「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ホズマー、ムスターカス、ケイン、エスコバー等 イニング途中交代で観客スタンディングオヴェイション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

黄金グループ最後の2試合でロイヤルズ首脳陣による演出が予想通り実施されている。観客席のファン達にお別れのスタンディングオヴェイションの時間を与える為である。

今シーズン161試合目。今シーズンのラスト2試合はロイヤルズ史上最も感傷的な2日間となる。

まず土曜日の演出はスタンディングオヴェイション。大観衆で埋め尽くされるカフマンスタジアムのファン達がオフにFAとなる4名の主力メンバー達に対し観客が感謝の意を表する機会を与えるもの。実際はここ数日休んでいるペレスとスタメンで左翼を守るゴードンを含めたコアメンバー達への感謝を表す目的。

まず5回終了時にホズマーが退いた。最初これは不可解だった。実況の2名の推測では1塁手はダグアウトとの距離が短すぎるから守備の途中に交代させても盛り上がらないからかもしれないとのこと。これではファン達がスタンディングオヴェイションできない(笑)試合後に監督のヨーストは自分のミスであると述べた。ファン達はイニング間での交代でも気付くと思っていたがそうはならなかった。よってムースからはアウト1つとった後に交代させたとのこと。

しかし次からは守備途中の交代が続く。ムスターカス、ケイン、エスコバーがイニング毎に1人1人交代となった。エスコバーの交代シーン↓

試合はルーキー、ジェイク ジュ二スの好投で勝利。ジュ二スは新人投手で単独トップとなる9勝目(3敗)を挙げた。6回裏、1-2とリードされ2死1,2塁の場面でルーキーのホルへ ボニファシオが3ランHRを放ち4-2と逆転。4-3とリードし9回表に登板したマイク マイナーがこの日もしっかりとセイヴを挙げた(6つ目)。またウィット メリフィールドは34個目の盗塁を決めAL単独トップに立っている。

明日の最終戦はペレスの先発するかもしれない。栄光の主力メンバー達がフル出場するだろう。そして明日勝てば81勝81敗となり5年連続5割以上で終えることになる。大事な試合だ。

Dバックスもワイルドカードゲイムに向け3連敗で終えなくないだろう。互いに執念で勝利を目指すKCとARIである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ラストに圧巻のピッチングをみせた田中は、ほんとうに給料泥棒なのか【MLB 戦いの原理を求めて】

田中将大、低めへの変化球が冴え、13勝目【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

アレナド3年連続130打点【MLB記録navi】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:10429
  • 累計のページビュー:11236709

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss