「KC」だよ!「カンザス」ではない!

クールな市川美余(解説)号泣!中部電力 驚愕の大復活劇!2強時代の終焉!カーリング日本選手権

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子カーリング界の2強時代がついに終焉を迎えた!中部電力はまた新たな伝説を築くことになるのか?

カーリング界は藤澤五月が2015年4月に中部電力から移籍してきたLS北見が昨年世界カーリング選手権で銀メダル獲得。そして小笠原歩率いる前回五輪5位の北海道銀行という2強時代がしばらく続くのかと思われていた。しかし、この2強にまさかのティームが割って入ることとなった。

予選で最初の波乱があった。北海道銀行が中部電力に2-7で完敗した。中部電力は昨年のこの大会出場を逃していたが見事に力をつけていたのだ。

市川美余、藤澤五月が去ったティームは日本選手権4連覇ティームから現キャプテンの清水絵美と現スキップの松村千秋が残り、リードとセカンドを20歳の2名が務める布陣へと変わっている。リードが石郷岡葉純、セカンドが北澤育恵。清水がセカンド、北澤がサードを務める時期もあった。

4連覇当時の主将、市川美余が去ったことで中部電力はいきなり結果を残せなくなり、日本一のスキップ藤澤が去ったことで正直ティームの存続も大丈夫なのかなと不安視していた。昨年は日本選手権に出られずその不安は更に増していたが、今大会の中部電力はかつて2枚看板の陰に隠れていた感のあった松村と清水の2人が引っ張るティームとしてジュニア時代に実績のある若手2枚を加え強いティームへと変貌を遂げていたのだ。

予選リーグを1敗で終え見事2位通過した中部電力は再び北海道銀行と準決勝でぶつかる。そして先ほど終わった試合でまたも序盤から優位に試合を進め9エンドで2点を挙げ8-4とし北海道銀行がコンシード。強豪北海道銀行から連勝しての決勝進出である。

そして選手達が握手している時に何やら涙声らしきものが聴こえる。中部電力で長きに渡り共に努力の日々を過ごした後輩2名&若手2名の4選手の奮闘ぶりをクールに解説してきた市川美余だったが、泣き声は彼女のものだった。

さすがに観ていて堪えられずに涙が出た。どんなときにもクールで表に出る感情がほとんど変わらない市川しか知らなかった。しかし熱い思いがあるに違いないとは思っていて、この大復活劇にクールさをキープできるのか注目していたのだが。

明日の決勝はLS北見 vs. 中部電力。決勝という大舞台で中部電力の4連覇を柱として引っ張った藤澤のLS北見相手に中部電力がミラクルを起こすことはあるのか!?

LS北見が大好きなのでどちらを応援するということはなく、ただただ試合を堪能したいと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カーリング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

LS北見が中部電力との全勝対決を制して首位浮上…プレーオフ進出に向けて予選リーグも佳境(日本カーリング選手権2017)【0 to zeroのhorizon】

中部電力の快勝劇から見える勝利を呼び込むリードの存在感 〜カーリング日本選手権前半戦〜【スポーツ宅急便】

平昌五輪の日本代表は!? 日本カーリング選手権2017・開幕から3連勝を飾ったのはLS北見、中部電力、富士急の3チーム!(女子)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:10113
  • 累計のページビュー:10833991

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss