「KC」だよ!「カンザス」ではない!

東大の勝ち点を...東大のHR数は衝撃!最下位脱出は超現実的!明治に1つ勝って決められるか!岩見をプロはどう見る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今の東大は間違いなく戦後最強!そのホームラン数は信じられない本数なのだ!最下位脱出はMUSTだ!

観たかった!この瞬間を神宮で見たいとずっと願っていたのだが…今日はジャパンオープンテニスの観戦が決まっていた。その点は無念。

昨日の第1戦は神宮で観戦した。東大は宮台が安定した投球で安心して見ていられた。そんな中打線が大爆発。5回までに13安打8得点。試合を決した。宮台は2失点ながら自責点ゼロの完投勝利で6勝目。法大は苦戦が続くとはいえメンバー達はやはり甲子園で活躍、または野球の強豪校出身がほとんどだ。

法大のエイス、菅野(小高工)から2点、強豪、聖望学園時代はあのセンバツ優勝ティームであった浦和学院相手に夏の埼玉県予選準決勝で好投した長谷川から4点、常葉菊川出身、期待の1年生落合は1死も奪われずに3安打でマウンドから引きずり下ろし、剛腕、熊谷(平塚学園)から1点。まさに高校野球のエリート達を東大打線は完璧に攻略した。

そして今日は東大打線がまたも爆発!初回に適時打の連続でいきなり4点!更に4回裏には2本の本塁打でまたも4点!8-3からリリーフした宮台が4失点で1点差まで詰め寄られたが8-7で振り切ってついに15年ぶりの勝ち点を決めた!この2試合で法大投手陣から計17得点である。

東大の強さは本物である。かつての勝利と大きく違う点がある。今の東大はまさに力と力の対決で勝利を収めるのだ!宮台1人に頼っていたイメージを持たれていた過去の東大とも違う。とにかく打ちまくるのが今の東大。しかもパワフルな長打力を武器にするのだ。秋季リーグ戦の東大の本塁打数は何と7本!楠田と新堀は2本ずつ放っている。

今シーズンの東京六大学の本塁打数をチェックしてみた。11本塁打の慶大がトップ。次が東大と明大の7本ずつ、法大が4本で早大と立大が2本ずつだ。これは衝撃である。

つい数年前まで東大の選手がホームランを打つ姿を見ることはあまり想像できなかった。ベンチ登録されたメンバーでホームランがゼロの選手ばかりだった時期もあった。 山田、楠田、田口というホームランを多く放つ4年生達が抜けた後の東大はスケールがかなり落ちてしまうのかと思われていたが新堀、辻居等下級生からもどんどん本塁打が出ているのを見ると来年以降も思い切りバットをパワフルに振り込む東大を見せ続けてくれそうだ。

これで順位も東大が“指定席”とまで言われ続けた6位を脱出!3勝6敗の東大が2勝5敗の法大を上回り順位が入れ替わった。東大は残りが対明大のみ。法大は早大、立大と残る。東大は目の前の試合を勝利することを目指す。まず明大から1勝を挙げておきたい。

東京六大学はもう一つ大きくなってきた話題がある。それが慶大の岩見のホームラン。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
大学野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年秋季OP戦(立教大×富士大)【北のお部屋】

【硬式野球部】 首都大学秋季リーグ戦 第5週 筑波大戦 2回戦【東海スポーツ】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対日大3回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:596
  • 累計のページビュー:11524867

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss