「KC」だよ!「カンザス」ではない!

大学野球

東大の勝ち点を...東大のHR数は衝撃!最下位脱出は超現実的!明治に1つ勝って決められるか!岩見をプロはどう見る?

今の東大は間違いなく戦後最強!そのホームラン数は信じられない本数なのだ!最下位脱出はMUSTだ! 観たかった!この瞬間を神宮で見たいとずっと願っていたのだが…今日はジャパンオープンテニスの観戦が決まっていた。その点は無念。 昨日の第1戦は神宮で観戦した。東大は宮台が安定した投球で安心して見ていられた。そんな中打線が大爆発。5回までに13安打8得点。試合を決した。宮台は2失点ながら自責点ゼロの完投......続きを読む»

宮台(東大)完投5勝目!完全にドラフト候補に復活!明日は東大に恵みの雨!?高校野球スター達も

湘南高校出身の宮台康平がついにドラフト候補へと大復活だ! 東京六大学野球は秋季リーグ戦2週目に入り第1試合で東大が宮台の8安打、1奪三振、4四死球、2失点完投で5-2と慶應を下し今季初勝利!宮台は通算5勝目を挙げた。 安定感抜群だった。三振を奪いにいくのでなくコントロール重視で勝負した。結果三振は1だったが要所を締める内容。158球は多過ぎるが守備のミスもありランナーを多く背負うマウンドとなり致......続きを読む»

神戸国際大付➡立教大学の超強力パイプ!13名が立大に在籍!進学校でなくても努力で実現!青木監督への信頼?今年は誰が立大へ?

全国でもNo.1?の強固なパイプラインは来年も健在!神戸国際大付から立教大学に進む現高校3年生選手達は誰!? 高校➡大学のパイプは数多く存在する。特に目につきやすいのが東京六大学野球部のものであろう。付属(系属)高校から大学への進学は当然当てはまらない。つまり早実、慶應高校等はここでは除外される。 高校野球の勢力地図は時代時代で変わっていく。東京六大学はスポーツ等の推薦で選手を獲得する傾向が強く......続きを読む»

米満主将"日本一の応援団がついている”駒大 楽しみな秋

駒澤大学の一部復帰はこの秋成し遂げられる!? ちょっとだけ昨日観覧した駒澤大学内で実施されたイベントについて触れたい。 駒澤大学応援指導部ブルーペガサスによる「第12回神宮への誘い」。今年は2004年を最後に遠ざかっていた駒大、東洋大、亜細亜大の鼎(かなえ)3校による合同ステージ(チアリーディング)や各校の野球応援を再現するステージが実施され、これまで観てきた中でダントツに楽しい内容であった。亜......続きを読む»

第64回「六旗の下に」今年は府中の森

今年は断念することにした...遠い...座席も... 一昨年4年ぶりに復活した「六旗の下に」観覧。昨年も観覧した。このイベントは東京六大学の応援団イベントでその人気度たるや年々増して今やチケット入手も決して簡単ではなくなってきた。普段は運動部を応援する立場のリーダー部員(名称は大学により異なる)が主役であり、伝統をこれでもかと見せつけてくれる熱い学ラン男達の(女性がいたことも過去にある)晴れ舞台で......続きを読む»

立教大学 59年ぶり全日本優勝!神宮応援席は超満員!中川&田中で明るい立大の未来!

甲子園優勝経験者達が投打の柱となり立教大学を59年ぶり全日本大学野球選手権優勝へ導いた! 全日本大学野球選手権は立教大学×国際武道大学という主力として甲子園優勝経験したメンバー達、また甲子園スター達をズラリ並べるteams同士の対決という決勝にふさわしいカードとなった。 立大はこの日は登板がなかったがエース左腕田中(2年大阪桐蔭)が投手陣の軸、野手陣は2番熊谷(4年仙台育英➡神宮大会優勝)、4番......続きを読む»

NHKの早慶戦中継は立教18年ぶり優勝に触れず!中継の質が低い!立教59年ぶり快挙なるか!

これは酷い(笑)何だこれ...NHKの早慶戦中継は早慶以外の大学へ一切フォーカスしない主義なのだろうが...立教大学優勝しちゃあマズいのかな。 早慶戦は第1戦で慶應が勝利し、今日の第2戦に勝利すれば慶應が35回目の優勝となる試合。慶應が負ければ立教が18年ぶり(35シーズンぶり)の優勝となる大一番。 試合は投手力が苦しい両校による予想通りの打撃戦となった。 慶應が初回表に5番郡司(2年/仙台育......続きを読む»

立教18年ぶり優勝は早慶戦で慶應が1敗で決定!早大 加藤は三冠まで1HR&3打点!

立教大学がついに1999年秋季リーグ戦以来となる東京六大学野球優勝を果たす!? 東京六大学野球春季リーグ戦は近年まれに見る大混戦で第7週に突入した先週末。東大以外の5大学に優勝の可能性があった。結局立教大学が3連覇を目指した明治大学から2勝1敗で4つ目の勝ち点を挙げ9勝4敗2分けとした。2位が6勝3敗2分けの慶應大学。この2校に優勝の可能性が残されている。 今週末の早慶戦で慶大が1つでも負けた時......続きを読む»

加藤雅樹 笑顔見せる!宮台から左中間へ2号!三冠なるか!早実後輩達から刺激もらう!

清宮から!野村から!後輩達から刺激を受けちょっと笑顔の宮台からの3ランHRだった! 母校、早実が高校野球史上に残る伝説試合を繰り広げてから2日。3名の早実出身者が名を連ねた早大。先発投手は甲子園3回出場計5勝、また高校選抜メンバーとして大活躍した木更津総合出身1年生左腕の早川が六大学初先発。対戦相手は県立湘南高校出身でドラフト候補の宮台康平が先発マウンドの東大。 東大 宮台は先頭打者に四球を与え......続きを読む»

加藤雅樹 ひたすら厳しい表情! 六大学第1号弾!甲子園スター達 明大14名,早大8割が甲子園組!法大も!開幕悲喜こもごも

東京六大学野球春季リーグ戦が今日開幕!甲子園スター達がどんなスタートを切ったのか!? 朝から雨が降りしきり、予定より1時間遅れで開会式が11:15~、第1試合が12:00開始ととなった東京六大学野球の開幕日。さっそく神宮で観戦してきた! 第1試合は東大×明大。明大は六大学史上初となる新宅団長による校歌指揮がまず新鮮であった。箱根駅伝以来だったが新宅団長は更に風格が増していた。 最大の注目はやは......続きを読む»

初の女性団長誕生!明治大学応援団 東京六大学史上初! 感動の12年前法大副団長による校歌!

東京六大学でついに女性団長が誕生した!明治大学は六大学を史上初において常にリード!? 元旦を迎え、明治大学応援団は代交代を行い、平成29年度幹部役職を発表。ここで衝撃的サプライズが! 団長が新宅 杏子さん。そう、女性なのである。女性の応援団長は珍しくないのではと思うかもしれない。しかし、超伝統を誇る東京六大学では史上初! 新宅さんは吹奏楽部に所属。一週間前に行われた「定期演奏会/紫紺の集い」で......続きを読む»

応援団連盟祭 学習院、農大、上智、明学、中大、城西、日体.e.t.c.!川崎由意が大逆転!

今日は軽く呟きたい。 中央大学は遠い!本当に果てしなく遠い!キャンパスはアメリカの大学を思い起こさせるスケールだがグッタリ疲れてしまう遠さだ!でも楽しかった応援団連盟本部記念祭。大学スポーツを応援する立場の彼らが輝きまくっていた! 大学野球や駅伝を中心に運動部を応援する大事な役目を担う大学応援団。昨年は東京タワーで実施された全日本応援団連盟本部記念祭。今年の中央大学多摩キャンパスで行われた。遠い......続きを読む»

ドラフト:指名選手 大学リーグ別人数ランキング 大躍進は?極端な東高西低 近畿地区も深刻!地方でチャンス掴め!

六大学は東都を一気に突き放した!かつての名門、関西学生野球と近畿No.2の関西六大学はエリート獲得に苦戦?関甲新学生の大躍進はいかにして? 2016年NPBドラフトにおける大学リーグ別指名選手数をチェックしてみた。今回は大学4年生に加えて社会人選手の出身大学も入れている。 高校35名、大学33名、社会人19名という内訳だった今回のドラフト。 私立高校には甲子園というビジネスに直結する宣伝ツール......続きを読む»

東大野球部 圧巻ホームラン数!現役6選手で計10本!計0本の時期を乗り越え

東大がホームランを打ちまくっている! 大学野球の公式戦でホームランを放つことは簡単ではない。リーグにより試合の組み方に差があるが最も基本的なスタイルとして春と秋のリーグ戦で10~15試合をこなす大学野球。東京六大学に関してはバイウィークもある8週におよぶ週末の試合日程は公式戦の打席経験がプロ野球のように週6日ある試合日程と違い打席での実戦感覚が掴みにくくなる。 それだけ間隔があく試合日程により大......続きを読む»

17年MLBドラフト1,2位相手に日本勝利!日米大学野球 USA代表は未来のMLBスーパースター軍団!

日米大学野球は今日開幕した!日本は初戦を2-1で勝利。 USAの登板した投手2名は来年MLBドラフトでスポーツイラストレイテッド(SI)で全体2位予想のタナー・ホウク(ミズーリ大学)ブリ⊸チャーズリポート(br)で全体1位予想のジェイビー・ブカウスカス(ノースキャロライナ大学)。日本の野球レヴェルの高さをUSAは強く感じたのではないか! オレゴン州立大のケイジェイ ハリソン(捕手/内野手)、ルイ......続きを読む»

立教 逆王手!17年ぶり優勝なるか!

神宮は内野席が超満員になる盛り上がり! 明大が立大に勝てば優勝、東大が勝てば14年ぶり勝ち点。また、立大は勝てば17年ぶり優勝へ逆王手をかけることになるからだ。   第一試合は法大が圧勝。東大は明日の第三戦に勝ち点は持ち越しとなった。 第二試合は立大が4回までパーフェクトに抑えられていた星から5回にまず同点。さらに6回裏はには佐藤竜の3ランHR!  明大は9回に4番牛島が今季5号HRを放つも万......続きを読む»

東大野球部3勝目!宮台1失点完投!神宮観戦記

東大の勝利が当たり前になってきた。 5年間に及ぶ94連敗をストップさせたのはほんの一年前。 2勝が目標だった今シーズンの東大だったが3勝目を堂々たる戦いぶりで手にした。 宮台は制球に苦しみながらも球は走っていた。最速145キロ、9回にもさ144をマーク。 野手が3つのダブルブレイを決め宮台を救った。 1点を追う6回裏、1死から桐生のセーフティーバントがエラーを誘い出塁。その後3安打で3点を奪......続きを読む»

東大 12年ぶり明大から勝利!神宮観戦で東大の進化を目の当たりに!宮台で勝ち点なるか!応援部は感涙!

WOW!WOW!WOW! 東大の野球は完全に六大学で戦えるレヴェルへと大きく進化した!それを実感した今日の観戦となった。 昨日NHKで東大野球部の食トレ特集を観て、目標2勝と浜田監督が語っていたが、翌日に明治から勝利を挙げた! 2004年以来となる明治大学からの勝利は運や相手のミス連発等から得たものではない。まさに初回から真っ向勝負し、高いクオリティの野球でもぎ取ったものだった! 9回裏、2死......続きを読む»

駒澤大学応援指導部 天馬祭 クオリティーが毎年グングン上がる!

第11回を迎えた駒澤大学応援指導部ブルーペガサスのいわゆる団祭“天馬祭”。第3回を初めて観た時を振り返ると全てが比べ物にならない程スケールアップしている。想像を絶する盛り上がり方だった。3時間50分は長く感じることなく思い切り楽しめた。 このイベントの最大の興味はそのクオリティーの上がり方を肌で実感できること。第3回から毎年観ているが、毎年毎年全てのクオリティーが目に見えて上がっていくのだ。それに......続きを読む»

応援団が魅力的過ぎる大学!学習院、農大は観る者を魅了する!大学スポーツを支える

学習院大学応援団の凄みを改めて見せつけられた!農大応援団に震えた。 大学野球や大学駅伝を楽しむ立場としてその競技に花を添える応援団によるイベントはかなり楽しめる。 11月28日に東京タワーで実施された全日本学生応援団連盟 第65回本部記念祭。北海学園、東北学院と関東以外の2校も参加。明学、中央、専修、上智青学、国学院、東海、等の全国的にもメジャーで大所帯の団体も多く、北関東の雄として奮闘する足利......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11527156

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss