「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

FAを控える選手達の最後?のKCでのホームスタンドでヴァーガスが18勝目を挙げた!ファン達は何とも複雑な思いで試合を見つめる。

負けがこみ借金4でロイヤルズがホームに帰ってきた。最も残念な状態でこのファイナルウィークを迎える無念と共に。

試合は先発のジェイソン ヴァーガスが6回1失点で18勝目(10敗、防御率3.97)を挙げクルーバーに並び最多勝利数に並んだ。

8月終了時点。プレイオフコンテンダーズの中で最も対戦相手に恵まれプレイオフ進出の確率はかなり高いと思われていた。しかしその一方で監督がヨーストでは厳しいかもしれないという不安があった。そしてそれは的中した。

MLB監督の中で最もコンサーヴァティヴなスタイルを身上とするヨースト。先発に起用したメンバー達には基本代打や代走を送らない。先発投手はどれだけ打ちこまれても四球を連発しても5回までは逆転されるまで交代させない。野手に関しては彼らのプライドを傷つけなくない、投手に関しては勝利投手の権利を持った状態で降板させてあげたい。これがヨーストのスタイル。

また9月コールアップにより待望のMLBの中でもNo.1のスピードを誇るテレンス ゴア、トップ5に入る俊足のラウル モンデシー、更に元陸上スプリンターでもあるパオロ オーランドーをベンチに置きながら代走に送る機会は限られている。あくまで1点ビハインド、あるいは同点という場面のみ。更に代走を送り交代させる選手はペレス、ムスターカスという超鈍足の2名とせいぜいDHのモス位。後はそのまま変えずに塁上に置いておくのだ。

メリフィールドとケインなら仕方ない。しかしそれ以外の選手はもう誰も盗塁しない(エスコバーはしてもほぼ失敗)。よって1点ビハインドで1死1塁の場面で走者はエスコバーが記憶にあるだけでも2度あったが、結局動けずに試合に負けた。

エスコバーは2012年35盗塁、2014年31盗塁で成功率もかなり高い選手だった。15、16年も共に17盗塁。しかし今年はわずか4盗塁(失敗6)。もうスピードで勝負できる選手ではないのに彼に代走を送ることはプライドを傷つけると考え交代させられないヨースト。FAを控えるエスコバーが他球団にネガティヴな印象を持たれたら申し訳ないという思いもあるのだろう。ファン達の思いは後回しで選手達のプライドを重視して勝負に徹することができない監督。それがヨーストなのだ。

1点リードでももう1点を代走を送りガムシャラに取りに行くこともせず、2点以上負けていても差を詰めて残りの攻撃に賭けるという采配も頭をよぎらないようだ。これでは勝てないでしょ(笑)

ホズマー、ケイン、ムスターカス、エスコバー、ヴァーガス等がFAでティームを去る可能性がある。おそらくホズマーはKCにとって手の届かないレインジになるのでキープが難しい。エスコバーと契約延長や再契約することは愚か過ぎる。その他の3名の内、2名程キープできるかどうかが現状だろう。

GMのムーアはそんな中、焦った動きをここ2年間見せ続けそれまでと違い15年、16年オフの補強はことごとく裏目に出た。ゴードンの契約に関しては生え抜きのスターということもあり私も含め契約した時点では安堵した。ここ2年大失速しているのはあまりにも予想外でこれについてはゴードン本人が悪い。ストイックな努力家だが、不調の原因を突き止め、それをどう克服するのかについて本人も球団も正しい対処ができないことが苛立たしい。

ケネディに5年7000万ドルを費やした15年オフ。1年目こそまずまずで良かったかと思われたがやっぱりケネディだった。今年は4勝13敗、防御率5.50。こんなことなら故障で全く登板できない方がよほどティームの為に良かった。16年オフに2年1600万ドルで契約したハメルも酷い。6回に入ると突如乱れだし球が浮きっぱなしになる。そしてこれでもかと打ちこまれビッグイニングとしてしまい試合を相手に持っていかれる。8勝13敗、防御率5.32。この2名の補強の失敗は球団の今後にも影響。特にケネディはまだ3年4900万ドルが来年以降残っている。ハメルもバイアウト含め来年1100万ドル。ゴードンはあと2年4400万ドル残る。16年オフには他にも左腕投手のウッドと2年1200万ドルで契約(今シーズン途中パドレスにトレイドしたが多くの残り金額はロイヤルズが持つ)も結んだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!

>監督とGMの大失態への怒りが収まらない!
結果を出した、監督とGMに対してアンフェア

ご自分で書かれてるように、KCはスモールマーケットで経済力もない。
そうしてチームが、2年連続ワールドシリーズに進出、1度はチャンピオン。
マイナーは枯れてるけど、それは勝負したからで実際結果はだしている。

ホワイトソックスの今年のトレード成功は事実だが、ラローシュやシールズの獲得では失敗している。
貴方はGMに10割の打率を求めているような物、余りにも非現実的

KCがワールドシリーズに進出出来た、最大の要因は強力なブルペン。
強力ブルペンがあったから、接戦に勝てた。
そうした事は、GMの手柄。

KCの様なスモールマーケットで、何を求めているか理解に苦しむ。もっと現実を見るべき

「ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!」へのコメント

ドアマットティームに関して全然知らないので教えてください。

主力がごっそり抜ける上、プロスペランキングベスト100に30ティームで唯一ランクインしていないと聞きました。

上も下もスカスカの認識ですが、今後30年間どうなるのでしょうか?

ゴードン、モス、ハメル、ケネディの不良債権カルテットがケイン、ホズマー、ムスタカスの契約に影響を及ぼすことはないのでしょうか?
あわせてご教示いただけますと幸いです

「ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!」へのコメント

そういうスタンスでリーグ制覇、世界一になった監督に対して冷たくないですか?
クエト、マドソン、ゾブリスト等が抜けたらやりくり厳しくなるのは目に見えてたでしょう。
FA組のトレードに関してはタイミングが悪かったとしか言いようが・・・
来年オフにはハーパーやブラックモン、マチャドにドナルドソンらが出回るんだから、獲ってもすぐ出ていく可能性がある選手に対して有望な若手(その他金銭など)を交換するのはリスキーでしょう。
引き留めるだけの資金力や球団に魅力があれば別ですが・・・
最後にGMの動向や監督が気に入らなければ見なければいいだけでは?

ヴァーガス最多タイ18勝目!FA組最後のホームスタンド複雑な思い ファン達は監督とGMの大失態への怒りが収まらない!

ヨースト監督、人柄は良いですけどね。
人柄の良さだけでは勝てません。
もうGМムーアは働かなくてよいと思います。寝ててほしい。
FA選手は無理して契約する事ないです。去る者は追わず。
来季、野手では、ゴア、モンデシー、ボニファシオらが大化けすれば面白いのですが。
投手では、マイナーがクローザーとして先ず先ずの成績は残せそうです。
先発陣は、ヴァーガスが抜ければトホホな状態だなあ。

こんな記事も読みたい

ダルビッシュ 本番に向けてスライダーの大復活!【MLB 戦いの原理を求めて】

カーショー20代締め括り【MLB記録navi】

なぜ田中はフォーシーム・ファーストボールを投げないのか?について解説を試みる【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:10429
  • 累計のページビュー:11236709

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss