「KC」だよ!「カンザス」ではない!

アストロズがロイヤルズとトレード希望!ダフィー、ヴェンチュラに興味 KCの希望満たせば成立可能!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロイヤルズはアストロズの要望に応じることが可能!?

MLB Romorsの Mark Polishukが日本時間の12日11時24分に最新記事を掲載。内容はアストロズがロイヤルズの2人の先発投手、ダニー ダフィー、ヨーダーノ ヴェンチュラに興味を示しているというもの。

アストロズは以前からホセ キンタナ(ホワイトソックス左腕)、クリス アーチャー(レイズ右腕)、ジェイク オドリッジ(レイズ右腕)といった他球団先発投手をトレードで獲得し先発ローテーションをアップグレイドしたいとのこと。

アストロズはマイナーリーグに多くの有望株を抱えており、トレードで交換要員に使える若手が多い。これら若手の他に現在のローテーション投手を交換要員に使うこともあり得るという報道もある。

コリン マクヒューとマイク フライヤーズという2名の先発右腕が候補。

ロイヤルズファンとしてどう思うか。

ダフィーに関しては放出はあり得ない。17年に優勝を狙う上で左腕エースを失うことはあってはならない。本人もロイヤルズに骨をうずめさせてほしいとまでメディアを通じて語っている程にロイヤルズ愛が凄まじい。

ヴェンチュラは2021年までキープ(20、21年は球団オプションにより)可能。今後5年間で4325万ドル(約46億円)で済むのは魅力だろう。その剛速球からも素材は抜群。しかし、フィールド内でトラブルを起こすことで有名。調子にも波があり、16年は防御率4.54に終わった。前半のコントロールの悪さは尋常ではなかった。

よってヴェンチュラなら放出しても問題ない。ただし交換に誰をアストロズが差し出すかによる。

ズバリKCが欲しいのはジョセフ マスグローヴか?あるいはコリン マクヒューだ。

マスグローヴは2016年シーズン前の有望株83位。24歳で194cm、120㎏の堂々たる体格。平均直球の球速は149キロ程度とほぼ平均レヴェルだが、スピンレイトが2349と抜群で終速が速い。今年はメジャーでは10試合先発で4勝4敗防御率4.06。コントロールもまずまずで素材は素晴らしい。

マクヒューは29歳だが実質の(フルタイムでの)メジャー経験はまだ3年だけ。2019年まで球団がキープできる選手。2014年は154イニングスながら11勝9敗、防御率2.73、WHIP1.02で新人王投票で4位だった。2015年は19勝7敗、防御率3.89でサイヤング投票8位。今年は13勝10敗、防御率4.34。防御率は年々悪くなっているがマクヒューのコントロールは素晴らしいし奪三振率が高い。打者天国のアストロズのミニットメイドパークであり防御率が悪いのは仕方ない。投手有利のカフマンスタジアムで自慢の守備陣がバックにいればスタッツは改善されるだろう。

素材はヴェンチュラ、クオリティーはマクヒュー。ロイヤルズとしてはむしろ先発ローテーションがアップグレイドできると見るべきかもしれない。

ファイヤーズはいらない。マイナー有望株であればアストロズNo.1の先発右腕フランシス マーテス、No.4の先発右腕デイヴィッド ポーリーノであれば受けて良いだろう。マーテスもポーリーノも来シーズンにメジャーリーグレヴェルで貢献できる可能性がある逸材。

ロイヤルズも17年にワールドシリーズ制覇を見据えている。そんな中ペイロールをカットする目的と18年以降にも戦力を保持する目的でトレイドに応じる可能性もある。今後動きがあるのか注目している。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

MLB新ルールはトランプ対策?意図がなかなかよめない新労使協定【spoloveブログ】

Taijuan Walkerの来年を考えてみる【Rayを釣りたくて】

ウェイド デイヴィスがKCを去る!トレイドでカブスへ!ソレアはKCでついに大成する!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7840913

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?
  10. 錦織圭をメンフィスが熱烈に愛する 米選手以上に錦織を応援する理由とは!?大会価値をこの男が維持してくれる!

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss