「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織圭がついに4位に復帰する!そして今回は5位に落ちることも3位に上がることもしばらくない長期滞在となる!

錦織圭の全豪敗退ショックから3日。明るい気持ちが蘇ってきた!全豪オープン準々決勝で第3シード、ミロシュ ラオニッチが第9シード、ラファエル ナダルにストレート負けした。昨年準決勝敗退で720ptsを獲得したラオニッチはこの敗退で360ptsを失い、昨年準々決勝敗退➡今年4回戦敗退により180pts失っていた錦織との差は100に縮まった。

今後のラオニッチと錦織のスケジュールを確認する。

錦織は2月13日~のブエノスアイレス大会(ATP250 )、そして2月20日~のリオデジャネイロ大会(ATP500)に出場。1年前はブエノスアイレスの週は不出場でリオの週は250のメンフィス優勝。

ラオニッチは2月20日~のデルレイビーチ(ATP250)が全豪後最初の大会。1年前は全豪の後3月まで大会に出ていなかった。

錦織はブエノスアイレスもリオも共に第1シード。ブエノスアイレスは第2シードがダヴィド フェレール、リオは第2シードがドミニク ティエム。順当にいけば2週連続優勝も夢ではない。まずブエノスアイレスで決勝にさえ進めばラオニッチを抜き世界4位浮上となる。リオでは決勝進出で昨年よりもptsが上積みされる。

ラオニッチは昨年の全豪オープンの後はマスターズ1000で5大会連続出場。最初のインディアンウェルズで準優勝で600pts、その後はQF、QF、QF、2R、そして全仏4R敗退、クイーンズ(ATP500)準優勝、ウィンブルドン準優勝と安定して好成績を残した。全豪の後からウィンブルドンまで2645pts稼いだ。

一方錦織は2500ptsを同期間で獲得した。錦織の獲得ptsが少ないだけでなく、この期間の多くの大会がクレイがサーフェスであることが錦織にとっては大きい。

重要なのが3月のアメリカでの2つのマスターズ1000大会。錦織にとっては気候の関係で弾みすぎるコンディションのインディアンウェルズで昨年は8強に終わった。ここで第4シードで挑める為何とか4強に残りたい。次のマイアミは得意のサーフェスで昨年準優勝。ここで準決勝敗退でも240pts失うので踏ん張りたい!

その後は得意なクレイ大会が続く。昨年は500大会で準優勝、マスターズ1000の2大会でSF敗退、全仏で4回戦敗退。全仏前のクレイで最低昨年と同じ程度の成績をキープし全仏でSFに残ればptsが大きくアップ。昨年の芝は500のハレで2回戦W/O。ウィンブルドンは4回戦敗退。早期敗退。今年は第4シード以上で挑めるこれらの大会で大いにptsが稼げるチャンスである。

クレイのサーフェスを苦手とするラオニッチだけにクレイシーズンでひっくり返されることはないのではないか。よってマイアミまでのマスターズ1000で4位をキープすることが錦織にとって重要。ラオニッチも錦織も昨年この2大会でトータル780ptsを獲得しており、差が広がらずランキングも変わらない可能性が高い。第5シードで挑むラオニッチの方がQFでマレー、ジョコヴィッチと当たる可能性があるので厳しいとも言える。   よってアクシデントが起きない限り錦織が長期間4位をキープすることになる可能性が高い。次週3位に浮上するワウリンカは昨年のウィンブルドンまでは全仏SF敗退、500大会優勝こそあるが、その他はかなりガタガタな状態でptsを獲得できていなかったので故障がなく試合に出続けられるなら4位以下に落ちる可能性はUSオープンまではほぼなさそうだ。

錦織圭が準決勝までマレー、ジョコヴィッチと対戦せずに済むテニスシーズンは楽しみだ!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?

あなたのブログ楽しく読ませてもらっています。
この方の悪いところは、他の方の指摘をまったく無視しているので進歩がないところです。
指摘するだけそんですよ。

ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?

ナダルが優勝することは全く考慮されてませんよね?
優勝したらその時点で4位まで上がってくるんですが。

「ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?」へのコメント

やっと錦織選手が世界ランク4位になれると思うと今までのことを思うと凄く嬉しいです!
正直錦織選手はラオニッチ選手より上だと思ってるのですがドロー運の差でランキングで上に行かれ更にシードの差でドローもまた差が出て上にいかれてるのが悔しくてしょうがなかったのでここからが勝負だと思って全仏に標準を定めて優勝目指して欲しいです!

ラオニッチQF敗退で錦織と僅か100pts差に!2月20日ついに錦織4位復帰が確実!4位定着への今後数ヶ月どう戦う?

すいません、4位復帰が確実ではないと思うのですが。
確かに現状は100pt差ですが、メンフィス優勝250ptの失効は2/13なので、ブエノスアイレスは優勝しても100pt差を維持するだけです。
また、ラオニッチはNon-Mandatory6大会が埋まっていないので、デルレイビーチやアカプルコで稼いだポイントがそのまま加算され、錦織との差がさらに開く可能性も否定できません。
あまりにも願望込みで正確でないことを書かれているようなので指摘させていただきました。

こんな記事も読みたい

加藤美唯・穂積絵莉ペアが善戦も惜敗 決勝進出ならず…しかし、これからに期待!(全豪オープン2017・女子ダブルス)【0 to zeroのhorizon】

10代中心➡30代中心の時代へ激変!全豪4強30代半ばが半分!89年全仏4強平均女17歳&男21歳!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

―大会レポート― 第9日 35歳フェデラー快勝、36歳ビーナスも14年ぶりの4強【ウィンブルドンテニス2017】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:6043
  • 累計のページビュー:11242751

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss