「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

遅すぎる。本当に遅すぎる。監督の能力が低いが為に大きなチャンスを逃したロイヤルズは新クローザーの確立で来シーズンは期待以上の年に!

現地9月21日の@ブルージェイズの試合。カンザスシティ ロイヤルズは1-0で勝利。先発ヴァーガスが6.1回を被安打2、奪三振7で無失点。これでリーグトップに並ぶ17勝目(10敗、防御率4.03)となった。リリーフ陣もしっかりと無失点リレーで危なげなく完封したロイヤルズ。この試合で最大の収穫がこの日2試合連続でセイヴシチュエイションでの登板となり見事に完璧に抑えた左腕、マイク マイナー。

2009年ドラフト1巡目全体7位指名でアトランタ ブレイヴスに入団して以来ずっと先発でキャリアを積み重ねてきたマイナー。トミージョン手術を経て昨シーズンからロイヤルズに移った。昨年はリハビリに専念し今シーズンは頭からリリーヴァーとして開幕25人枠に入り良い時、悪い時がありながらトータル的には最も安定していた。

今シーズンのロイヤルズ救援陣は一時期MLB全体でもNo.1の好調時こそあったが、シーズントータルでは悪かった。特に酷かったのがクローザー。期待のヘレーラが不安定で、全く安心できないパフォーマンスばかり。マイナーと共に調子が良かった左腕のスコット アレクサンダーは絶体絶命のピンチで登板し切り抜けてくれた。しかし、ルーキーシーズンという中でフルに投げてきた疲れからここ3試合程は全て救援失敗。

開幕から最もクローザーとして私が可能性を感じていたのがマイナー。2014年以来のメジャーでのマウンドということもあり首脳陣は極度のストレスを与えたくない思いもあっただろうが試合中盤でのリリーフからセットアッパーへ移り頑張っていたマイナーの魅力は先発時代には感じられなかったパワーピッチと鋭いブレイキングボールをコントロール良く投げ込むスタイル。

先発時代もコントロールは良く奪三振も1試合平均8個前後ではあったが球速で押すスタイルではなかった。それが今年は97マイルをポンポン投じる。リラックスしたきれいな投球フォームから156キロを投げるのでリリーヴァーとしては理想的かと感じる。かつてのパワー系クローザーの特徴は荒れ球もありクセのあるフォームも多かった点。ただ試合を決する大事な場面で安心して見ていられるクローザーがより理想になりつつある近年。ロイヤルズは独特フォームから荒れ球の多いグレッグ ホランド➡きれいな安定感のあるフォームから制球力抜群のウェイド デイヴィスへのタイプの違うMLBベストの2人のクローザー達を抱えていたここ数年。やはりホランドよりデイヴィスの方が安心であった。

先発向きと思われていたがレイズ時代の1シーズンのセットアッパー経験を買われセットアッパー➡クローザーで大成功を勝ち取ったウェイド デイヴィス(現カブス)に昨年かなり先発からクローザーへの転向について話を聞いたというマイナー。自分にもデイヴィスと同じような道があるのではないかと感じていたそうだ。

マイナーの今シーズンは全てリリーフで61試合、6勝6敗、防御率2.68。74イニングスで奪三振84。WHIPは1.03だ。

ヘレーラの不安定さから試合を捨てるような(セットアッパーのソリアも途中から酷くなったのでガタガタな後ろ2枚だった)状況が続いていたロイヤルズはマイナーがクローザーになれば状況は好転するとずっと感じていた。ようやくこの前のインディアンスの連勝を22で止めた試合で始めてマイナーをクローザー起用し3奪三振という内容で成功した。そしてこの日も危なげなく成功。遅すぎた。今シーズンはもう間に合わない。

ただし来シーズンへは大きな希望を持てる。マイナーは16年から2年契約で18年は1000万ドル(約11億円)のオプションとなっている。このオフにロイヤルズはオプション行使ではなく複数年契約をトライするのではないか。2年1700万ドル、あるいは3年2400万ドルあたりが妥当かもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!

今年のロイヤルズは、正に江本氏が言った「フロントがアホやから」だっと思います。
ソレア⇔デイヴィスのトレード大失敗、パドレスとのトレードも失敗。
スタメンで使えば2割7分~8分くらいは打てるのにと思っていた
メリフィールドをシーズン序盤にマイナーに落とし、
バットに中々当てられないモンデシーを使い続ける失態を犯しました。
クローザー向きではないヘレラで何度負けた事でしょう。
マイナーの方がクローザーに向いていると傍目からでも思ってました。
来年は、先発陣、そして打撃ではゴードンの復活が無ければ
本当にドアマットティームになってしまうでしょう。
追記・もう今年唯一の期待はメリフィールドの盗塁王タイトル奪取です。

「ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!」へのコメント

シーズン前はへレーラ活躍間違い無しと言ったり
ベンチュラ、ボルケスの穴はハメルとウッドでお釣りが来ると断言したり

時には審判の出身があーだこーだ
ペレス復帰後も負け込むと起用法が駄目だの・・・
次のターゲットは誰になるやら

「ロイヤルズに待望の絶対的新クローザー誕生!来シーズンはブルペンで立て直せる!」へのコメント

ドアマットティームに関して全然知らないので教えてください。

デービスと交換したソレアがモス、ゴードンより使えないと聞きました。

1:1のトレードらしいのですが、本当でしょうか?

ゲームに出ないのは、ソレアに問題があるというより、外野の層が厚いからと理解すべきでしょうか?
あわせてご教示いただけますと幸いです。

こんな記事も読みたい

ジャッジがトリプル100達成【MLB記録navi】

エストラダと契約延長【Go! Jays! Go!】

セールが191奪三振でトップに立つ【MLB記録navi】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:6317
  • 累計のページビュー:11112311

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss