、決勝では第3シードのトーマス ベルッチを3-6,6......続きを読む»

NFL Chiefs、Petersが守備新人王!BerryがカムバックPOY!Super Bowlはズバリ!

明朝第50回スーパーボウルが実施されるNFL。PanthersがBroncosのディフェンスのプレッシャーをはねのけ比較的楽な試合展開の末、初の栄冠を手にするだろう。 NFLは個人賞を発表。会場はファン、関係者、受賞候補者で埋め尽くされ、セレモニーは大いに盛り上がった。 MVPには明日スーパーボウルに登場するPanthers QBのCam Newtonが選出された。最優秀守備選手には3年連続でT......続きを読む»

錦織圭をメンフィスが熱烈に愛する 米選手以上に錦織を応援する理由とは!?大会価値をこの男が維持してくれる!

メンフィスオープンは現地2月8日(月)~14日(日)、テネシー州メンフィスで行われる。 この大会は錦織圭が昨年まで3連覇している日本のテニスファンにもお馴染みの大会。1898年にマサチューセッツ州で初開催。その後マンハッタンやメリーランドと長年別の都市で実施されたこの大会は1976年にメンフィスにやってきて現在まで続く。独特の雰囲気を醸し出す小さめのインドア会場。超伝統の大会である。 この大会、......続きを読む»

ディミトロフへの期待!元ジュニアNo.1は錦織&ラオニッチと次世代トリオ!片手BH&スタイリッシュテニスで魅了する男の復活はテニス界の願い!

グリゴール ディミトロフの2015年は苦難のシーズンだった。しかしこの24歳ブルガリア人プレイヤーの才能はとてつもない。ディミトロフへの期待はとてつもなく大きい。何故ならこの男に託されているものは錦織圭、ミロシュ ラオニッチ同様、数年ガッチガチに崩れないトップ3のポジションに割って入るというものだからだ! 2014年はテニス界に夢を見させてくれたディミトロフは2016年再びそのポジションに復活でき......続きを読む»

ゴームズが楽天と契約!KCから愛された究極のリーダーシップ!MLB162本塁打男はWS優勝パレード感動スピーチで有名!

ESPN電子版は日本時間4日午前8時16分に電撃のニュースを掲載。それはあのジョニー ゴームズ(35)が何とNPBの東北楽天ゴールデンイーグルスと契約したというもの! 1年200万ドル(約2億6千万円)が保証され、更にインセンティヴで100万ドル(約1億2千万円)が加算される。 ジョニー ゴームズ。この男はMLBでNo.1のリーダーとも称される強烈なリーダーシップが最大の売りだ! 2001年ド......続きを読む»

MLB 意図的に弱小ロースター作る球団!?”TANKING"問題がオーナー達の怒りを買う!ルール改正は!?

ESPN Senior WriterのBuster Olneyが日本時間の3日、4時33分に掲載したESPN電子版の最新記事は興味深い。 「MLB owners take a look at issues involved with tanking」(MLBオーナー達が問題視する”tanking”球団)という見出しの記事。 "tanking”とはNBAでよく使われる用語であるが、要するに「貯める......続きを読む»

MLB 「Top 5 offseason moves」ESPN掲載!1位はGordonがRoyals残留! 2016のティーム力を劇的に↑Gordonの打順は?

David Schoenfield (ESPN Senior Writer)は日本時間2日午前0時34分に最新記事をESPNサイトに掲載した。 「Top 5 offseason moves」(今オフのFA契約、トレードでティーム力を劇的に向上させた動きトップ5)という見出し。 1位はFAのAlex Gordonと4年7200万ドル(約86億8400万円)で再契約したRoyals。 2位はBra......続きを読む»

ダルビッシュ有 AL西地区最大のファクター!MLB.comのトップ記事に!「AL Westレースのカギを握る最も重要な5投手」

日本時間の2日0時に掲載されたMLB.com最新記事でMLB.com ColumnistのLyle Spencerが「5 pitchers expected to be big factors in AL West」という見出しでAL西地区における各球団成功のキーとなる最も重要な5人の投手をリストアップし、その理由を記した。 そのトップに上がるのが昨年優勝のレンジャーズ、ダルビッシュ有である。 ......続きを読む»

ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!

全豪での衝撃的強さで完全"1強”時代を築いているノヴァク ジョコヴィッチ。 ジョコヴィッチの1強ぶりは前代未聞だ。これまではどんなNo.1選手(フェデラーを含む)さえ他の選手をここまで引き離す強さを誇ったことはないのだ! フェデラーは4年半以上にも及ぶ期間、No.1を守り抜いた。コナーズもレンドルは3年間、サンプラスも約2年間という期間No.1を継続した。この4名はトータルのNo.1期間はもっと......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:6043
  • 累計のページビュー:11242751

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss