「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ウェイド デイヴィスがKCを去る!トレイドでカブスへ!ソレアはKCでついに大成する!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに起こってしまった...ウェイド デイヴィスがロイヤルズからトレイドされてしまった。

ウィンターミーティングの期間中にトレイドがない可能性をほのめかしていたGMのデイトン ムーアだが、噂通りデイヴィスがカブスへトレイド。交換にパワーヒッティング外野手のホルへ ソレアをKCは獲得した。

ウェイド デイヴィスがここまでの存在になったことはロイヤルズにとってまさにミラクルストーリーと言える。2012年オフにロイヤルズは勝負に出た。その年のMinor League Player of the Year(マイナーリーグ最優秀選手)で有望株リストで全米4位だった超有望株のウィル マイヤーズ外野手、有望株先発右腕のジェイク オドリッジ、有望株左腕のマイク モントゴメリー等4選手をレイズにトレイド放出し、エリート先発右腕のジェイムズ シールズと先発右腕のウェイド デイヴィス等3名を見返りに獲得した。

デイヴィスはKCのNo.4先発として2013年を送ったのだが、シールズがエースとして核として活躍したのに対して酷い内容だった。ファンからも信頼を得られずブーイングをかなり浴びていた。シーズン終盤にレイズ時代成功したブルペンに回った。2014年はセットアッパーとしてスタートしたが最初のリリーフに大失敗し、またも激しいブーイングを浴びることとなった。しかし、その後デイヴィスは急激に圧巻のパフォーマンスの連続となり、セットアッパーながら最高のリリーフ投手という評価を得ることとなった。

2015年もクローザーのホランドへ繋ぐセットアッパーとしてスタートしたが、ホランドが故障しクローザーに定着。この年は前年を更に上回る制圧ぶりで2年連続で最高のリリーヴァーというポジションをキープした。

シールズのおまけ的存在だったデイヴィスが世界最高のリリーヴァーとして脚光を浴び続けてきたのだ。世の中何が起こるかわからない(笑)

そんなデイヴィスも今回はついにトレイドされてしまった。彼のロイヤルズでの貢献度はハンパではない。ありがとうの言葉しかない!

さてロイヤルズに来ることになったソレアだが、素材はとんでもないスケールである。2011年にキューバから亡命。9年3000万ドルの契約をカブスと結んだ。17年は367万ドル、18~20年は毎年467万ドルである。ただし18年オフに残りの契約を破棄し通常のサラリーアービトレイションへ切り替えることを選択できる。

192cmの右打ち超パワーヒッター。スウィングスピードがあり当たれば飛ぶ。マイナーリーグ時代が素晴らしかった。2014年は236打席ながら打率.340,15本塁打、57打点,出塁率.432。有望株ランキングは2015年開幕前は全体12位であった。

ソレアはポテンシャルはハンパでないものの故障が多い。そしてマイナー時代は抜群の選球眼で出塁率が高かったのだが、メジャーでは三振の多さがあまりにも多くなった。15年は404打席で121三振、32四球だった。16年は264打席で三振66、四球31と改善されてきていることは光明である。打率こそ前半に.200前後と苦しんだ16年だったが、後半持ち直し打率は.233。それでも出塁率は.333であった。

16年は足首やわき腹の故障で約2ヶ月戦列を離れた。故障がちなのが気になる。守備は良くて平均。肩は抜群に強いが守備範囲は広くない。スピードがないわけではないが盗塁はほとんどしない。メジャーでは4回成功(失敗1)、マイナーでは21回成功(失敗4)と成功率は高い。

ロイヤルズとしては今後のトレイド次第ではあるが、ソレアは故障の問題もあり半分DHとして考えているだろう。守備につく時は他のレギュラー陣(特にムスターカス)にDHをローテイトさせるのではないか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

各チームの運について遊んでみた【Rayを釣りたくて】

SaleトレイドでRed Soxへ White Soxは失敗トレイドになる!?KCは主力キープで勝負せよ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WBC次回で”打ち切り消滅”報道に思うこと【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7840913

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?
  10. 錦織圭をメンフィスが熱烈に愛する 米選手以上に錦織を応援する理由とは!?大会価値をこの男が維持してくれる!

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss