「KC」だよ!「カンザス」ではない!

錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

このエントリーをはてなブックマークに追加

興奮と心臓のバクバクが最高潮に達した!実力でもぎ取った執念の勝利だった!松岡修造はおそらく実況席で転げまわる寸前までいっただろう。

錦織圭(第6シード)は現時点で世界No.1の力があると言われるアンディ マレー(第2シード)とのUSオープン準々決勝をフルセットの末下した!

第1セットはリオ五輪の負けをそのまま引きずるような1-6のスコアで落とす厳しい展開。しかし、第2セットで最初にブレイクされた後すぐにブレイクバックした!これが始まりだった。5-4で迎えた第10ゲイムでワンチャンスを逃さなかった!ここでブレイクし第2セットを取り返した!

第3セットは錦織が押していたが、マレーが粘りこのセットを奪われてしまう。しかし、第4セットで2つブレイクし6-1でモノにしたことで流れが錦織にきた。第5セットの最初のゲイムをブレイクしたのだが、これは2月のデヴィスカップと同じ展開。

苦しかった。4-3で迎えた第10ゲイム。40-0までいきながらブレイクバックされてしまう。最も痛かったのが40-30からサーヴ&ヴォレーに出た際、ネットで比較的簡単なヴォレーをネットしてしまう。このままズルズルいってしまった。30-0の時点で録画を開始したのだが、これは私の心に油断があったことの表れ。私のこの行為が錦織を窮地においやったと反省し、すぐに録画をストップした。

錦織はその後もマレーの圧力に屈することなく必死でくらいつく。苦しんでいたサーヴィスゲイムだったが、第9ゲイムはポイントを与えずにキープ。第11ゲイムは先行される苦しい中キープ。ついに第12ゲイムで15-40とダブルマッチポイントを握り最後は強気のストロークで押し切った!

マッチポイントになっても録画する勇気は持てなかった。また逆転されてしまっては元も子もない。試合が終わってから録画したが、錦織勝利の為だから良いだろう。

絶好調だったマレーのサーヴは錦織には通用しなかった!何と9回もブレイクした錦織(マレーも8回)。スタッツを見ても全てのエリアでマレーを圧倒。それだけ錦織がマレーを押していた証拠だ。 ネットプレイも積極的に敢行した。39回出て27の成功で69%。マレーは25回出て14成功(56%)。サーヴ力でかなり劣る錦織がマレーを上回る積極的テニスを展開したのだ。そしてマレーを走らせていた。走行距離でもマレーが錦織よりもかなり長かった。

錦織は最大の難関を突破した。しかし、彼の目指すところはこれから先にある。次の準決勝の相手はこの後のナイトセッション、デルポトロ×ワウリンカの勝者。 どちらもビッグネイムだ。しかし、今の錦織のテニスができる限り錦織は勝つテニスができる。

デルポトロは大復活を成し遂げる寸前まで来ている。オリンピックでジョコヴィッチを初戦で倒し銀メダルを獲得。マレーとの決勝も接戦だった。錦織は最後に対戦したのは2012年。0勝4敗で当時は錦織が最も苦手とする相手だったが、今はもちろん状況が全く違う。

ワウリンカは今年もマスターズ1000で勝利しているし、2年前のUSオープンの激戦にも勝利している。

松岡修造にとって解説者としては今日のマレー戦は最高の試合だろうし日本中のテニスファンにとっても修造解説による世紀の大勝利を目にすることは悲願の1つだった。あとは錦織初優勝を修造解説で!と気の早いことを言うのはやめておく。まずは次の試合だ!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

キャサリン・ベリスで思い出すメラニー・ウダンの活躍を振り返る【女子テニスも熱い】

全米オープン(女子)9日目【女子テニスも熱い】

小ネタ~呪いはモンフィス様だけではなかった!?~【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:335
  • 累計のページビュー:11434069

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss