「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ロイヤルズ”もう終戦”から踏みとどまりの連続(笑)戦力悲惨も残り試合に幸運ある!カギは木曜~@インディアンス4連戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今度こそ終戦のはずだったのだが...またも巻き返してしまった。嬉しいことに違いはないが本当に不思議な心境である。

カンザスシティ ロイヤルズの今シーズンはまさにローラーコースター。シーズン序盤の長期間に及ぶ歴史的打撃不振から10勝20敗スタートとなり、全米メディアが終戦の烙印を押しFAをオフに迎える選手達のファイヤーセイルがいつ始まってもおかしくないと報じられていたかと思えば一気に調子が上向き9連勝等、絶好調の時期を迎える。と思ったらまたもどん底に陥り、また盛り返す。

そしてオールスター後に好調に転じ7月のトレイドでパドレスから3名の投手を補強。しかしそのとたんまた絶不調に。打撃陣の不振も酷いがやはり最も苦しいのが先発&ブルペンが救いようのない不調に陥ってしまったこと。絶対的エイスであるダフィーの2度目のDL入りは最大の痛手。代わりに先発した2名が共に序盤にぶち壊しを演じた。ついに3人目でマリナーズをリリースされた後KCが契約したサム ガヴィクリオがTwins戦で6回1失点の好投(9回にヘレーラがBSで逆転負けだったが)。ダフィーが復帰間近だが先発6人ローテイションを組むことになりそう。

9月に入りワイルドカード(WC)2番手枠でトップに立つTwinsとの7試合を迎えたロイヤルズ。@Twinsで2勝1敗とし2.5差に詰める。2.5差で迎えたホームでの対Twins4連戦でやらかしてしまう。初戦は上記で述べた試合。ヘレーラが全く機能せずまさかの9回2死からの逆転負け。これで1.5差を目前にしながら結果3.5差に...もう後がなくなったロイヤルズが続く第2戦も5-8で落としてしまう。4.5差。さすがに終戦を迎えたかと思われた。

しかし第3戦で7回に逆転し勝利。そして第4戦を圧勝した。これでまたもTwinsとの差が2.5となったのだ。負け数コラムだと2差。明日のホワイトソックス戦で勝てば2ゲイム差だ。

ただ今年のロイヤルズは巻き返し始めて“さあ、一気にいくぞ!”という試合でコケてしまうことをこれでもかと繰り返しファン達を深く失望させてきた。

明日のホワイトソックス戦はまさにこれまでコケてきたのと同じ状況。主力の多くを放出し戦力がダウンしているホワイトソックス戦だけにファン達は勝つイメイジでいっぱいになる。しかしこれまではこのような状況で完全格下ティーム相手にあらゆるミスを全てかき集めたような情けない内容で惜敗してきた。これまでの失敗を絶対に繰り返すことのないよう全力で隙のないティームプレイを心掛けねばならない試合だ。Twin4連戦でMLB記録となる1シリーズ計11個のダブルプレイズがあったロイヤルズ。相手バッテリーの術中にはまる恥かしいバッティングを避けなければ勝利は逃げていく。

幸いなのは今後のスケジュール。最大の山場は現在18連勝中のインディアンス4連戦。現在アストロズとAL第1シードを争うインディアンス。1差でリードだが、しばらくはこのトップシード確保の為に手を抜かないインディアンスであると覚悟している。ただ連勝はここまで続くと反動がある場合がある。そこに秘かに期待し3勝1敗を達成したい。

ロイヤルズはインディアンス以外の強敵は最後の3連戦DバックスとのシリーズだがラッキーなんがDバックスの状況。既に1位ドジャースから9ゲイム差、WC争いしているロッキーズには5差つけている。つまりWC試合の為にKC相手に主力を温存する可能性がある。ヤンキースとも雨天順延によりこの時期に組まれた1試合。ヤンキースも地区首位は厳しいしWC1枠確保し2枠目には大きな差。多少戦いやすいかな?

あとの9試合はタイガース、ホワイトソックス、ブルージェイズと既にWC争いから脱落している球団ばかり。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

カノが歴代1位タイに【MLB記録navi】

ブラックモン 史上30人目の快挙なるか【MLB記録navi】

木曜はKCが燃える!Chiefs&Royalsが同時刻に大一番!ChiefsはNFL開幕戦Patsを倒すぞ!KC@NEの注目点は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11390674

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss