「KC」だよ!「カンザス」ではない!

箱根駅伝’18 大手町で愕然 応援団のハシゴ! 波乱続出往路を東洋がほぼ完勝!青学総合4連覇濃厚!

このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根駅伝の面白さを見せつけてくれた往路だった!東洋大学の底力をまざまざと見せつけられるレース。復路で青学が逆転し総合4連覇は濃厚と見る。そして今年も早朝から大手町に駆けつけたがガクゼンとする光景を見ることとなってしまった…

1区西山から一度も1位を譲らなかった東洋大学は5区で93秒詰められたが見事な往路優勝だった。

西山は高校時代から有名な大物1年生。そして入学後間違いなくこの学年No.1の座をこの箱根で確実なものにした。圧巻の1区の区間賞であった。

東洋の2区相澤も最後スローダウンしたとはいえ、鈴木健吾との差を引き離す完璧な走り。3区山本はついに3大駅伝初の区間賞を獲得。4区1年生吉川も区間賞に1秒差の2位。完璧な4区間の走りだった。しかし、5区1年生の田中は区間1桁となる9位でまずまずだったのかもしれないが2位青学に93秒差を縮められ36秒差での優勝となったのは悔しさが残るだろう。

復路に関しては青学は6区小野田、8区は(9区もあり得ると思う)下田が変更で入ることで青学の逆転は濃厚だろう。

楽しみだった順大だったが、1区栃木、2区塩尻共に区間10位。特に塩尻は明らかにブレーキとなり秒差を広げられる走りとなってしまったのが残念。しかし昨年区間5位で2年連続山登りの山田が区間4位、7人抜きの快走で往路8位フィニッシュ。山田は順大の救世主と言える働きぶりだ。

あまりにも大きな波乱が2つ。

青学と並ぶ優勝候補の東海が關が11月の疲労骨折から復調できなかったのかエントリー変更で三上が1区に。西山から32秒差でタスキとなった。2区阪口は区間7位。期待の3区鬼塚は山本から1分12秒差の区間3位。4区、5区が共に12位で往路9位フィニッシュとなった。タイム差も1位東洋から5分40秒。総合優勝はなくなったと言えるだろう。

3強の一角と見られていた全日本優勝の神大が15位に沈んだことも信じられない。5区は3位でタスキリレーだったが荻野が区間20位となり12人に抜かれたことが全てだった。復路で巻き返せし2年連続のシード獲得はなるか!?10位中大から3分46秒差は厳しいだろう。

駒大の13位もまさかだ。2区と5区のブレーキが響いてしまった。ただ中大とは1分43秒差の為、復路で十分シード確保は狙える位置にいる。

法大5区の青木は圧巻の9人抜き区間賞でティームを5位に引き上げる大殊勲。法大は1区土井が区間ん19位、2区のエース坂東が区間14位と苦しいスタートからここまで巻き返したことはミラクルとも言えるだろう。

拓大は良い方の最大のサプライズだろう。往路4位でフィニッシュである!不思議なのは3区間で二けた、残りも区間5位、6位と目立った走りは誰もしていない中この結果を得た点。亜大監督時代区間賞なしで9区山下による逆転から優勝を成し遂げた岡田監督のマジックなのか!昨年の経験者8名が残る経験、更に20キロを超える距離で強さを発揮するスタミナを身につけている選手達が揃うことも強みだろう。目標の総合5位以内を本気で目指すことになるだろう。

昨年本戦出場を逃した城西も見事!1~3区は大苦戦も4区エース金子が4位、5区服部が7位で総合6位まで引き上げた!シード権を獲得したらすごいことだ。

今年は気合い十分で例年よりやや早めに大手町に到着。気合いの理由が東大。近藤秀一が連合の1区にエントリーされていた。連合の応援エリアはスタート地点から最も近い一等地のエリア。毎年広い範囲に散っている応援場所を走りまくりながらハシゴするのだが、東大の大手町での箱根応援は私にとっては初めてだし、今後2度とない可能性(今年出走がなかったことで来年近藤に再度チャンスあり?)がかなりあるので今年はじっくりと東大応援部のエリアで応援を堪能しようと思っていたのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
駅伝
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今さらですが、桐生選手、公認9秒台おめでとうございます!【スコッチを片手に】

第94回箱根駅伝 展望【ポラリス★スポーツ通信社】

ニューイヤー駅伝(2018年1月1日)OB選手結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

ハッピーニューイヤー、2018!!箱根駅伝区間エントリー!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

第94回箱根駅伝ではどのようなドラマが生まれるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

スケート部・日本学生氷上競技選手権大会3位決定戦対関大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブログ納め2017、箱根駅伝エントリーメンバー!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

第94回箱根駅伝区間エントリー発表~予選会組~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:1676
  • 累計のページビュー:11520914

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss