「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ESPNとの勝負に圧勝!Raidersに連勝でChiefsが地区1位!KCを低評価してきたESPNは下を向く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライヴァルのRaidersに5連勝したことより、3敗を守りAFC西地区1位浮上より、散々バカにされてきたESPNを見返したことがChiefsの誇りである!

全米が大注目していたAFC全体で1位Raiders @ 3位ChiefsによるThursday Night Football(TNF)。同地区で星1つ差の対決で既に@Oaklandで勝利している為Chiefsは勝てば地区1位に躍り出る。日本では日テレG+が3試合目のChiefs戦生中継。

そんな大一番は気温マイナス6度のカンザスシティで行われた。第2Qに21点を挙げたChiefsが3つのターンオーヴァーズ(Raidersはゼロ)にも関わらずディフェンスがMVP候補のRaiders QB,デリック カーをわずかパス41回で17成功、トータル114ヤーズ、TDはゼロと封じ込めた。

44年ぶりとなるターンオーヴァーで3つリードされながらの勝利となったChiefs。この日もTEのトラヴィス ケルシーがタイ記録となる4試合連続レシーヴの100ヤーズ超。WRタイリーク ヒルはまたもパントリターンTD、そしてレシーヴィングTDと大車輪の活躍!計9つ目のタッチダウン数となった。QBアレックス スミスはパス26回中17本成功、264ヤーズ、1TD(1インターセプション)。ロングパスが珍しく2本決まったことも大きかった。

スタッツではターンオーヴァー以外ではChiefsがほぼ圧倒していたが、第2Q以外は無得点とNFLでもトップレヴェルのRaiders守備に苦戦した。特に全米でも1,2を争うエリートDEカリル マックの猛ラッシュは凄まじい。8試合連続サックを記録する等プレッシャーにKCオフェンスは押されまくった。

この勝利で10勝3敗となったChiefs。地区内は4勝0敗で地区優勝に関してはかなり手ごたえがある。あとは2敗のPatriotsとの第1シード争いだが3敗で並べばCommon games(KCとNEが今シーズン戦っている同じ相手との試合。Steelers, Texans, Jets, Broncos)の勝敗でNEが上回るのでPatriotsがプレイオフ第1シード。Patriotsは第15週の@Broncos、第17週の@Dolphinsというタフな試合も残っており、できればあと2敗してもらいたいのだが...もちろんChiefsも残り3試合全く油断できない。@Chargersやホームとはいえ、手強いBroncos戦、Titans戦が控えている。

今シーズンもESPNはChiefsをこれでもかと低評価し続けてきた。前週終了時のパワーランキングスでは3敗のChiefsを7位に、5敗のSteelersを5位、5敗のRavensを6位とChiefsより上にランク付けした。ちなみにCBSは4位、他も4位か5位であった。

ESPNはスーパースタクラスのQB、または派手でも地味でもスーパーボウル制覇経験のあるQBを擁するteamsこそ評価に値するという立ち位置を一切変えない。ランキングスに関わる80名にもこの信念が貫かれている。

QBの爆発的パスオフェンスがあってこそ高いティーム力を有するとの判断でChiefsの勝利はギリギリが多くこれらの大半はラッキーな勝利だと判断。よってどんなに勝利を積み重ねようがChiefsは強くないティームとの位置づけになる。

ESPNの記事にはとてつもない数のChiefsファンを中心としたNFLファンから激しい批判が相次いできた。これにESPNも意地になって対抗してきた。

KCエリア以外のメディアからもChiefsの強さを語る記事が増えてきていて、多くの他teamsの上層部やヴェテラン選手達がNFLで最も勝つことが難しいのはPatriotsではなくChiefsだとの意見が出ている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NFL
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

WEEK13終了後の自己流パワーランキング【パッツ サイクル カープ AND MORE】

内弁慶を褒めよ【スポーツ えっせい】

開幕直前!クラブW杯の地上波放送に”異変”あり【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11398526

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss