「KC」だよ!「カンザス」ではない!

NFL新2ポイントコンヴァージョンルールに大感謝!KCチーフス ベリーの逆転ピックでタフな@ファルコンズに1点差勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

これ程までにルールチェンジに感謝したことは過去にないかもしれない!

NFLは第13週に入り、NFCは全米人気No.1のアメリカ’ズ ティーム、ダラス カウボーイズが1敗を堅持。AFCは2敗でニューイングランド ペイトリオッツとオークランド レイダースが現時点ではトップ。3敗で追うカンザスシティ チーフスは前週の@デンヴァー ブロンコスに続く超強豪を敵地で撃破を目指しアトランタ ファルコンズとジョージアドームで激突した!

チーフスは2011年以来最長となる計128ヤーズのペナルティーに苦しみながらも自陣45ヤーズからフェイクパントの成功(55ヤードTD)やベリーの2つの大事な局面でのインターセプションにより29-28で勝利した!2週間前にホームでまさかの敗戦を喫したショックを引きずることなくタフな2つのアウェイ試合を連勝したのだ!チーフスはラスト20試合で17勝3敗。

ファルコンズと言えば昨年は予想外の8勝8敗に終わったが、安定感抜群でスピーディーなパス&ランオフェンスが武器。ここをいかに封じるかがチーフス守備陣に与えられた課題だった。

しかし、ファルコンズのオフェンスでスタートした試合はいきなりファルコンズが10プレイズ、81ヤーズでランニングバック(RB)フリーマンのラッシングタッチダウン。4分58秒でチーフスは7点のビハインドというスタートとなった。

チーフスは続くドライヴでわずか4プレイズで72ヤーズを前進させ最後はRBウェアーへの3ヤードランでタッチダウン。しかしキッカー(K)、サントスのエクストラポイント(ポイント アフター タッチダウン)がブロックされ6点止まりとなった。6-7。

2つのフィールドゴール(FG)を決められ6-13となる。

チーフスは次のドライヴで自陣8ヤーズの地点から6分20秒をかけ11プレイズ、92ヤーズ前進。最後はスミス➡ウェアーの3ヤードパスでTD。エクストラポイントも決まり13-13の同点とした。

前半の終盤でチーフスのNo.1プレイヤーであるストロングセイフティー(SS)のベリーがファルコンズ攻撃でQBライアンから放たれたパスをインターセプト!37ヤーズをリターンしTD!20-13とする。

残り2秒でファルコンズはKのブライアントが59ヤーズのFGを決め20-16で前半終了。

後半に入りチーフスはいきなりのビッグプレイを見せつける。チーフスの攻撃で始まった最初のドライヴ。自陣55ヤーズ地点で4thダウン&2ヤーズとなったがチーフスはスミスをステイさせ4thダウンギャンブルの態勢を取る。ここで慌てたファルコンズがタイムアウト。

そして今度はチーフスはパントフォーメイションを敷く。てっきりパントかと思いきやスナップされたボールは斜め後方のWRウィルソンに。ウィルソンはいきなり抜け出し独走タッチダウン!27-16とする。

第4Qに入り、ファルコンズはRBフリーマンのタッチダウン(2Pコンヴァージョン失敗)で22-27。更にファルコンズは残り4分32秒でライアン➡ロビンソンのパスで28-27と逆転。ここで2ポイントコンヴァージョンで3点差を狙ったファルコンズ。

ライアンはゴール左隅のタイトエンドを狙ったパスを放つ。ここで再びベリーがインターセプト!そのまま99ヤーズを走り抜き2点!チーフスが29-28とした!

元々2ポイントコンヴァージョンからのディフェンスによるスコアリングタッチダウンはカレッジで採用(1988年~)されていたがNFLではなかった。これが昨シーズンから採用された。チーフスはこのルールでこの試合1点差の逆転にこぎつけたのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NFL
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大人になってから種目を転向するのは難しいけど夢がある【Armar know Jack Bigwild】

2週連続で終わり良ければすべてよし、の巻【NFL 特攻野郎Bチーム 】

WEEK12終了後の自己流パワーランキング【パッツ サイクル カープ AND MORE】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:5461
  • 累計のページビュー:9668772

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  9. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss