「KC」だよ!「カンザス」ではない!

インディアンス22連勝の裏では落胆するKCファン達がいる CLEはWS制覇してKCと肩を並べることになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

22連勝したインディアンス。しかしこの歓喜の日々がポストシーズンの最後まで続くのか?15年ロイヤルズ同様前年WS敗退から翌年WS制覇を成し遂げて初めてインディアンスを評価することになる。

カンザスシティ ロイヤルズが21連勝中のクリーヴランド インディアンスをついに止める役割を果たしてくれると祈っていた。そしてそれは9回裏2死、2ストライクスまでリードし、全米にロイヤルズここにあり!を見せつけると信じていたが、やはりインディアンスの引き立て役に終わる結果となった。

ロイヤルズが失敗した最大の要因はGMのデイトン ムーアだ。ムーア自身はワールドシリーズ2年連続出場、そして15年の制覇によりKCの伝説としての地位を確保したと思っているに違いない。しかしそれは甘くない。16,17年に最低限の結果を残して初めてこの街の誇りとして永遠に君臨できたのだ。現実はラスト2年のあまりにも酷い補強や契約延長の大失敗の数々やドラフト下手&育成下手が改善されることなくロイヤルズファン達を激しく失望させる結果を招いた責任は大きい。

ムーアには一刻も早くGMの職を離れてもらいドラフトや育成に長けた新GMがロイヤルズには必要だ。スカウツ、マイナーリーグのコーチ陣を刷新することも真剣に取り組んでもらい、選球眼に長け、守備と走塁を含め洗練された選手をドラフトで獲得し、マイナーでしっかりと出塁への高い意識を植え付けていく取り組みが絶対に必要である。

そして監督のヨーストはこれまた成長のない能力の低い監督である。14,15年の成功を支えたのは多くの批判にもめげず苦しんでいた若手を使い続けたヨーストの忍耐力。しかしこのスタイルはもうここ2年のロイヤルズでは通用しないことを理解できないのだ。ティームに貢献することが全くないゴードン、ヘレーラ、マウラー等を使わずに別の若手を起用していくことを考えてもらわないと困る。明るい未来が見えてこないとファン達は応援する意味が見えてこないだろう。

この日の試合もゴードンは走者を塁に置いてダブルプレイ、三振と内角攻めを克服できない。内角攻めをされ、それに対応できないとわかっていながら何故起用し続ける?そして9回裏2死1塁の場面。あとはアウトをとるだけで勝利だったがリンドーのレフトへの大きな打球をグラブに当てながら捕球できず同点2塁打としてしまう。守備で貢献できないなら使う意味がない。

アレクサンダーの登板過多からクローザーのロールから外されたヘレーラをセイヴシチュエイションでマウンドに送り結果リンドーをカウント0-2と追い込みながらど真ん中へ投じた球を痛打された。何なんだよ!集中力に欠けセイヴ機会での登板でことごとく失敗するヘレーラをもうマウンドに送るな!

ケインにしても攻守にシマリのない緩慢差が目立つ。チャンスで全く打てないし、ランナーを進める打撃もできず、10回裏先頭打者のラミレスのセンターへの安打を2塁打にさせてしまう動き。

エスコバーが10回表1死から安打で出塁。しかし2年前までのような走力がなく盗塁を全くすることができないのにスピードはあるという理由だけでベンチにいる超快速コンビのモンデシーとMLB No.1の快速男ゴアを代走に起用しない。彼らなら一気に2つの盗塁で1死3塁を作れるのに結局エスコバーが1塁にくぎ付けで何の手も打たない。ヨーストの采配能力は呆れるばかりに低い。

全米メディアも日本のメディアもインディアンス\(^o^)/!として取り上げ騒ぐことになるだろう。そこにはたった22ヶ月半前にワールドシリーズをMLB史上に類のない独自の路線により制覇したロイヤルズへのリスペクトはない。こんなきつい負け方で17年シーズンが終焉を迎え、今後長きに渡り低迷期を送ることになる可能性のある(そうならないことを祈っている)ロイヤルズファン達の気持ちを少しでもくんでもらいたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

インディアンス22連勝の裏では落胆するKCファン達がいる CLEはWS制覇してKCと肩を並べることになる

弱小チームを応援し続ける性格が無いように思われる。
期待外れのシーズンで愚痴りたいのは皆同じだが、せめて愉快に愚痴れよ。
ネチネチ妬みに、辞めろだこき下ろし。
ブロガーと言うよりクレーマーだな。

「インディアンス22連勝の裏では落胆するKCファン達がいる CLEはWS制覇してKCと肩を並べることになる」へのコメント

ファンがこんなだからKCは弱いんだな。
今オフはFAでだいぶ主力が抜けるし、暫くは弱いKCに逆戻りだ。夢を見られて良かったな。

「インディアンス22連勝の裏では落胆するKCファン達がいる CLEはWS制覇してKCと肩を並べることになる」へのコメント

いつまでも過去の栄光を棚にあげ、今の立場でも王者を気取り上から目線。
ドラフト、育成が下手と言いますが、若手投手が白星を手にした時、楽しみな投手が出てきたと言いましたよね?
それが成績が落ち込んだ途端、話題にすらしなくなりました。
バルガスに対しても、サイヤング賞の候補発言しましたが打ち込まれ勝ちのペースが落ちてきたら、これも話題にしない。
そして、FA等の流出で低迷期が来る可能性があるKCファンの気持ちを考えて欲しいとありますが、もう諦めるんですか?
いつかのOAKは完全再建に移行したシーズンに若手主体で大躍進を達成した例もあるんですよ?
また、KCに対してフランコーナ監督しか賛辞を送らなかったと言いますが、他の選手、関係者のコメントが無かったと何故分かるのでしょうか?
リスペクトが無いとも書いてますが、チームメートのベンチュラ投手の件があったにも関わらず、ダフィーは不祥事を起こしています。
そのチームをリスペクトすると言うのはどうなんでしょうか?
そもそも貴方はダフィーに関しては、早く戦列に戻って来て欲しいとしか書いてませんよね?
このような都合の良い内容を書き続けるとKCのチームの印象にも関わって来ると思います。
テニスの記事も拝見しましたが、事前の情報を仕入れず、自らの願望を綴り、〇〇選手なら勝てる(その選手は数時間前に棄権)などと書いてましたよね?
他の方々の指摘も耳に入れず、自らの間違いを認めず訂正もしない。
願望ばかりで、記事を載せるのはどうかと思いました。長文失礼しました。

無題

もう単なる妬み嫉み。
インディアンスがロイヤルズに何か酷い事したんですか?
「2年前の覇者に敬意を持て!」って、もう滅茶苦茶。

日本人以外のテニス選手には敬意を欠いた事を平気で言ってるのに、
自分の好きな「ティーム」が貶められたと感じると怒るんですね。

こんな記事も読みたい

歴史的な大失速、ドジャースが決断すべきこと【MLB 戦いの原理を求めて】

ベタンセスが309イニングで到達【MLB記録navi】

ロイヤルズ”もう終戦”から踏みとどまりの連続(笑)戦力悲惨も残り試合に幸運ある!カギは木曜~@インディアンス4連戦!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:14711
  • 累計のページビュー:11226281

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss