「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ホズマー ロイヤルズ残留の可能性高まる?パドレスが反ホズマーをフロントに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかまさかのミラクル残留劇は実現する!?

エリック ホズマーは現在FA。カンザスシティ ロイヤルズはMLBの中でも最も資金力の少ない球団の1つであり、これまで最大のFA契約は15年オフにアレックス ゴードンと結んだ4年7200万ドル(約80億円)。数少ない1億ドル超の契約を結んだことのない球団ということもありホズマーはほぼ間違いなく残留させられないと言われていた。

しかしロイヤルズはホズマーの存在はリビルディング期間においても若手への見本として必要と見て数日前に7年1億4700万ドル(役164億円)をオファーしたと見られている。しかしその数日前にサンディエゴ パドレスが7年1億4000万ドル(約156億円)のオファーを掲示したと言われている。

パドレスはこの先数年間若手が伸びて優勝争いもあると見られている球団。17年1塁手として活躍したウィル マイヤーズ(元ロイヤルズ)はホズマーが来るなら外野に戻っても良いと述べている。投手有利のペトコパークが本拠地とはいえMLBで最も打者に不利とされるロイヤルズのカフマンスタジアムよりは良い打撃スタッツを残せるという見方もあり、メディアはロイヤルズ有利もパドレスは強力なライヴァルという捉え方をしている。

そんなパドレスがFan Graphsのデイヴィッド キャメロン(私もブログで彼について書いたことがある)を「Research and Development department」という部門強化の為に採用した。

キャメロンはホズマーを評価しない内容の発言をこれまで記事やヴィデオでしてきた“反ホズマー”として知られる。

彼は自身の記事“18年FA選手の地雷ランキング”でホズマーをNo.1に挙げている。

キャメロンいわくホズマーは“キャリアで見ると打撃優先のポジションである1塁手ながら平均より少し上程度の打撃スタッツである”、“ゴロが多い”、“セイバーメトリクスにおいて守備範囲が狭い”(これは大いなる間違いであることをKC以外のメディアは知らないのだが)と述べる。4年8000万ドル(約89億円)程度なら良い契約になるかもしれないがそれを超える年数になると下降線を辿ることになるだろうしオーヴァーペイとなるとの意見だ。 私も本音は5年以上の契約は嫌いだしどの選手に対しても5年以上の契約を賛美することはないが、ホズマーの能力に関してのキャメロンの評価は〇〇の一つ覚えのようなKCの試合をろくに観ずセイバーメトリクスの数字のみを追っている人の典型的主張(笑)である。ホズマーは1塁手としてはNo.1であり、またそのリーダーシップを含むクラブハウスでの存在感がロイヤルズを支えてきた。だからロイヤルズはホズマーだけは何が何でも残留させたいのだ。

キャメロンのパドレスでの業務は来週からということもあり直接ホズマーの獲得に彼の採用が影響することはないかもしれない。しかし、後々のことを考えるとパドレスにとってホズマーとキャメロンが同じ組織で共に戦うことは良くないと見ても不思議ではない。

ホズマー獲得は選手の総年俸を抑えたいロイヤルズにとって様々な困難を生む。既にソリアやアレクサンダーをトレイドに出して目標とする総年俸を削る、若手有望株をマイナーにストックするという動きを見せているロイヤルズ。リビルディングの期間は短くしたい。ホズマーの残留で2年後にはまた優勝争いに戻ることができると見る。

なかなか大物FAの所属先が決まらないこのオフだが、まずホズマーのKC残留の一報を聞きたいと願う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブログ引越しのお知らせ【MLB記録navi】

ひっこしのご案内【Koji's Classroom】

超痛快!大谷翔平の移籍劇。【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11522211

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss