「KC」だよ!「カンザス」ではない!

KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あのトレイドがなければロイヤルズのワールドシリーズ制覇はなかった!

タイガースとの最終戦をエイスのダフィーで1-4と落としたカンザスシティ ロイヤルズ。防御率5点台のダニエル ノリス相手に打線は繋がらずに得点できない今季を象徴する攻撃の甘さが露呈した。これで78勝81敗となり2連連続でシーズン勝ち越しならずである。情けない...

明日から今シーズン最後の3連戦。ホームで既にワイルドカード1番手でプレイオフ進出を決めているDバックスが相手。そして明日29日のDバックス先発投手がロイヤルズ時代サイヤング賞を獲得した元KCエイスのザク グレインキーである。

2006年高校からドラフト1巡目全体6位でロイヤルズに入団。社会不安障害に苦しみマウンドに上がることが困難になった。得意な打撃を活かし野手転向を本気で考えた。バットを抱え寝ていた程だ。一時故郷に帰って野球から離れていたが、ロイヤルズは焦らずに彼の復帰を待った。そして復帰してからは徐々に投手として結果を出していき2009年に16勝8敗、防御率2.16でALサイヤング賞を獲得した。ロイヤルズ史上3人目、4度目の栄冠であった。

グレインキーは低迷が続くロイヤルズのフロントの努力不足に嫌気がさし2010年オフにトレイドにより他球団へ移籍したいと申し出る。2008年に結んだ4年3800万ドルの契約があと2年残っていた。2010年は明らかにやる気がない状態で防御率が4点台になっていたが、この実力から見てかなりお得な契約(残り2年2700万ドル)は他球団にとっては大きな魅力であった。

ナショナルズとのトレイドが流れ、ミルウォーキー ブリュワーズとの交渉に切り替えたロイヤルズ。ここでメジャーデビューして間もないアルシディス エスコバー、メジャー経験が少しあるマイナーリーガーのローレンゾー ケイン、元ドラフト1巡目指名の先発右腕ジェイク オドリッジ(当時1A)、100マイル超の元1巡目指名右腕、ジェレミー ジェフレスの4名との交換でグレインキーとユニエスキー ベタンコート(後にオリックスでプレイ)を放出した。

このトレイドでロイヤルズが最も欲したのはオドリッジ。2012年にレイズからジェイムズ シールズとウェイド デイヴィスを獲得した際にレイズが絶対条件にしたのがオドリッジ。現在はレイズの先発投手である。

ケインがここまでの選手になるとは当初は思っていなかった。ロイヤルズのスカウト陣の眼力は見事だったと思う。エスコバーもゴールドグローヴ賞を獲得する守備でティームに大きく貢献。14年のワールドシリーズ、15年のワールドシリーズ制覇においてもこの2名は欠かせない存在であった。14年のALCS最優秀選手にケイン、15年のALCS最優秀選手にエスコバーが輝いた。

ロイヤルズはグレインキーがトレイド志願しなければ最後までキープした可能性が高い。少なくとも2012年の7月までは放出しなかったはず。あの時の志願がなければケインもエスコバーもKCに来なかったと思うとグレインキーには感謝である。

そんな因縁?の3名が29日に対戦することとなる。元大エイスの凱旋登板、そしてその男によって実現したトレイドでやってきたケイン、エスコバーのロイヤルズとしての最後のシリーズ(FAになるので戻ってこない可能性が高い)。様々な思いが本人達にもあるだろう。

雰囲気はどうなるのか?ちょっとドキドキワクワクの3名の対決となりそうだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!

グレインキーvs.ケイン、エスコバーのトレイドが、
KCワールドシリーズ制覇に至ったどうかは別にして、
結果として選手もティームもWinWinだったトレイドだとは言えるでしょう。
ところで今日の試合は、あのグレインキー相手にケネディでは
とても勝てないと思ってましたが、まさかの僅差の勝利。
新・勝利の方程式ヘレラ・ソリア・マイナーが勝利を呼び込みました。
完全に遅きに失した感ですが。
ヘレラは、やはり7回あたりで投げると安定してますね。

「KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!」へのコメント

開幕時にどんなことをおっしゃられてるか見たところプレシーズンの低評価を覆すだとか高評価のインディアンスより上回ってセイバーメトリクスが間違っていると証明する!と意気込んでましたが証明してしまいましたね(笑)

「KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!」へのコメント

どうして、あのトレードがなければ~って断言出来るのか
ゴードン、エスコバーそんなにOPS低いのか・・・下に替えがいないのか変な契約しているのか

まぁインディアンスのライバルはしばらく語れそうにないねぇ・・・

「KCワールドシリーズ制覇に至った2010年KC⇔MILトレイド!元KCエイス、グレインキーvs.ケイン、エスコバー明日KCラスト激突!」へのコメント

ドアマットティームに関して全然知らないので教えてください。

ゴードンが来期から2000万ドルプレーヤーになると聞きました。

294ー9ー45では到底、年俸に見合っていませんが、よくよく見たところ、294は出塁率で打率は211でした。OPSに至っては613しかなく、控えキャッチャーのような数字でした。

主力がいなくなるため、2018年は3番を任せるのでしょうか?

また、OPSは規定打席到達80人中驚異の80位ですが、79位はエスコバーでした。FAらしいのですが2200万ドルで引き留められそうでしょうか?
あわせてご教示いただけますと幸いです。

こんな記事も読みたい

スタントンの時は話題になったのに【MLB記録navi】

アルトゥーべが史上初の快挙【MLB記録navi】

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:10429
  • 累計のページビュー:11236709

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss