「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ダルビッシュ伝説のWS第7戦へ!グリエルとの世紀の対決は?滑るボール対策 スライダー以外の精度を上げられるか!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルビッシュが第7戦で伝説を作るチャンスを手に入れた!この世紀の一戦を世界は固唾をのんで待つ!

ダルビッシュ vs. グリエルは最大の注目点の一つ。

こんなに注目される投手 vs. 打者の対決は近年記憶にないかもしれない。第6戦はグリエルへのブーイングが強烈だったが、明日はダルビッシュへの声援がどのようなものになるのか?ブーイングよりはダルを応援する方を優先させるドジャースファン達であろう。でもユーイングはないかな(笑)書き終えた後、すぐにやっぱりブーイングすごくなるだろうと思ったがやはり凄まじかった。第6、7戦は多くの人達が人生最大、またはドジャースタジアム最大のブーイングがグリエルに対し続いたと語った。

マカラ⊸スJr.をドジャース打線が中盤までに捉えられるか?ブルペンに大きな不安のあるアストロズはマカラーズJr.がリードされる展開は極めて危険。ドジャースはダルを援護する意味でも中盤までに1点でもリードする為に最善を尽くす。

ダルビッシュがアストロズ打線へどう対応するのか。滑るボールでスライダーが抜ける点をいかに克服するのか。スライダーをアストロズは完全に捨てて他の球種を狙う前回同様のプランを組んでくるだろう。第3戦では2回途中降板。つるべ打ちにあったが、スライダーが投げにくい今回のボールだけに他の球種でコントロールミスは致命的になる。精度を上げ慎重に投げていくことを心掛けるだろう。

前田健太の登板は?伝説の一戦でダルビッシュとマエケンが共に登板し好投するのは日本の多くのメジャーリーグファン達にとっても期待したいところ。

楽しみな第7戦である!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ダルビッシュ伝説のWS第7戦へ!グリエルとの世紀の対決は?滑るボール対策 スライダー以外の精度を上げられるか!

結局 第3戦と何もかわらなかった。第6戦まであれだけ白熱のシリーズだったのに
2回で ダルが5失点後は お通夜のような試合で回だけが淡々と進行し、
ワールドシリーズ第7戦という 大舞台ではあってはならない 消化試合のような
なんとも しまらない最後だった。

こんな記事も読みたい

戦略なき者は敗れる!ワールドシリーズ、すべてを勝ちにいかないという戦略【MLB 戦いの原理を求めて】

史上最大ブーイング必至!グリエルへの圧力 第7戦ダル先発へWS第6戦56000大観衆は容赦なし!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ワールドシリーズを勝ち抜くための戦略!もはや意味不明のロバーツ監督の継投【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11523542

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss