「KC」だよ!「カンザス」ではない!

FAホセ バウティスタには地獄のオフ!36歳でクオリファイングオファー拒否 過去の振る舞いでO'sファン達の拒絶も!ジェイズ残留以外ない!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

36歳下り坂の大物FAにとってクオリファイングオファー(QO)は地獄!?

新労使協定が先日合意に達し、来オフからFAを控える選手へのQOは1選手につき1度までとなった。それにしてもこのQO制度は特定の選手にとってはとてつもなく辛い結果を招く。

毎年上昇しているFA資格を持つ選手への所属球団からオファーされるQOは今オフはついに1720万ドル(約20億3000万円)になった。昨オフには初めてQOをアクセプトする選手が登場(計3名)。金額がそれだけ高くなると拒否できずに受け入れを選択することもあるだろう。

このオフは1人の大物FAに注目している。それがホセ バウティスタ(ブルージェイズからFA)。何故か?

バウティスタは誰もが認める大物パワーヒッティング外野手。昨年は35歳ながら打率.250、HR40本、打点114、四球が三振数を上回る110。出塁率が.377でOPSは.913。昨年オフにFAなら3年750万ドル(約88億円)あたりの大型契約を得られただろう。

しかし、36歳になったバウティスタは故障もあり、出場は116試合に留まり打率.234, HR22、打点69と数字を落とした。守備面でのミスも目立つようになって来シーズンからはDHでの出場がメインになりそうである。

そんなバウティスタに対し、ブルージェイズは迷うことなくQOを出した。その時点で現在のバウティスタの苦戦は目に見えていた。

29歳シーズンで前年度までの地味で平凡な選手からいきなり54本塁打を放つ大物に変身した。そのシーズン後に5年6500万ドル(約70億円)と後の活躍から思うと超格安の長期契約を結んでしまったバウティスタ。その後は年平均37本塁打とまさに超エリート打者であり続けた。遅咲きのバウティスタは他のエリートパワーヒッター達同様の超大型契約を一度は結びたい野望を持ってここまできたが、FAになるシーズンが36歳。しかもヴァリューも急降下している。

QOを受け入れても良いのだろう。しかしバウティスタは自身のヴァリューはまだ高く1720万ドルを上回る年平均2000万ドル以上の複数年契約をオファーする球団が現れると期待してQOを拒否した。

現実はやはり厳しい。QO拒否選手をジェイズ以外が獲得する場合、17年のドラフト1巡目指名権をはく奪される(ドラフト上位10球団は2巡目指名権はく奪)。36歳の下り坂で守備力も低い選手を獲得することでドラフト1巡目指名権を失うことにはほとんどの球団が抵抗を示す。ドラフト1巡目をキープできる16年の成績が下位10球団が獲得に動く?でもNL球団はバウティスタの守備を考えまず獲得には動かないのではないか。ALの4球団だが、エンジェルスにはプーホールズがDHいる、レイズ、A’s、Twinsはリビルディング中で大物ヴェテランを獲得する意味がない。残り20球団は?

何度か不思議に名前が上がるロイヤルズは年俸総額を抑える立場であり得ない。ジェイズ以外で最もバウティスタがフィットすると予想される球団が1つある。オリオールズだ。

しかし、オリオールズがバウティスタを獲得することはないとGMのデュケットは断言する。その理由が話題を呼んだ。ファン達がバウティスタを嫌っている為とのこと。特に14年にオリオールズで苦しんでいたルール5投手相手に打席で背中を通る球を投げられカッときたバウティスタが本塁打を放った際に投手を睨み付け散歩するようにゆっくりベースを回ったことでO’s選手達が激怒。バウティスタとアダム ジョーンズは口頭でやりあった。

仮にこのオフ契約が決まらずにバウティスタのプライスがかなり落ちてきた場合でもバウティスタ獲得へは動かないのかと記者に質問されたデュケットは“まずはファン達に訊いてみる”と答え笑いを誘った。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

上原、カブスへ(記事紹介編)【Koji's Classroom】

上原、カブスへ(時系列編)【Koji's Classroom】

カブスのエプスタイン、K/BB歴代1位の上原を獲得する【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:30018
  • 累計のページビュー:10443772

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss