「KC」だよ!「カンザス」ではない!

Aズヴェレフ2回戦敗退!M1000とGSは別物だと専門家達は思い知る?杉田37位かけ大一番!日比野と尾崎GS初勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前も述べたがマスターズ1000で何度優勝しようがグランドスラムで結果を残せていない選手をグランドスラム優勝候補に祭り上げることには慎重になラなければならない!

USオープンテニスの2回戦で世界6位、第4シードのアレクサンダー(サーシャ) ズヴェレフがライヴァルの同世代ボルナ チョリッチにセットカウント1-3で敗れ去った。

チョリッチの才能を考えれば決して驚きの結果ではない。ただ、多くのテニスメディアがズヴェレフを優勝候補として注目していたのでそれらの人々は落胆したかもしれない。

確かにズヴェレフは数年前から将来のNo.1選手として注目され、事実No.1にいつかは辿り着くことになる可能性は低くない。197cmの長身から確率の高い1stサーヴをコーナーに叩きつけるので対戦相手にとっては相当な圧力である。更に欠点がほぼない万能系なのでメンタルさえビッグ4のレヴェルに到達すればGS優勝も世界No.1も見えてくるだろう。

ただし、今の時点でそこまで大騒ぎして次世代のスーパースターがグランドスラムで初優勝するぞ!的な扱いはどうだろうかと常々感じていた。

確かにマスターズ1000を2度制した。しかし、今年のATPは上位選手が軒並み故障で苦しみ数名が欠場するパターンが続いており、この2度の優勝は立派であるものの本当に世界でNo.1クラスの力量があることに直結はしないと思っている。

GS以外の大会で優勝候補として扱うことは正しいと思う。それらの大会に関しては精神的にも技術的にも優勝する術も身につけていると感じる。ただし、GSは全くの別物である。GSは5セットマッチである。優勝まで戦う為には心身ともに相当なタフさが求められる。まだ20歳の若い選手にとっては勝ち抜くことは容易ではない。

AズヴェレフのこれまでのGSでの成績はとても優勝候補にふさわしいものとは言えない。今回が10回目の出場。最高が今年のウィンブルドン4回戦。他は3回戦が2度、2回戦が3度、1回戦敗退が3度である。

錦織圭はワシントンSFでズヴェレフと対戦し完敗。対戦前からコンディションの差がハッキリしており当然の結果であった。しかし、今年のサーシャの圧巻の結果とこの試合の両者を見てサーシャが錦織より素晴らしい選手であると勘違いしていないか?

錦織はGS準優勝、準決勝にも進んでおりQFは常連といえる選手。GSで4回戦に1度進出した選手とは大舞台での実績という面では大きな差がある。

5セットマッチでプレッシャーもマスターズ1000とは比較にならない程重いグランドスラム。ここで結果を残して初めてAズヴェレフがGS優勝候補として語られるべきだと考える。専門家達もプロであるならそうであってもらいたい。

日比野奈緒がついにGS初勝利!これは本当に嬉しい。これまで1回戦でシード選手とばかり戦って惜しくも負け続けてきた。シード以外の対戦相手もランキングが上の選手だったし、今回のべリスもアメリカ期待の18歳でランキングは30位台。それでもこれまでの敗戦を無駄にすることなくしっかりと勝ち切った。

尾崎里紗も予選上がりのラオ相手に第2セットのタイブレイクを落としながら第3セットのタイブレイクを7-5で制しギリギリの勝利!逞しいメンタルを見せてくれた。尾崎もGS初勝利であった。GSでの勝利はテニス選手にとっての勲章。今後更に勝利数を上積みする姿が楽しみだ。奈良くるみも初戦を突破。最大の注目は上位進出を狙う大坂なおみだが、他の日本人選手達も好調。

杉田祐一の2回戦の対戦相手が第26シードのガスケを下したメイヤーに決まった。メイヤーとは2011年に予選ラウンドで1度対戦しセットカウント1-2で敗れているが、当時と今の杉田では別人。ランキング50位台のメイヤーを倒せば自身初となる30位台に突入する。おそらく37位前後は確保。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Aズヴェレフ2回戦敗退!M1000とGSは別物だと専門家達は思い知る?杉田37位かけ大一番!日比野と尾崎GS初勝利!

わたしはブログ主さんの意見に賛成です。MSとGSはやはり別物なのです。

ズベレフ選手の才能は疑いのないものですが、それと比較して錦織選手を下げる人がいますが、
GSを簡単に考えすぎていると思いますよ。
BIG4やワウリンカ選手を除けば、誰がそんなにコンスタントにQFにまで残ってますか?

ズベレフ選手は若いので、GSの戦いはこれからもっと勉強していかないといけないでしょう。
かつてMSで優勝を重ね、何度もフェデラーに勝っていたマレーが、GSではことごとく負けていたということからも、MSとGSがいかに違うのかよくわかります。

「Aズヴェレフ2回戦敗退!M1000とGSは別物だと専門家達は思い知る?杉田37位かけ大一番!日比野と尾崎GS初勝利!」へのコメント

MS取った事ない選手がサーシャより上とか言われましても……現実見ましょうよ

Aズヴェレフ2回戦敗退!M1000とGSは別物だと専門家達は思い知る?杉田37位かけ大一番!日比野と尾崎GS初勝利!

>サーシャが錦織より素晴らしい選手であると勘違いしていないか?

勘違いしているのはどちらですかね?
錦織くんよりサーシャの方がすばらしい選手であるのは間違いないでしょう。
さっきもちらっと書きましたが、サーシャは弱冠20歳にしてすでにMS2勝、ランキング6位です。
錦織君は20歳のときどうでしたか?ちょうど怪我でランキングを落としていた時期とは言え比べ物にならないはずですよね?キャリア9年でMSですら優勝できていないんですから。

いつもいつも思うことですが、錦織くんびいきなのは結構ですが、あなたのコメントは妄言でしかありません。
大して調べもしない、見切り発車で突っ走る、根拠のない確信。

むしろあなたが諸々思い知るべきではないんですかね。

Aズヴェレフ2回戦敗退!M1000とGSは別物だと専門家達は思い知る?杉田37位かけ大一番!日比野と尾崎GS初勝利!

ぶっちゃけ、杉田の周囲で誰が勝ち残ってるのか確認した方がいいのでは?
杉田37位のターゲットとなっているメンバーの中を軽くチェックした限り
少なくとも4選手が2R(または3R)に残っていますよ。

エドモンドとロレンツィは失効の都合があって3R時点で杉田より下なのでまだいいですが、
昨年1コケのコールシュライバーとベルダスコが勝ち残っているのでポイントを上積みしています。
この2人+杉田の3人全員が3回戦に進出すると杉田は39位です。

大勢が決まるのは4R始まる頃。
全選手きっちり洗い出してもその辺りまで順位は断定できませんよ。

こんな記事も読みたい

日本勢2人が1回戦突破 杉田は59位メイヤー、太郎は世界1位ナダルとの2回戦へ!(全米オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

杉田祐一 シード選手並みのプレイぶり!日本エイス的雰囲気USオープン初戦圧勝劇!ダニエル第1セット奪取!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【全米】ランキング推移と軽い展望【気ままにスポーツ日記】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10811019

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss