「KC」だよ!「カンザス」ではない!

駅伝

東海大 駅伝9連覇の始まりか!?出雲駅伝10年ぶり優勝!2年生軍団貫録の走り見せつける!

貫録の、王者の走りを見せつけた!東海大は今後3大駅伝独占なるか!? 第29回出雲駅伝は東海大と青学大の一騎打ちの予想通り、非常に面白いレースだった。 東海大が駅伝で頂点を極めることは2年前に今の2年生達の入学が決まってからほぼ予想できていた。そして順調に彼らが力をつけ2年生5名、3年生1名のメンバーでタイム差以上の貫録のタスキリレーを最後まで見せてくれた。 東海大と青学大は選手達の持ちタイムの......続きを読む»

原晋氏(青学)鈴木大地と共に日本スポーツ界の体質改善を推し進めてもらいたい!明るい日本スポーツの未来に必要なドラスティック改革とは?

原晋監督のスポーツ指導は駅伝だけに留まらせても良いのか!?原氏の指導理論は超理想であり、青学長距離ブロックでの成功が日本スポーツ界全体に活かされるべきだ! 原さんの指導理論はここ数年メディアで散々取り上げられてきた。同氏は昔から日本スポーツ界にはびこる悪しき文化を改善させ、また数々のアイディアを列挙し、これまで実践してきたことや今後の陸上界への提言をすることを行ってきた。 原氏の掲げる提言や指導......続きを読む»

箱根10区 ”あわや事故”現場で観戦していて感じたこと 神大もっと声を上げても良い

凍りついた現場付近の観戦者たち。本当に”ヤバかった”し、強い怒りすら覚えた!神大の大復活があわや大惨事で消滅しかけた事態に神大関係者はもっと怒って良い! 私もその場で明大応援団のパフォーマンスとレースを同時観戦していたが、その瞬間を目にしてはいなかった。ただ、ザワつきが起こり何事かと思っていたら若い女性が私の隣にいた若者たちに合流した際"今、神大選手が車に轢かれそうだった。かなりヤバかったよ”と言......続きを読む»

箱根17年は青学4連覇!?強力2枚看板&分厚いメンツ!早大、順大、東海、日体が優勝の望み!個人は?17年駅伝シーズン展望!

青学時代はまだまだ続く!?鈴木(神大)は一色の後釜的存在になれる?それとも塩尻、下田か? 第93回箱根駅伝は青学が今年も圧倒的強さを見せつけて3連覇を達成した。5区神野大地が抜けても、田村が失速しても全く揺るがない強さだった。 青学は現在の4年生が卒業した後も王者であり続けることが予想される。一色が抜けた後も下田、田村という2本の柱が残る。3年生では他にも昨年10区を担った中村が来季は中心メンバ......続きを読む»

箱根駅伝 往路MVP &個人トップ5は!まさかの失速は?

第93回箱根駅伝は往路が終了。往路MVPは誰?大誤算は? 5区の距離短縮に感謝!?あるいは神野の卒業のおかげ?今年の箱根駅伝往路は5区でトップの青山学院が区間8位に留まったことで2位早稲田との差が33秒差、3位順天堂とは1分51秒差、4位東洋とは2分40秒差とここ数年では最も激戦となり復路は近年記憶にない程に楽しみである。 MVPに関する解釈は人によって違う。私か必ずしも優勝ティームから選ばれる......続きを読む»

順大 勝負の箱根駅伝!塩尻の存在と箱根シード権で有望高校生ゴッソリ獲得が濃厚!?当日変更の3名は誰?

超名門の大復活は箱根駅伝の結果次第!? 順天堂大学は現在の関戸監督が4年生だった2007年以来、10年間箱根駅伝の優勝から遠ざかっている。4連覇等かつては憎たらしい程に強い超強豪として鳴らした順大だが、前回の優勝を最後に優勝を狙える戦力を整えられずにいる。 前回優勝した時の順大はまさに横綱にふさわしい圧倒的な戦力。先ほどのニューイヤー駅伝でも4区で2位だった今井正人が山の神として君臨。6名の4年......続きを読む»

日本人だけで!旭化成18年ぶりNY駅伝制する!双子4名中3名が区間新!母校大東大へ勢いつける!箱根のゲスト解説は誰だ!?

日本人のみの箱根スーパースターズ&五輪マラソン選手で旭化成が18年ぶり栄冠!大東大は明日からの箱根に俄然勢いづく!? ニューイヤー駅伝は旭化成の優勝に終わった。見事に双子3名の区間新で一気に引き離しての名門、旭化成の18年ぶり優勝。 古豪、名門の旭化成は方針として外国人選手を置かず日本人選手のみで戦ってきた。それでも箱根駅伝で大活躍してきた大物選手達を次々と獲得してきた。宋兄弟、西監督の指導の下......続きを読む»

箱根予選会 衝撃の大観衆 レース後の各校選手&スタッフの悲喜こもごも 応援団の魅力も全開

史上最多の大観衆が詰めかけた昭和記念公園は熱かった! 昭和記念公園。西立川口。入園チケットを購入する長蛇の列が8~9も!長い時間並んだ末ようやく人々は410円のチケットを手に入れる。 昭和記念公園はとんでもない広さだ。度肝を抜かれる巨大で美しい公園。西立川口から入園後、スタート地点の自衛隊立川駐屯地の敷地内まで混雑の為15分以上。 選手が走る走路を挟んで内側に各大学応援団がパフォーマンスを行い......続きを読む»

箱根駅伝を全国大会へ!原監督の提案を全国的サポートしなけれなならない!陸上の未来はこう激変する!

箱根駅伝で連覇した青学大の原晋監督がこの度提案した6つの件。素晴らしいとしか言いようがない!特に全国の大学へ門戸を開くという点については私も大昔から熱望していた。今回は一般国民に向けては最も影響力があると言える原監督の提案。是非可能な限り多くの国民がこれに同意してもらい、賛成意見をインターネット等で示してもらいたい! 原監督は以下の提案をしている。 ①箱根駅伝を現状の関東の大学20ティームからプ......続きを読む»

青学3連覇は濃厚!?四天王の3名が卒業も残るメンバーの実績はダントツ!対抗は駒大、早大!?

歴史的圧勝劇で箱根連覇した青山学院大学。大物3名が卒業する来年は?3連覇の可能性はかなり高いだろう。 神野大地、久保田和真、小椋裕介というスター3名に渡邊利典、渡邊心といった力のある4年生が去る青学の来シーズン。それでも残るメンバーは他校を実力面で寄せ付けない。 大エースとなる一色が残る。大黒柱が存在するのがまず強み!さらに現時点で10000メートル28分台の記録を持っているメンバーが多数残る。......続きを読む»

秋山清仁(日体大)が6区で区間新!小野田勇次(青学)ルーキーデビューは驚愕の区間タイ!6区の歴史が何故変わった?

10年ぶりに融雪剤が不要となる絶好のコンディション!積み重ねたデータ活用と取り組みで箱根6区の歴史が変わった! 最初に驚いたのが区間エントリー変更。青学は2連連続で6区を走っていて昨年は59分11秒(区間2位)と実績十分の村井駿(3年)に変わって1年生の小野田勇次が入った!東洋は今シーズン急成長し前評判の高い口町亮がここに配置されており、プレッシャーがかかるかと思われたが... 衝撃だった。小野......続きを読む»

箱根駅伝:大手町で応援&スタート観戦!青学23年ぶり快挙!キトニー圧巻の区間賞!塩尻、栃木で順大7位!東国大はアッパレ12位!

今年も大手町で早朝から箱根駅伝のスタート前の各大学による応援披露&レースのスタート風景を満喫してきた! かつてはほとんど?の大学応援団が大手町に集結していた為、年々混雑度が増してスタート前にも関わらず混み具合が凄まじくなっていた朝のイベントだが、ここ数年はかつてよりは落ち着いてきている。勝手な想像だが近年は日比谷駅付近で応援する大学が最低5校はあること、また二重橋前駅付近でも4校程が応援していて、......続きを読む»

犬が路上に➡選手転倒 海外なら訴訟も!レースの安全確保は今後の駅伝でどう改善されるか?飼い主達への対策e.t.c.

ニューイヤー駅伝はTOYOTAの連覇で幕を閉じた。箱根のスター達がこぞって出場するこの大会は華やかで元旦最大のスポーツイベントへと成長した。 しかし、今日のレース中に悲劇が起こった。2区は外国人選手が走ることができる唯一の区間。アフリカ系選手のエースが多数走る重要な区間。その先頭集団の一部が突如乱れた。何事かと思ったら何と黒い小型犬が路上に飛び出してきた為、コニカミノルタのポール クイラが転倒した......続きを読む»

東海大 下級生に豊富な逸材ゴロゴロ!新1年生11名の有望株!過去に例のない黄金時代が訪れる!?

第92回箱根駅伝まであと58時間。 今大会は11名の1万メートル28分台を揃える青学が間違いなく優勝候補筆頭。 28分台は3名ながら「その1秒を削り出せ」をスローガンに各区間粘り強く走り最後の競り合いで絶対的な強さを見せる東洋。 中谷、工藤のダブルエースに大塚、馬場、其田、西山と経験豊富な強力メンバーが揃う安定の駒澤。 早大、明大、東海もハーフや1000mのタイムを見る限り侮れない。往路は山......続きを読む»

7年計画 山梨学院大の18年までに箱根制覇への実現性は?10名揃うのか!新1年生の素材は!?

第92回箱根駅伝スタートまであと58時間余りに迫ってきた。 今回は青学が個々の戦力で圧倒。東洋、駒澤がティーム力でどこまで対抗できるかに注目が集まる。私はハーフマラソンの平均記録で2番手につける早稲田が波乱を起こす可能性も期待する。順天堂大の1年生、塩尻和也がスターの座を獲得する走りを見せるかも楽しみだ。 今回は優勝争いには絡まないだろうが、2017年以降に目を向けるとどうしても気になる2校があ......続きを読む»

世羅高校 快挙!全国の公立も姉妹都市化!? 22年ぶり男女アベック優勝!男子は大会新記録!公立校健在を示す!

男女の全国高校駅伝が京都で行われ、女子は世羅(広島)が初優勝。男子も世羅が史上最多9度目の優勝。世羅は1993年仙台育英以来史上2度目の男女アベック優勝となった! 女子は1区で世羅主将の小吉川志乃舞がラストスパートで区間賞。その後西脇工がトップに立ち、4区までの3区間リードした。しかし、アンカー区間は30秒以内の差でタスキが渡れば逆転するだろうと予想されていた2年生エースで世界ジュニアユース3位の......続きを読む»

東洋大 駒澤を引き離して優勝できた要因は!? 復路エース抜きで引き離したミラクル!

東洋大学が往路&復路を共に制し、完全優勝!復路は新記録だった! 3冠がかかり、窪田、中村、村山、油布と4人の大物を抱える駒澤が有利と予想された今大会。東洋が制した要因は何か? 東洋の最大の武器は層の厚さ!9、10番目の選手の力は東洋が上で1番であった。東洋は設楽兄弟という10000Mを27分台で走る絶対的2枚のエースを持ち、この2人のレースがまず大きなカギ!この2人は区間賞をそれぞれ獲る......続きを読む»

山梨学院 高校駅伝初V!超有望3年生5人衆が山梨学院大進学! 山梨学院大に黄金時代は訪れる!? 野球では慶應が付属高校を利用し大学を活性!

全国高校駅伝が22日に実施され、男子は山梨学院が初優勝を飾った! レースは上位4校がトラックレースに持ち込み、最後はアンカー、西山令が引き離し優勝のゴールテープを切った山梨学院が栄冠を掴んだ! この山梨学院、5人の3年生と2人の1年生で7区間を戦ったが、全員が高校ではビッグネーム。 5人の3年生は5000Mの持ちタイムでも高校3年生で日本人全国1位の市谷龍太郎、2位の上田健太の13......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:1399
  • 累計のページビュー:11398526

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss