「KC」だよ!「カンザス」ではない!

月別アーカイブ :2015年08月

U18 Team USA 来年MLBドラフト目玉7名とは?Rutherford、Bergner他20名全員の内定している大学とは?17:00試合開始!

今日、この後BS朝日で17時~生中継されるU18野球 日本×USA。 日本の選手達はすっかりお馴染みであろうが、対戦相手の前回優勝USAのメンバーについては日本ではあまり知られていないだろう。 今回のアメリカは20人のメンバー中、4名の2年生(米では高校3年生)以外は来年大学入学 or MLBドラフトを経てプロ入りする選手達だ! 2年生4名を含め、メンバー全20名は既に大学が決まっている。ver......続きを読む»

錦織圭 タフなドローに!?4Rでツォンガ、QFでチリッチなら最悪!4R モンフィス、QF フェレールなら最高?SFでジョコビッチも辛い!秘策あり!

USオープンでせっかく第4シードを獲得した錦織圭だが、フレンチオープンの時のような夢ドローはやはり得られなかった。 順当に勝ち進むと4回戦で第19シードで全仏オープンで惜敗したツォンガ、第16シードのモンフィスの勝者と対戦。そこを勝っても次のQFは昨年USオープン決勝で戦った第9シードのチリッチ、第7シードのフェレールの勝者と対戦。 このドローをどう見るかは人によって違う。第1シードのジョコビッ......続きを読む»

Royals ”大失敗”が究極の幸運をもたらした!過去2年 Beltran、Santana獲得は寸前で破断!獲得=KC破滅だった!

RoyalsはOrioles4連戦の第3戦、エースCuetoが5年ぶりに3本塁打を許し5-8と逆転負け。連勝は4でストップ。Oriolesは連敗を6で止めた。 O’s先発は元中日のチェン。チェンは6.2回を被安打10、2失点で8勝目(6敗、防御率3.14)とした。O’sは63勝63敗と5割に戻した。KCは77勝49敗。以前AL中地区では2位Twinsに12ゲーム差、AL全体でも2位Blue Jay......続きを読む»

錦織圭に追い風!フェデラー2位復活でマレーとは別のヤマに!USオープン優勝の可能性は!?

シンシナティでフェデラーがジョコビッチを決勝で下し優勝。 この優勝でフェデラーがATPランキングを3➡2位へと復活!そしてUSオープンは第2シードで臨むことになった。 結果マレーがせっかく2位に上がったのにすぐに3位に戻った。USオープンは第3シードで迎える。 この順位交代が錦織圭へ幸運をもたらす!?もたらすかもしれない! 昨年準優勝で1200ポイントを稼いだUSオープン。錦織は準決勝までに......続きを読む»

2016 高校野球展望: 甲子園で上位を伺う学校とは?花巻東は東北No.1 東京、大阪は2強中心でハイレヴェル!

東海大相模の優勝で幕を閉じたこの夏の甲子園。 私が横綱に挙げた2校の決勝は見ごたえのある内容だった。2枚の投手で戦った相模に最後は分があったということだろう。仙台育英は準決勝で4回裏から百目木に6イニングス投げさせていれば決勝の結果は違っていたかもしれない。 さて、新ティームが始動し、秋季大会でセンバツ切符を手繰り寄せたい全国の高校。2016年度の主役候補はどの学校だろうか? 私なりに予想したい......続きを読む»

Medlen先発ローテーションへ!月曜のOrioles戦先発。Guthrieはブルペンへ!Royalsのプラン通り!

現在29歳のKris Medlenは2度のトミージョン手術を経てオフにRoyalsと2年契約を結んだ。そして6月にKC昇格。ブルペンで防御率2.53と抜群の安定感を見せ、とうとう先発のマウンドへ戻ってくる! Royals先発5番手のJeremy Guthrieが苦しいシーズンを送っている。防御率5.65で被打率が.311とワールドシリーズ制覇最有力ティームでよく先発に留まってきたなと思わせる数字。......続きを読む»

史上初めて4強の全校に超目玉スター!?清宮は桑田を抜いている!?83年ならラッキーゾーン弾で計3本塁打、10打点に!

清宮幸太郎は実質桑田を抜いた!? 今日のフェンス上段直撃2塁打は1983年ならラッキーゾーン(だと思うが違っていたら指摘して頂きたい)。よって3本目のHRになっていた。そしてあの時の1塁ランナーの判断はダメ。高校生とはいえ打った瞬間外野手は取れない打球と見極め走っていないと。あれで打点挙げていたら桑田を抜き1年生打点9となるところだった。 富田も2打席連続本塁打。春季大会で観戦した時、清宮がまだ......続きを読む»

清宮2戦連発弾!富田2打席連続2ランHR!早実が九国大付に勝利!解説の小倉氏(日大三)が語る早実の底力とは?

信じられない光景だった!清宮幸太郎が4回裏先頭打者として迎えた2打席目。初球をコンパクトに振り抜いた打球はライナーで右翼スタンドへ飛び込んだ!2試合連続ホームラン!1年生としては桑田真澄に並ぶ最多の2HR、8打点! 解説の小倉全由氏(日大三監督)は清宮の素晴らしさは「初球から思い切りスウィングできること」と語った。 続く加藤がストレートの四球で出塁。5番金子が送りバントで1死2塁から第1打席で左......続きを読む»

錦織圭 マレーを撃破の可能性は!? ハードコートでは錦織有利のワケとは!?

錦織圭はアンディ マレーと今シーズン2度目のマスターズ1000SFでの対戦となる。 ロジャースカップは第1シードのジョコビッチがマッチポイントを凌いでグルビスを2-1で倒しSF進出。錦織は予想通りナダルを圧倒し、6-2、6-4で勝利。第2シードのマレーはツォンガにストレート勝ち。 明日の準決勝はナイトマッチに組まれている世界2位のマレー vs.錦織に世界中の注目が集まる。 これまでの対戦成績は......続きを読む»

清宮、加藤 衝撃的連続弾!長打3本、5打点の清宮!あのリトルリーグWSで運命は決まった!早実、豪打で4強へあと1つ!

史上最高のスーパー1年生がここに誕生した!1年生にして予選から神宮を、甲子園を札止めにする異例のスーパースターが3試合目にして本領をフルに発揮した! 甲子園は大会10日目、早稲田実業は3回戦の対東海大甲府戦を3試合連続となる午前8時開始の第1試合。そして3試合連続で満員札止めの中での登場。 初回に5番金子のタイムリーで早実が1点先制。1-1となり迎えた3回表、早実は無死1塁の場面で3番、清宮を打......続きを読む»

錦織圭vs.ナダル 対ナダル初勝利は目の前!この時を待っていた人々とは!?優勝候補、錦織がストレート勝ち!?余力残せるか!

この時を待っていた!錦織圭がとうとうラファエル ナダルから勝利を挙げる瞬間を! もう時間の問題なのは世界中のテニスファンは誰もが疑わない。錦織圭は既に1年前からナダルよりも強い...はず。 錦織は対ナダルこれまで0勝7敗。しかし、最後の対戦は昨年のマドリードオープン決勝。この試合で錦織は勝利を九分九厘手中にしていた。 史上最高のクレイコートプレイヤーであるナダルをそのクレイで圧倒していた錦織。......続きを読む»

花巻東 vs. 仙台育英: 悲劇は起こった!東北初の優勝を狙える2校が3回戦で対戦 抽選はこれが恐い

最も恐れていた事態が起こってしまった。近い将来起こるだろう東北勢の甲子園初優勝。この夏は最大のチャンスとも言える。しかし... 花巻東の対戦相手が決まっていなかった。対戦相手はもはやどこでも良いが、1つだけ避けたい学校があった。それが仙台育英だった。 東北の人々本当の悲願は“東北の子供達”による甲子園初制覇だ。多くの東北の高校野球ファンは東北以外の選手で固める学校には絶対に東北初の甲子園優勝はさ......続きを読む»

甲子園特集: 背番号は地方大会と同じものを可にせよ!古い悪しきシキタリは排除せよ!

これを読んでいる高校野球ファンの中には甲子園の不思議?について考えることがあるだろう。 今回私が強く訴えたいのが甲子園大会で使用されるユニフォームの背番号について。 甲子園大会において、高野連は配布される背番号のみを許可する。この背番号は白地に黒で数字が書かれたもの。全て同じ素材である。 平等に同じ物を使って華美にならないようにとの思惑からこのシステムを採用している。 一見人々の共感を呼ぶス......続きを読む»

Cueto 完封!KC4連勝 絶対的エース加入で30年ぶりワールドシリーズ制覇へ!2位に12ゲーム差、貯金23!衝撃がUSAを襲うワケとは?

Jonny Cuetoは現地月曜日のTigers戦、被安打4、奪三振8、与四球0で完封勝利!月曜日ながら36、672人の大観衆で埋まったKauffman Stadiumは最後のCuetoのインタビューまで席に残り見守った! KCにトレード加入してから3試合目の先発。これまではロードでの登板だった為、この日が地元デビュー戦。観衆はCuetoのドレッドヘアーのカツラを被りこの日のKデビューを祝った。 ......続きを読む»

錦織圭 CITIオープン大逆転優勝!瀬戸に続いた!ビッグサーヴァーにとって最大の難敵に成長!全米驚愕

錦織圭がやってのけた!3試合連続の世界最高峰のビッグサーヴァーとのタフマッチを凌ぎ切りATP500のCITIオープン優勝!今季3勝目、通算10勝目。 昨日の準決勝第2試合。ジョン イズナーはほぼ負けていた。スティーヴ ジョンソン相手に第3セットのタイブレーク、4-6でダブルマッチポインんとを握られた。イズナーにマイアミで完敗し過去0勝1敗のイズナーより過去3勝0敗のジョンソンの方が戦いやすいことは......続きを読む»

リヴェンジなる!錦織圭 CITIオープン準決勝でチリッチに逆転勝ち!

錦織圭はまさに11ヶ月前のリヴェンジを果たした! CITIオープンは初めて前年のUSオープン決勝進出者2名が揃って出場となった。その2名がこの準決勝で対決。 錦織は第1セットをチリッチのUSオープン決勝時を思わせる圧巻のパフォーマンスにやられっぱなし。このセットを落とし暗雲が垂れ込めた。 しかし、第2セットに入るといきなりチリッチのサーヴィスをブレイク。このセットを2つのブレイクで6-1と圧勝......続きを読む»

錦織 チリッチとの大一番 明朝3:30~GAORAとBS朝日で生中継!錦織は安定感とチリッチ 優勢ながらも〇〇!ワケとは?

Citiオープンは明日いよいよ準決勝を迎える。錦織圭はマリン チリッチとのUSオープン決勝で戦って以来の激突となる。 現在世界5位の錦織と世界8位のチリッチ。今大会で錦織が第2シード、チリッチは第3シード。第1シードのマレーと第4シードのガスケは既に敗退しており、事実上の決勝戦となる。 2人の対戦成績は錦織の5勝3敗。ただ、11か月前のUSオープン決勝で錦織がストレート負けしていることもあり、ど......続きを読む»

渡辺元智氏 ”地元の選手だけで戦う”スタイルを褒めちぎる 花巻東の野球には風土が全面に溢れ出る

この夏、横浜高校監督を退任し現在は終身名誉監督となっている渡辺元智氏がこの日はBS朝日中継の花巻東×専大松戸の解説を担当した。 試合は花巻東がエース左腕、高橋の好投で4-2と前評判の高かった専大松戸を振り切って勝利した。 試合中、花巻東について意見を求められた渡辺氏はこのティームがほぼ全員岩手県民(メンバー中、1名のみ宮城県出身)という地元出身選手で甲子園優勝を目指すというスタイルを貫く姿勢につ......続きを読む»

「もういらん!」RoyalsファンのVenturaへの怒りが頂点に!オフにはトレード確実!?大量リードにも四球連発でティームを窮地に

ひどい!あまりにもひどい! Yordano Venturaの背信が止まらない。ティームがリードを奪ってもこの男はほぼそれをフイにするボロボロのパフォーマンスを繰り返す。 現地6日のデイゲーム、対Tigers戦。2回表Royalsは3-0とリード(その後無死2,3塁の追加点チャンスを無駄にしたが)。 にもかかわらず3回裏、Venturaは先頭打者にストレートの四球。次打者も歩かせてしまい無死1,......続きを読む»

Royals Verlanderを打ち崩す Perez3安打3打点1HR 立場逆転の両ティーム 

The Royalsは10試合連続のロードの最後の地、Detroitで対Tigers3連戦を最高のスタート!5-1で完勝した。 過去7勝19敗ながらここ3年はRoyalsが得意とするVerlander相手につるべ打ち!7回で10安打5得点。Verlanderは直近2試合は圧巻の投球内容だったがKCには通用しなかった。3投手に計12安打を浴びせた。 このロードトリップは21打数2安打と苦しんでいた......続きを読む»

Blue Jaysリスキー過ぎる賭けに!トレード1位の評価も大逆転地区優勝以外は大失態!?!Royalsは理にかなうトレードか

MLBは今年も7月31日のトレードデッドラインで大いに沸いた。 Royalsが余裕を持ってCuetoとZobrist獲得に至り、後になってBlue JaysがTulowitzkiとPriceを獲得。ブルペンやレフトのRiveraと、マイナー補強も成立させ、メディアはこぞって今回のトレード成功球団の1位にJaysを挙げた。 しかし、Jaysはトレード成立時51勝51敗で首位Yankeesから7ゲー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11390674

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss