「KC」だよ!「カンザス」ではない!

動画:Royals FAになる黄金時代の中心4名 最終戦5回表途中4人揃って交代シーン!KCファン達の涙!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにこの時がやってきてしまった!ホズマーが、ムスターカスが、ケインが... 感動のラストゲイムでファン達の涙が止まらない。

試合は負けた。2-14。80勝82敗となってしまい、また負け越しの時代が戻ってきてしまった。しかしそれはどうでもいい。2017年の来週戦。本当はワールドシリーズでこの時を迎えたかったが...

マイク ムスターカス。2007年高校からドラフト全体2位指名でロイヤルズに入団した南カルフォルニア伝説のホームラン打者。

エリック ホズマー。2008年高校からドラフト全体3位指名でロイヤルズに入団。左利き1塁手として最も才能豊かな逸材として期待された。

ローレンゾー ケイン。2004年短大からドラフト17巡目指名でブリュワーズに入団。野球を始めたのが16歳。才能がどんどん開花され2010年、グレインキーとのトレイドでロイヤルズに移籍。

アルシディス エスコバー。ヴェネズエラ出身で守備の達人。スピードも抜群で遊撃の守備を買われブリュワーズのレギュラーに定着後ケインと共に2010年ロイヤルズにトレイド移籍。

ムース&ホズの2人はハンパでない期待をされながらも共に2009年はマイナーでどん底に。しかし2010年一気に大躍進。ムースはマイナーリーグ最優秀選手に選出された。2011年はプレシーズンで有望株ランキングの7位がホズマー、8位がムスターカス、9位がマイヤーズ(ロイヤルズのマイナー有望株だった)であった。ムース&ホズはマイナー時代から親友同士でルームメイツだった。2011年4月にまずホズマーがKC昇格。6月にムスターカスがKC昇格した。

ホズマーはルーキーシーズンから期待に応え大活躍。新人王は惜しくも逃したが素材はダントツ1位と評価された。

エスコバーはブリュワーズ時代既にレギュラーだったので2011年シーズンは開幕からスタメン。以後ずっとレギュラー。全162試合出場を3回達成。2015年はALCSのMVPに輝いた。

ケインは移籍後はマイナーリーガーとしてしばらく過ごす(故障が多かったことも原因)も2012年途中からはKC昇格しレギュラーに。抜群の運動能力から走行守全てで一流と評価され2014年はMVP争いで3位だった。2014年ALCSのMVPに輝く。

ALではダントツに長い低迷期に苦しんでいたロイヤルズに光が射し始めたのは彼らの成長によるところが多い。ペレスも2011年にKC昇格しレギュラーに。ダフィーも2011年KC昇格組。ホランドも実質2011年からKC定着。ヘレーラは2012年からKCでブルペン定着。既にKCでスターとして定着していたゴードン、バトラーという元KCドラフト1巡目に新しいスター候補達が次から次へと加わっていった。

KCでファン達からこれだけ愛されたグループはこれまでもいなかった。それだけスペシャルなグループも2017年には終わりがくる。わかっていたことである。多くのアナリスツは2017年シーズン途中までにはトレイドされ若手有望株を獲得するだろうと信じて疑わなかった。しかしティームが巻き返したことでトレイドがなくなった。そして今回の4名が最後の時を迎えたのだ。

5回表、ティームは2-6と大きく負けていたこともあり、監督のヨーストは4名を同時にイニングの途中に交代させることにした。ロイヤルズファン達に最後のお別れをさせてあげたいとの思いがあった。4名も感謝の意を表せる最後の機会。そのシーンはロイヤルズのTwitterでアップされている↓

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「動画:Royals FAになる黄金時代の中心4名 最終戦5回表途中4人揃って交代シーン!KCファン達の涙!」へのコメント

ドアマットティームに関して全然知らないので教えてください。

非常に感動的な解散式があったと聞きました。

ホズマー、ムスタカス、ケインはKCのレンジ外であることはわかるのですが、1人意味合いが異なるショートが紛れ込んでいました。

KCでも払えるはずですが、そんなに使えないのでしょうか?

来年は収賄逮捕の息子が跡を継ぐのでしょうか?
あわせてご教示いただけますと幸いです。

こんな記事も読みたい

ボット歴代5位浮上で今季終了【MLB記録navi】

ホズマー、ムスターカス、ケイン、エスコバー等 イニング途中交代で観客スタンディングオヴェイション!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ラストに圧巻のピッチングをみせた田中は、ほんとうに給料泥棒なのか【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11433735

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss