「KC」だよ!「カンザス」ではない!

月別アーカイブ :2014年06月

エンジェルス 連勝6でストップ! ロイヤルズには通用せず! 

エンジェルスはその自慢のビッグネーム達がKC相手にも爆発すると7連勝を期待して乗り込んだカンザスシティでの対ロイヤルズ3連戦。 しかし、イージーなスケジュールでここまで戦ってきたエンジェルスにとってカンザスシティはこれまでの相手とはやはり違った。  初回にトラウト、2回にはクロンと自慢のパワーバットから2本のソロホームランで2点をリードしたLAA。しかし、Royalsは3回裏に打線が爆発!3-2......続きを読む»

エンジェルス 幸運は続かない!? ロイヤルズ相手には苦戦と現地メディア

ロイヤルズは10連勝の後、まさかの1勝6敗。しかもことごとく同点で終盤に勝ち越されての惜敗続き。 この不調の最大の原因がスケジュール。現地で問題になっているのがスケジュールの組み方。首位タイガースや西地区2位のエンジェルスのここまでのスケジュールがあまりに甘いとのこと。確かに対戦相手の勝率は共に4割強程度。ロイヤルズの対戦相手の平均は6割近い。しかもロイヤルズはそれらのビッグスペンダーと10連戦な......続きを読む»

Vanderbiltがカレッジワールドシリーズを初制覇! Virginiaは初優勝まであと一歩届かず!

John Norwoodのシーズン僅か3本目のホームランは2-2の同点で迎えた8回に放たれた! ** **カレッジワールドシリーズ(CWS)決勝はVanderbilt対Virginiaという予想通りの顔合わせ。1勝1敗で迎えた最終第3戦も緊迫した試合となった。 先日のMLBドラフトでレッズから1巡目、全体19番目で指名された剛腕クローザー Nick Howardの156キロの剛速球をNorwood......続きを読む»

錦織 ウィンブルドン: ビッグサーヴァーを初戦で圧倒! 4回戦ラオニッチを突破できれば4強へ! 

ウィンブルドンは今日から3回戦へ突入! 日本勢が計6名出場と明るい兆しが見えている今大会。3回戦まで残っているのわ我らがエース、錦織圭だ。 初戦で超ビッグサーヴァーで多くのトッププロが恐れるKenny De Shepperをブレーリクポイントを1本も与えずに圧勝!初戦のこの勝利は今回のウインブルドンを戦っていくうえであまりにも大きい。 2回戦は世界136位、予選勝ち上がりのDenis Kudlaか......続きを読む»

ロイヤルズ 10連勝! タイガースを2-1で下す!ガスリー1失点!

カンザスシティ ロイヤルズがデトロイト タイガースを2-1で下し、10連勝を飾った! 先発のジェレミー ガスリーが6.2回を1失点で4勝目! オマー インファンテが5回表無死走者なしから放った第4号HRで2-0としたことが大きかった! リリーフ陣も7回裏2死2塁から登板したヘレーラがしっかりと1人の打者を討ち取ると、十分なレストを取れているデイヴィス&ホランドのMLBでNo.1のセットアッパー......続きを読む»

日本ハムは 大谷翔平を2016年シーズン後のオフにメジャーに行かせねばならぬ! 約束は果たさねばならない

大谷翔平はこの日の阪神戦でも160キロを2球記録する等、150キロ台後半をバンバン投げ込んだ。3試合連続で、異なる球場で160キロをマーク。スタミナ面はまだ課題としてあるが、19歳という年齢を考えると問題と言える程ではない。 MLB球団と契約し、マイナーリーグから階段を上りメジャーリーグでプレイすることを希望した大谷翔平を強引なドラフト指名から説得を重ね日本でのプロ生活へと導いた日本ハム球団。 ......続きを読む»

ロイヤルズ 9連勝で首位奪取!シャーザーからも10得点(4イニング)! ヴェンチュラ勝利投手!

カンザスシティ ロイヤルズがとうとうAL中地区でタイガースから首位ーの座を奪った! ロイヤルズはデトロイトでの対タイガース4連戦の2戦目、昨年サイヤング賞のマックス シャーザーから4イニングで10得点を挙げ、ヴァーランダーから7得点の第1戦に続き2試合連続で11得点を挙げ、11-4で圧勝した! 先発右腕、ヨーダーノ ヴェンチュラは7回を3失点で5勝目を挙げた!防御率は3.26と抜群の安定感。 打......続きを読む»

トニー グウィン SDSUの誇り! 弟のバット! トニー グウィン球場には思い出いっぱい!

トニー グウィンが5年間の闘病の末54歳の若さで亡くなった。 グウィンには個人的にたくさんの思い出がある。現役時代は彼のプレイを生で観戦したし、彼の弟、クリス グウィンがロイヤルズでプレイしていた時には25ドルでこの弟のわずかにヒビが入ったバットを手に入れた。今も大切に部屋に飾ってある。 トニー グウィンの母校、サンディエゴ州立大(SDSU)は僕にとって思い出がたくさん詰まっている。会社がSDS......続きを読む»

ロイヤルズ 8連勝! ヴァーランダーから7得点! 17安打11得点! 首位攻防戦初戦を制す!

カンザスシティ ロイヤルズは同地区で1.5ゲーム差で追う首位タイガースとの4連戦 初戦を敵地で迎え、17安打を浴びせ11-8で勝利した! 先発左腕、ジェイソン ヴァーガスが7回を2失点で7勝目(2敗)。タイガースの先発はエースのジャスティン ヴァーランダー。 KC打線は0-2で迎えた5回表、1死、1,3塁から2番インファンテがレフト前タイムリーで1点を返す。更に1死満塁から4番バトラーがセンター......続きを読む»

スパーズ 昨年の悲劇からの復活! MVPレナードが成長を遂げたSDSUという大学とは!? ヒートは3連覇ならず! 

サンアントニオ スパーズがNBAファイナルズ第5戦を逆転で圧勝!7年ぶり5度目のNBAファイナルズ優勝を飾った! 3連覇を狙ったマイアミ ヒートを4勝1敗で下した! ベテランによってここ何年も支えられてきたスパーズはビッグ3と呼ばれるベテラン、ダンカン、パーカー、ジノビリがしっかりと役割を果たす中、22歳、3年目のカワイ レナードの大活躍もありヒートを3試合連続で圧勝した! このシリーズは2年連......続きを読む»

ロイヤルズ 7連勝! ホズマー、ペレスのHR! シールズ8勝目! ホランド20S到達!

ロイヤルズは現地日曜日のデイゲームでホワイトソックスを6-3で下し7連勝となった! 先発したエース、ジェイムズ シールズが決して好調ではなく、10安打を浴びながらも6回を3失点で踏ん張った。8勝目(3敗)。 打線は初回に3番のホズマーが第4号先制2ラン、3回に6番のペレスが第7号3ランと効果的な一発で得点を挙げ試合を有利に運んだ。 特に大きかったのが3回の3ランHR。2死走者なしから、死球、四......続きを読む»

カレッジワールドシリーズ開幕! 優勝候補3校 ドラフト指名選手達の活躍は!?

アメリカ大学野球の頂点を決める最大のイベントであるカレッジワールドシリーズが現地土曜日に開幕!今年の出場8校、優勝の行方、先日実施されたMLBドラフト指名選手達の中からこの大会でプレイする選手達をピックアップして紹介していく。 TDアメリトレード・パーク・オマハで毎年シーズンの最後を飾る超ビッグイベントであるこの大会。2011年に開場したこの球場はこの大会の為に作られた35000人収容のゴージャス......続きを読む»

ロイヤルズ 6連勝! ダフィーが7回を9奪三振、無失点! 連続9得点にはこんな秘訣が!

カンザスシティ ロイヤルズがシカゴ ホワイトソックスを9-1で下し今季初の6連勝をマーク。首位タイガースも勝った為、ゲーム差は1.5のまま。 ロイヤルズは先発左腕、ダニー ダフィーの圧巻のピッチング。そしてこの2週間で3分以上上げてきた得点圏打率(.265で現在AL2位)の高さをこの日も発揮。繋がる打線+ムスターカス&バトラーのHR2本もあり、2試合連続9得点と投打が噛み合っている。 つい2週間......続きを読む»

投手の投球間隔を短縮せよ! プロも大学も社会人も 日本の野球の最大の問題点?を解消せよ! 試合時間長すぎるだろう!

3時間17分。これが何の数字かピンときたらかなりのプロ野球ファンだろう。2013年のプロ野球の平均試合時間(9回で終了した試合のみ)である。 試合時間の長さは今後の野球人気を支えていくうえで決してバカにできないファクターであると考える。 平均3時間未満のMLBと比較してもNPBの試合時間は相当長い。日米のプロ野球を両方観る人ならはっきりと感じるはずだ。 NPBの試合時間が長い理由はいくつかある......続きを読む»

ロイヤルズ 5連勝! 首位タイガースから1.5差! 青木がもたらした勝利! 

初回に5得点。 ロイヤルズは青木の初回、2回の先頭打者安打をきっかけに2回までに6得点を挙げシカゴ ホワイトソックスに快勝した! ロイヤルズはこれで5連勝。34勝32敗とし、この日敗れたタイガースとの差をとうとう1.5差まで詰めてきた! 初回5得点は今シーズン2度目の出来事だが1回目の時あはこの日と同じホワイトソックスが相手。しかし、この時は先発のヴァルガスが中盤までに逆転を許し、試合には敗れて......続きを読む»

LA キングス 2年ぶり2回目のスタンレーカップ獲得! 

Jスポーツに感謝だ! NHLスタンレーカップファイナル第5戦が生中継されていたので観戦していた。 ロサンジェルス キングス vs. ニューヨーク レンジャーズ アメリカ東西の2大都市対決となったこのカード。 キングスの3勝1敗で迎えたLAでの第5戦。この試合は第3ピリオド、7分56秒 キングスが2-2の同点に追いつき延長へ。 第2オーバータイムにもつれ込む大激戦となり、キングス史上最長の試合......続きを読む»

ダルビッシュついに初完投&初完封! サイヤング賞獲得に向け大きな意味を持つこの記録! 

ダルビッシュ有がとうとうメジャーリーグでの初完投&初完封を達成した!  今シーズン、ダルビッシュがサイヤング賞を獲得するには是が非でも達成しておきたい記録がこの完投&完封であると僕は考えていた。 近年のMLBにおいて、投手の完投は極めて少なくなり、サイヤング賞の投票においてもvoters達の基準は明らかに変わってきている。 かつては先発投手として230近いイニング数と共に完投数もアピールするに......続きを読む»

ロイヤルズ4連勝! 首位タイガースから2ゲーム差! ヴェンチュラ圧巻のピッチング! 

ロイヤルズがインディアンスとの第2戦に4-1で勝利! この2連戦をスウィープした。 先発のヨーダーノ ヴェンチュラが7回を被安打6、無四球、1失点で4勝目を飾った。珠数わ ずか85球と完璧な内容。 打線は4つの犠牲フライで4得点と非常に効率的。 これでロイヤルズは4連勝! 33勝32敗とし、この日負けたタイガースとのゲーム差はわずか2にまで迫ってきた! ヴァーランダーがこの日も不調で7失点。......続きを読む»

ロイヤルズ 17日ぶりに5割復帰! 首位タイガースから3差! オールスターまでに何をすべきか!?

ロイヤルズは現地10日、ホームでの対インディアンス初戦を9-5で制し、17日ぶりに5割復帰を果たした(32勝32敗)。 先発した左腕、ジェイソン ヴァルガスは7回まで無失点。8回表に3失点したが、6勝目を飾った。シーズン6勝2敗、防御率3.30と今シーズンはしっかりと先発2番手の役目を果たしている。昨年2番手だったアーヴィン サンタナ(現ブレイヴス)の穴も十二分に埋めている。 とし 攻撃陣もこの日......続きを読む»

MLBドラフト アストロズは全体1位でBrady Aiken指名か!?

日本時間6日(金)の朝7時からMLBドラフトが開催される! 注目は3年連続全体1位指名権を持つアストロズが誰をいの一番で指名するか! 1年前からつい最近まではノースキャロライナ州立大の左腕、Carlos Rodonがずっと全体1位と目されていた。 しかし、最近になって、高校生左腕の Brady Aikenが1位候補として浮上。 果たしてアストロズはAiken指名となるのか!それともRodon......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:6043
  • 累計のページビュー:11242751

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss