「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ヒル、ケルシー KCオフェンスの爆発力の軸 AFC西相手に10連勝!OAKはカーが今季絶望でKC地区優勝も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイリーク ヒルはランニングバック(RB)?ケルシーは160ヤーズでここ6試合で5度目の100ヤーズ超!この2名でチーフスはスーパーボウル制覇を勝ち取る!

チーフスはついにライヴァルを圧倒する胸のすく勝利を挙げた!スーパーボウルを目指す残りシーズンをどう戦うのか?

NFLはWeek16。明日のマンデイナイトを残すのみとなった。

カンザスシティ チーフスはホームで最大のライヴァル、デンヴァー ブロンコスを今回も圧倒。33-10で勝利し、11勝4敗。プレイオフ進出は決めた。ブロンコスは8勝7敗となりプレイオフ進出はなくなった。前年度スーパーボウル覇者がプレイオフを逃すのは2003年以来となる。

チーフスはこれでAFC西地区の地区内対決で10連勝となった!最後の負けたのは昨年9月のホームでブロンコス戦。AFC西地区は8つある地区の中でも抜きんでた強さを誇る。この中でこれだけ勝ち続けることでその強さが本物であることを改めて世界に示した。ちなみに長年苦しめられてきたライヴァルのブロンコスとの対戦だが、3連勝となり、スウィープは2000年以来となる。

KCは毎週故障者で主力が数名出場できない状態が続きながらこれだけの成績を残せているのがスゴイ。この日は前回のブロンコス戦で3サックスを記録したジャスティン ヒューストンを膝の故障で欠いた。それでもブロンコスのオフェンスをトータル246ヤーズ、10得点に封じ込めた。

チーフスはトータル486ヤーズでブロンコスの倍。ターンノーヴァーでも3-1。ポゼッションでも38分ー22分。全てのスタッツで大差をつけたチーフスだった。

チーフスはワイドレシーヴァー(WR)のタイリーク ヒルがNFL最速を活かしレシーヴにランにリターンにとフル回転で貢献しまくるが、この日はレシーヴなし、ラン6回で95ヤーズ、1タッチダウン(TD)。70ヤーズを駆け抜けるTDは圧巻だった。タイトエンド(TE)のトラヴィス ケルシーは前試合で5試合連続100ヤーズ超は途切れたが、この日は160ヤーズの大あばれ!自陣20ヤードからのパスをレシーヴし80ヤーズを走り抜きTD!スピードもかなりあるTEでありチーフス攻撃における信頼感はとてつもない。

この2名がいれば今後どの相手にも対応できる!どんなディフェンスも怖くない。何せNFLでNo.1のディフェンスを誇るブロンコス相手にも33得点(うち第1Qだけで21点)、トータル486ヤーズと全く問題にしなかったのだから!

AFCのプレイオフピクチャーは2敗のペイトリオッツが第1シード、3敗のレイダースが第2シード。更に地区首位の5敗スティーラーズ、6敗テキサンズが第3、4シード。ワイルドカードがチーフス(第5シード)、5敗ドルフィンズ(第6シード)。

チーフスは最終週となる次週は@チャージャーズ。勝利のチャンスは大きい。第2シード、つまり地区優勝を争うレイダースは@ブロンコス。プレイオフ進出のなくなったブロンコスだが、勝ち越しがかかる試合で全力でレイダースに立ち向かうだろう。そしてMVP候補のデリック カー(QB)がこの日の第3クウォーター(Q)、腓骨骨折してしまった。残りシーズンは全休であろう。ブロンコスにもチャンスはかなりある。仮にレイダースが負けてチーフスが勝てば4敗で並ぶが直接対決でチーフスが上回り地区優勝となる。同時に第2シードでプレイオフの1週目はバイとなり2週目がホーム。ペイトリオッツが勝ち上がってくればAFCチャンピオンシップゲイムは@ペイトリオッツとなる。

日テレG+で今シーズン5回目のチーフス戦生中継。GAORAがNFLから撤退し、チーフス戦はほとんど観られなくなること思っていたら例年よりも多く日本で生中継される嬉しい状況に。プレイオフも楽しみにしている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NFL
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:531
  • 累計のページビュー:11527686

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss