「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ドラフト 完全ウェーバー(orロテリー)採用は必然?今年ドラフト指名順と指名選手は?1巡目候補達は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラフトは本当にクジ引きが正しいのか?完全ウェーバー方式、またはドラフトロッテリーの採用を真剣に検討すべき時が来ているのかもしれない。

すっかり定着しているNPBのドラフトにおけるクジ引き制度。プロ野球ファンにとっては秋のポストシーズン試合と同等に近い注目度を集める。日本シリーズに残る2球団以外のファン達にとってはもはやドラフトの方がより楽しみだとも言えるかもしれない。

日本のドラフト(野球だけ)をよりドラマティックにすると思われているのが1巡目におけるクジ。確かに超注目選手に複数球団が指名し代表者によるクジ引きにより交渉権を得る球団が決まるのはハラハラドキドキものである。子供の頃から楽しみにしていた。逆指名(名称は変わっていったが)制度が採用されていた時代はこのドラフトの楽しみがなくなってしまい、逆指名制度の採用を強く主張した巨人とそれに追随した球団には激しい怒りを覚えたものだ。

しかしアメリカの3大スポーツ(NHLやMLBサッカーも採用しているが私はあまりチェックしない)のドラフトを夢中になってチェックするようになると、明らかにこのウェーバー方式の方がベターであることを感じざるを得なくなる。

まず全体1位指名を受けることはとても名誉なことであり、もはやその選手にとっては肩書になる。ただし必ずしもベストと評価される選手が全体1位になるとも限らない。それは球団にはそれぞれの補強ポイントがあるし、MLBに関しては契約金の調整の関係で大物大学生でなくやや安く済む高校生を指名する等様々な事情が絡む。現アストロズのスーパースター、カルロス コレアは2012年ドラフトにおいて1番手の評価でなかった(マーク アペルが一番手)がアストロズはアペル側が要求する契約金を懸念しコレア指名を選択し結果大成功に至った。アペルは翌年全体1位指名されたが未だにメジャーに昇格しあていない。

またNBAはドラフトにおいてプレイオフに出られなかった球団(14)によるクジでドラフトの順位上位14指名を決める。ドラフト指名権はトレード可能なので必ずしも14球団とは決まっていないが。レギュラーシーズンで成績が最も悪かった球団から順に高い確率で全体1位を獲得できる仕組みになっている。成績が下から14番目の球団においてはその確率はほぼないに等しい位低くなる。

昨年のドラフトでは最大の目玉である田中(創価大)を実質最強のホークスがクジで獲得した。何故か2番手の佐々木は駆け引きにより外れ1位に回り5球団によるクジでマリーンズが引き当てた。これでは戦力均衡の点でも?だし、佐々木としても正しい(名誉な)ドラフトではなかったはず。ウェーバーなら田中はブレーブスに、佐々木はドラゴンズに入団していただろう。

NPBにおいても完全ウェーバー or ロテリーを含むウェーバー方式を取り入れると同じ1巡目指名された選手達の評価の順番もより見えてきて面白いと思う。

もし今年完全ウェーバーが採用された場合、球団の指名順、また指名される選手はどうなるのか考えてみたい。

①スワローズ ②マリーンズ ➂ドラゴンズ ④ファイターズ ➄ブレーブス ➅ジャイアンツ ➆ベイスターズ ⑧イーグルス ⑨タイガース ⑩ライオンズ ⑪カープ ⑫ホークス

となると球団の補強ポイントや将来的な育成プランを考えてみて上位4球団の指名選手はほぼ決まりなのではないか。

①スワローズ➡清宮幸太郎(早実)

②マリーンズ➡中村奨成(広陵)

➂ドラゴンズ➡安田尚憲(履正社)

④ファイターズ➡田嶋大樹(JR東日本)

1巡目の5番手以降の候補者達は?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NPB
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ドラフト 完全ウェーバー(orロテリー)採用は必然?今年ドラフト指名順と指名選手は?1巡目候補達は?」へのコメント

アメリカとは環境が違い過ぎ、完全ウェーバーにするならFAの短縮、ドラフト1位の譲渡、それもセットで考えるべきだが、それを容認できますか?一部分だけ比較してこっちがいいとは言えない、思う。

「ドラフト 完全ウェーバー(orロテリー)採用は必然?今年ドラフト指名順と指名選手は?1巡目候補達は?」へのコメント

なぜ、ブレーブス⁈

「ドラフト 完全ウェーバー(orロテリー)採用は必然?今年ドラフト指名順と指名選手は?1巡目候補達は?」へのコメント

12球団の二リーグ制で完全ウェーバーにしたら八百長が捗るだろうな

こんな記事も読みたい

2017/10/10(火) 4連勝でフィニッシュ!!【甲子園浜通信】

安藤選手・新井良太選手、お疲れさまです!【不惑を過ぎて惑うおっさんのブログ】

「妄想歓談」久米宏vs秋野暢子【カープファンの構想と妄想】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:1332
  • 累計のページビュー:11523542

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss