「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ダフィー KCと5年契約!ロイヤルズ最大の課題を解決!大黒柱キープで今後もWS制覇の希望は続く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニー ダフィーを柱にロイヤルズはこれからも強いティームとして成長し続けられる!

チーフスの敗退ショックを打ち消してくれる嬉しいニュースだ!先日もブログで書いたが、長年に渡りロイヤルズで現役を全うしたい思いを語ってきたダニー ダフィー(28歳)。ついに5年6500万ドル(74億1800万円)の契約延長が決まった!2021年までの契約である。今年は500万ドルだが、来年から1400万➡1525万➡1525万➡1550万ドルという年別の年俸となる。

ダフィーは元々17年シーズン後にFAになる予定だったこともあり、このオフに多くの球団がトレード獲得を画策していた貴重な先発左腕。昨シーズン、ブルペンスタートだったが先発転向した5月15日から怒涛のパフォーマンスを続け8月にはサイヤング賞候補にも挙がる活躍を見せた。

2007年ドラフト3巡目で南カリフォルニアの高校から入団したダフィー。16年シーズンは42試合登板で先発26試合、12勝3敗、防御率3.51。179.2イニングスで188三振。与四球は42。9月に成績を落としたがまさにエースに成長した姿を見せた。ホープの少なかったロイヤルズにおいて数少ない超ポジティヴな出来事であった。

ダフィーはヤンキース、アストロズ等多くの有望マイナーリーガー達を抱える球団が興味を示してきたが、ロイヤルズが絶対に手放してはいけない選手の筆頭だった。まだ先発投手として1年を通してフルに活躍した実績がないが、この点はさほど心配ない。今後は故障さえなければサイヤングに絡むだけの数字を残す可能性のある投手。

先発ローテーションには柱が必要。ダフィーを軸にヴェンチュラ、ケネディはより安定感のある登板が増えるだろう。3人が全て200イニングス超もあり得る。こうなるとティームは確実に強くなる。デイヴィスを失ったブルペンへの負担も軽減されるだろう。MLBを代表するクローザーへと成長しそうなヘレーラがしっかりと締める試合が増える。

投手陣が安定すると野手陣もこのティームの未来により希望が持てる。ダフィーのようにKCに残留したい気持ちが強まることを期待したい。ホズマー、ケイン、ムスターカスといった中心選手が残留することもあるかもしれない。

KCの先発は現時点ではNo.4にヴァルガス、No.5をカーンズ、ヤング、マイナーあたりが争うことになりそう。できれば若手左腕のストラームに入ってもらいたいが。

このオフの大きな動きはこれが最後になるかもしれないロイヤルズ。野手陣の契約延長も期待しているが簡単ではないだろう。

ダフィー残留はロイヤルズの今後数年間にも十分に期待が持てる希望を与えてくれた契約となった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

田澤ルールの撤廃を【プロ野球の魅力を語る】

Duffy"Royals以外のユニフォームあり得ない”何年も続く熱烈KC愛コメンツ。ラジオでKCステイ熱望!KCが選手達の虜となる理由【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

遅ればせながら 新年あけましておめでとうございます【Rayを釣りたくて】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:335
  • 累計のページビュー:11434069

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss