「KC」だよ!「カンザス」ではない!

桃田賢斗 スーパーシリーズファイナルズ初制覇!日本人男女が単制覇!バトミントン王国形成へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

桃田賢斗が奥原希望に続いた日本バトミントン界史上最大の偉業が達成された日となった

桃田は現在世界5位の21歳。このトッププレイヤーのみが出場するSuper Series Finalsにおいて奥原同様5試合全勝で優勝

決勝では同世代ライヴァル、アクセルセンから21-15 21-12で勝利

今回の大会は日本バトミントン界にとって世界で日本選手が単複共に頂点を狙うポジションを獲得することを予感させる大会となったのではないか。

数年前には考えられなかった。中国勢、マレーシア勢が本当に強かった時代が続いていた印象が強かったから。

テニス界では錦織圭が世界のトップレヴェルで戦っているが、バトミントン界にとって明るい点は層の厚さだろう。テニスは錦織1人で若手にも将来頂点を狙える逸材は今のところいない。出てきてくれることを願うが...

オリンピックを来年に控え楽しみが更に増えてきた!

高松ペアも含め楽しみな日本バトミントン界だ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ全般
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

奥原希望 全て格上相手をなぎ倒しスーパーシリーズファイナルズを初制覇!五輪金メダルが夢ではなくなった!桃田も第1ゲームとる!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

2015年11月度 レスリング谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

福岡国際マラソンを終えて、川内選手にまだチャンスありと思う訳【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

「その背中は子供たちの夢となる」障がい者バドミントン 小倉理恵さん【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

“Conflict creates creativity” by Eddie Jones【日本のスポーツを元気に!!!】

スポーツ・ホスピタリティ 番外編【ぶんきち日記】

祝!リオ五輪7人制ラグビー男女アベック出場決定【スポーツ えっせい】

バドミントン部・全日本学生バドミントン選手権大会個人戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:14142
  • 累計のページビュー:9117073

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss