「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ChiefsがSteelersに?頼むから笑わせないでくれ!CBS SportsのPrisco予想 楽しみな月曜

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Prisco’s 2017 NFL Playoffs divisional picks: Falcons, Patriots, Steelers, Packers win」(PriscoのNFLプレイオフ予想。ファルコンズ、ペイトリオッツ、スティーラーズ、パッカーズの勝利)

これがこの記事のタイトル。CBS SportsのPete Priscoが動画付きで予想記事を掲載。この知識に乏しい記者によるレヴェルの低い記事を私は笑いながら読んだ。

“チーフスを私は信じていない。勝負の分かれ目はチーフスのディフェンス vs. スティーラーズのオフェンスの要、ロスリスバーガー、ベル、ブラウン。ドルフィンズ戦で圧倒的な強さを見せたスティーラーズ。チーフスのディフェンスは24位。ランディフェンスは26位。これはベルにとって良いニュース。チーフスはテイクアウェイズ33個とヒューストン筆頭のパスラッシャー陣。一方のスティーラーズ守備陣はラスト8試合でかなり向上。これはチーフスQBスミスにとっては厳しい。大接戦となるだろう。チーフスのヒルのリターンが勝負の分かれ目になりそう。最後はスティーラーズ攻撃陣がチーフスを倒すだろう。ロスリスバーガーの足首は問題ないと見る。”

シーズン序盤の対戦で43-14でホームのスティーラーズがチーフスに勝利していたり、メディアが愛してやまない剛腕&ヴェテランQB、ロスリスバーガーがいるスティーラーズ。地味でロングパスによるビッグプレイズが少ないチーフスには是非負けてもらいたいというのが正直な全米メディアの希望。これをそのまま記事にしているPrisco。

この記事でもわかる通り、この男は全くチーフスを知らないのだ。タイトエンドのケルシーを知らないのか?4試合連続100ydsレセプション等間違いなくダントツでNFLベストのTEがKCにはいる。今年は脳震盪を序盤に経験したスミスは特徴であるランを見せていなかったが、ラスト2~3試合は大事な場面でランを見せ成功している。スミスのランが完全復活している。オフェンスはラスト2試合でも高得点を叩きだしている。

ディフェンスはピータースとベリーのDB陣がどれ程の能力があるのか知らない?パスラッシャーズが前面に出ているが、今年のKCの強みはここではないよ。QBサックの数も正直デンヴァー戦でヒューストンが3つ記録した位であとは例年ほど目立っていない。何より自慢なのはスペシャルティーム。ヒルのリターンは誰にも止められない。スティーラーズのスペシャルティームは弱点の一つ。リターンTDまではいかなくてもかなりのゲインを連発する力がチーフスにはある。

そしてこれは余談と思われるかもしれないがヘッドコーチ、アンディ リードはHDとしてバイウィークの次の試合は16勝2敗でプレイオフでは3勝0敗。時間がたっぷりあれば対策をしっかり立てられる。

前回チーフスがプレイオフでスティーラーズと対戦したのが1993年。ジョー モンタナがQBだったチーフスは27-24で倒した。このシーズンはAFCチャンピオンシップゲイムに進出し@バッファローでビルズと対戦。モンタナが試合中に倒れ交代し敗戦した。この試合、私はバッファローまで行って観戦した。あの極寒の観戦はKCでも経験したことがなかった。

Priscoを当然のように見返す結果になることを信じている。ただ勝つだけでなく楽に勝つことを予想する。そしてペイトリオッツに今年こそ勝つ。

チーフスはKCの誇り。やってくれる!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NFL
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

QBは注目度ダントツもNFLでは辛い理由とは?クレムソン大35年ぶり制覇!大学No.1アメフト選手ワトソン ドラフトは2巡目?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

卓球全日本、みうみまの対戦相手【田端到のヤクルト・スワローズ&五輪研究所】

ワイルドカードプレイオフ・日曜日2試合の感想【パッツ サイクル カープ AND MORE】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10823879

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss