「KC」だよ!「カンザス」ではない!

エンカーナシオン➡インディアンス 喜ばしい!KCには追い風!

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンカーナシオンが加わるインディアンスをロイヤルズは全く恐れない!むしろ大歓迎だ!

ブルージェイズからFAとなっていたエドウィン エンカーナシオン(DH/1塁)がクリーヴランド インディアンスと3年6500万ドル(約76億円)の契約を結んだ。4年目は2000万ドル(23億4500万円)のオプションで500万ドル(5億8600万円)のバイアウトが盛り込まれている。近年流行りのオプトアウト条項は含まれないとのこと。

エンカーナシオンは古巣ブルージェイズから4年8000万ドル(94億円)のオファーを受けたが拒否していた。アスレティックスは2年5000万ドル(58億6000万円)のオファーを出しており2番手だったとのこと。

エンカーナシオンとしては苦虫をかみつぶす思いのインディアンスとの契約となった。ブルージェイズのオファーより良いオファーが得られると信じての拒否だったが、結果年平均の金額こそインディアンスが上回るも4年目2000万ドルを得られないことは実質損をすることになりそうだからだ。

34~36歳の3年間でここ数年と同等の成績を残せるのか。疑わしいと感じている。今年はキャリアハイとなる42本塁打(タイ)と127打点をマーク。33歳にしてピークにいる。一方、元々抜群の選球眼であったが、今年は8年ぶりの三桁の三振を喫した。しかも138と前年までを大きく上回る数字だ。 出塁率は.357と特別高い数字ではない。打率が.263、四球出塁がキャリア最多の87であったもののOPSは4年間続いた9割越えはならなかった。

エンカーナシオンは圧倒的打者(特に右)有利なホームで、しかもMLB史上でも上位に入る超強力パワー打線の中でパワーナンバーを積み重ねてきた。 しかし、インディアンスは右打者の本塁打数が今年は15球団中13位と決して打者有利ではない球場。更に打線はジェイズとは比較にならないリーグ平均レヴェル(打率はAL3位、HRはリーグ10位)。エンカーナシオンの前後の打者に常時サンタナ、ブラントリー(故障回復すれば)あたりが固めらるるかも成否のカギになるだろう。それでもジェイズ時代とは違い相手投手陣が疲弊するようなことが減るのでエンカーナシオンにはより厳しい打席が待っている。

ここ2年はDHが1塁よりも多くなっている。走力は年々衰えてきているように見える。スモールマーケットのインディアンスにとって今回の投資はマイナスになると見る。更にインディアンスは来年のドラフト1巡目指名権を失い、最高でも現時点で全体63位指名。今年のロイヤルズも67位で大物有望株獲得に至らなかった。球団強化にはマイナスだ。

エンカーナシオンにロイヤルズがあまり痛い目にあった記憶がない。更にAL中地区はAL東地区とは違い決して打者有利な地区ではない。ホワイトソックスが唯一打者有利の球場。ロイヤルズ、Twins、タイガースは投手に有利である。特にロイヤルズはMLBで最も外野が広い。エンカーナシオンはこれまで簡単に本塁打になっていた打球がフェンスを越えにくくなることでリズムを掴みづらくなる可能性もある。

ほぼ全てのメディアはインディアンスがエンカーナシオン獲得によりAL中地区での優位性を増しAL連覇も見えてくるような書き方をする。ただ、少なくとも私は同意できない。ロイヤルズは決して不利になってはいないと信じる。

16年は久しぶりに観客動員でMLB最下位を脱し28位となったインディアンス。エンカーナシオンの加入で動員が増えるのか?この点にも注目したい。

インディアンスはロイヤルズには手出しのできないエンカーナシオン獲得。数年前のスウィッシャー&ヒメネスとの大型契約で失敗したが今度はどうなるのか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

エンカーナシオン➡インディアンス 喜ばしい!KCには追い風!

むしろ打線は去年の時点でインディアンス>>>ブルージェイズですよ
バティスタとエンカルナシオン、ソーンダースがFAになったことを考えれば、差はもっと開くでしょう
ブラントリーとゴームズの復帰に、ネークイン・Aミラーが開幕からいることを考えると地区優勝はインディアンスで間違いないと思っています

「エンカーナシオン➡インディアンス 喜ばしい!KCには追い風!」へのコメント

インディアンズの得点力はリーグ2位なので、平均レベルではないです。ブルージェイズより上ですね打線は。

二遊間が他チームより打てるので強打者不在でも見た目以上の得点力がありますね。

ナポリが抜けて、ブラントリー復帰して、エンカルナシオン加入だから、リーグ最強クラスの打線になったと考えるべきでは?

エンカーナシオン➡インディアンス 喜ばしい!KCには追い風!

そろそろKCにもリンドーアのような真に核になる選手が欲しいところですね

こんな記事も読みたい

誠也が巣立つ日【青木寝具店のブログ。】

FAホセ バウティスタには地獄のオフ!36歳でクオリファイングオファー拒否 過去の振る舞いでO'sファン達の拒絶も!ジェイズ残留以外ない!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

上原、カブスへ(記事紹介編)【Koji's Classroom】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:14173
  • 累計のページビュー:8327443

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?
  10. 錦織圭をメンフィスが熱烈に愛する 米選手以上に錦織を応援する理由とは!?大会価値をこの男が維持してくれる!

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss