「KC」だよ!「カンザス」ではない!

Royals 43イニングス連続無得点&4試合連続完封負け!明日MLB記録(48イニングス)到達なるか!組織全体抜本的改革へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさにロイヤルズである!以前から何度も述べている通りメジャーリーグで最もミート力に欠け最もスキルの低い打撃陣が永遠に破られるはずのない記録の更新間近である!

ホームでのロッキーズ戦は8回2死1塁から愚かにもど真ん中にチェンジアップを投じたマイナーのプロ失格のミスで2-3と逆転負け。これを引きずる形で敵地でのインディアンス戦で3試合連続完封負けを喫したロイヤルズ。ロッキーズ戦の3回から続く無得点記録は34まできていた。そして迎えた対レイズの初戦。レイズ先発は6勝4敗、防御率5.76のプルイット。しかしそんなスタッツはもはや今のロイヤルズにとっては関係ない。誰が投げようがMLBの投手であれば誰1人ロイヤルズからまともに打たれる心配はないだろう。

ロイヤルズ先発のケネディーは初回から1失点。3回に6失点で試合は決した。注目はKCが果たして得点できるのかに集まった。しかし結局2安打で完封された(笑)ケインの2安打は右方向へ痛烈な2塁打。このオポジットフィールドへの打撃さえ心掛ければ得点は簡単に取れるのだが、ただでさえミート力がない打者達が皆ホームランを打ちにかかる自分かってな考え方ばかりが今のロイヤルズには蔓延。これではなすすべがない。

2試合連続で0-12で敗退したロイヤルズ。5連敗となり借金2となった。プレイオフ到達はスケジュール上圧倒的有利と見られていたが、もうそんなことを考えるゆとりはない。絶望的に低い戦力で今後どれだけ勝てるのかも読めない。ズルズルといかないよう明日で連敗ストップできるかが今シーズンまだ生き残れるかのカギとなる。

43イニングス連続無得点は投手に有利過ぎるのを改善する為にマウンドを低くした1969年以降最長。1983年フィリーズと1985年アストロズの42イニングスを更新した。MLB記録は1968年カブスと1906年A’sの48。あと5イニングスでタイ、6イニングスで新記録となる。

ロイヤルズの現在の選手達の能力の低さを考えると弱いことは仕方ないと諦められる。しかし許せないのが先ほども述べたようにティームの為のプレイというものをティーム全体で徹底しようという努力が全く見られないこと。

FAを控える選手達とMLBでまだ新人に近く実績を積み上げていきたい選手達により構成されるティームなので首脳陣は選手達に無死2塁の場面で右方向に転がせとは言えない。バントならまだしも内野ゴロだと打率が下がるから選手に数字を下げてまで自分を犠牲にせよとは言えないのだ。そして選手もホームランを打ちたいと引っ張りにばかりかかり結果は相手バッテリーの思惑どおりにショートゴロや空振り三振となり進塁を防がれるパターン。

1死3塁の場面でも打者が外野フライを打つスキルを要していないので投手ゴロ等得点に至らない。ティームで数少ない長打力のあるペレスとムスターカスが無死or1死3塁の場面で打席に立つとほぼ絶望的。彼らは計算して外野フライを打つ能力に欠ける打者だから得点に至る可能性は低い。大抵はボール球を振らされて三振になる。クオリティの低い打者で固められる打線なので1得点すら困難なのだ。

ロイヤルズはTwinsのワイルドカード2番手から3ゲイム差。投手力も打撃力も走力もMLBで最下位の力量となってしまったロイヤルズ。

新たなGMで組織全体のフィロソフィーを改革していくしか復活の道はない。コントロールが良く回転数の多い投手、出塁率の高い選球眼に優れた打者を獲得&育成していく哲学が組織全体にないとKCを支える柱の選手が出てこない。マイナーにも同じようなフリースウィンガー達ばかりの現在は絶望的であり未来が見えない状態である。ロイヤルズが失敗した最大の課題を今後克服していかない限りまた長い低迷期に突入することは避けられない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

青木

ロイヤルズが青木を獲得する可能性はあるでしょうか?KCのロースターとマイナーの外野手事情は詳しくないのですが、残りのシーズンを安く契約できるなら青木もアリかなと思うのですが…

こんな記事も読みたい

北砂リトル世界一 日本が圧倒する近年!MLB機構がリトルリーグWSを全力で全米に発信し続ける本当の理由!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

スタントン歴代7位のペース【MLB記録navi】

スタントンが歴代5位&9位タイ【MLB記録navi】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:3327
  • 累計のページビュー:10843324

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss