「KC」だよ!「カンザス」ではない!

田中将大 オプトアウトを掴み取れ!6年契約で獲得狙う5球団は!?ALCS進出で田中の人生激変!

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中将大が自らの右腕で奇跡のオプトアウトへのチャンスを引き寄せる!獲得を本気で狙う5球団はズバリ!

田中のオプトアウトを行使してのFA権取得に関しては全米メディアでもシーズン前から話題になっていた。しかしそれは完全に消滅したかに思われた。

レギュラーシーズンにおいては故障以外では初めて壁にぶつかることになり、178.1イニングス、被安打180、奪三振194、与四死球48、WHIP1.239で13勝12敗、防御率4.74。最大の問題は被本塁打数で35本。狭く本塁打が出やすいヤンキースタジアムで一発を打たれまくったことがこの防御率に繋がった。

田中が今の契約をそのまま継続する場合、2018~20の残り3年で計6700万ドル(約75億円)残っている。田中がオプトアウトを行使するには年数で5年以上、年俸で2200万ドル以上を得なければ意味がないと見るのが普通。よって今シーズンの成績であれば他球団が1億ドル以上を投じる可能性は低い。

しかし、田中は昨年までの3年間でのメジャーでの実績、まだ28歳という年齢、何より素材の素晴らしさという武器がある。他球団もそれらの点で強い魅力は持っている。ただ、防御率4.74の投手に1億ドルを超える投資は結構勇気がいるので、田中に1億~1億3000万ドル以上を投資すべきと思わせる強力な理由が欲しいだろう。

そんな中、田中はレギュラーシーズン最後の試合で15奪三振と圧巻の投球を披露した。そして崖っぷちのティームを救うALDS第3戦の7回無失点のパフォーマンス。この2試合で既に1~3番手を任せられるエリート級先発投手を欲する数球団がピクリと反応しているはずだ。

そしてヤンキース、MLBファン達もTwitterでマー君のオプトアウトについて多くの意見を述べているのが見られる↓

(2回連続先発で好投した田中はオプトアウトでFAになるかな?もしそうなったらヤンキースはサヨナラするのかもしれない)

そしてマー君の力投から始まったミラクル3連勝でヤンキースは5年ぶりにALCSに進出することとなった。これはマー君にとって夢のような状況に違いない。メジャーリーガーとしての夢であるポストシーズンのCSで戦える。それは究極の夢ワールドシリーズ制覇への道である。エイスとしてワールドシリーズ制覇はこれ以上ない快挙だろう。

ALCSであと1、2試合好投を続ければ評価は急騰。オプトアウトすれば4年後以降、おそらく6年後あたりまでメジャーリーグで戦える保証を得られる。ヤンキースはオプトアウトする選手と再契約する球団ではないかもしれないが、田中にとってそれは気にならないだろう。投手にとってはストレスの多いヤンキースタジアムでの登板やAL東地区の他球場での登板が激減するのだ。それよりもっとホームランの出にくいストレスを軽減できる球場を本拠地にする球団を選ぶこともできるだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シーズン終了と今後の予定【Rayを釣りたくて】

下馬評を覆しヤンキース大逆転勝利を掴む。ジラルディ監督の出身大学を調べてみたら、凄かった!【MLB 戦いの原理を求めて】

ストラスバーグ SDSU魂全開で圧巻!レスターまさかの牽制で窮地凌ぐ!NLDS第5戦へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:4394
  • 累計のページビュー:11402919

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss