「KC」だよ!「カンザス」ではない!

大逆転許し錦織は初戦敗退!トップ10史上最弱?のメンタル!錦織 モンフィースにやり返される!ティーム刷新で復活は!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッププレイヤーのメンタルは全くない。弱いメンタルはどこから?トップ10プレイヤーとしては史上最弱かもしれない。かつての強いメンタルが完全に影を潜めてしまった。私生活に何かあるのか…USオープンやATP Tour Finalsへ向け希望に満ちていた錦織の2017シーズンはズルズルと落ちていきかねない恐ろしさでいっぱいである。ティーム刷新で気持ち良く錦織をプレイさせる環境づくりへ!

ファンとして前向きな言葉で選手を応援し続けなければならないのか!?これまでは必至でそう心掛けてきたが限界だろう。これだけ落ち込むことは応援する選手やティームがまさかの負け方をすることが多いスポーツファン人生でも記憶にないかもしれない。第1セットはserving for the setを、第2セットと第3セットはserving for the matchを取り切れずに挽回され、第3セットはタイブレイクにおいても6-2とリードしながら6連続ptsを許し敗退。リードして迎える自分のサーヴィスゲイムで相手、特にモンフィースは通常よりリスク覚悟で攻めてくる。これに対応できないのだ。

応援する選手をとことんまで非難するブログを書くと、その選手がまた調子が良くなった時に“お前はあの時あれだけ酷い言い回しで〇〇をこきおろしておきながらコロっと急変し今度は称賛の嵐かい!”的なことを言ってくる人々が多い。構わないだろう。感情のある人間なんだ。怒りやイライラを隠せない時はある。今は究極に落ち込み怒っている。もし錦織が数週間後に良くなった時には気持ちが高揚し喜びに満ち溢れた文面になることもわかっている。しかし今は全くそうはならない。

強風が吹き荒れる非常に困難なコンディションでの試合。錦織が最も不得意とする状況。過去にもインディアンウェルズを始めことごとく風に悩まされ敗退してきた。しかし、今回の相手は過去に何度もマッチポインツ(MP)を凌ぎながら最後は驚異の集中力を発揮し倒してきたモンフィースが相手。試合前に考えていたことはこれまでほぼ同じようにファイナルセットにもつれ込む大激戦となっていた為、今回は次戦以降に向けいかに消耗を減らして勝つかだけだった。

モンフィースはフランス人。モントリオールはフランス語圏でフランス人にとってはセカンドホームにもなり得る心地よい環境。更にビッグサーヴァー達にとっては速いサーフェスでやり易い環境。波があるが基本思い切りの良いプレイで攻めてくるモンフィース相手に錦織は守りに入るテニスだけは避けなければならない。たとえ強風でミスヒットするリスクの高いコンディションであってもだ。

メンタル面で常に上回ってきた錦織がこの日はボロボロ。いくつも挙げられるがその一つがダブルフォウルツ。モンフィースがゼロなのに対し錦織が7。風でトスアップが難しいし、セカンドサーヴ力が弱い為に甘いサーヴを打てない立場から出たミスなのも理解するが酷すぎた。10個のブレイクポインツの内6回コンヴァートされた。あっさりとブレイクされてしまうのだ。更にタイブレイクでも6-2から、6-5からと2本自分のサーヴでのMPを落とした。第3セット5-3で迎えた第9ゲイム。30-30から押しまくっていた打ち合いで最後はネットで甘い返球を叩いて終えられるポイントでは打ちやすいモンフィースのバック側へ強く打ちこんだが粘りのディフェンスの連続にあい最後はミラクルなロブを決められ落としてしまう。その後もギリギリへハードヒットするモンフィースに大事なポインツを持っていかれ最後はまさかの敗退となった。錦織は相手がミスすることを計算して相手の届く範囲へのストロークを続けたことで決めきれずに反撃にあったのだ。

ミスの多いモンフィース。この試合でもunforced errors(UE)がwinnersを大きく上回っていた。ただし第2、第3セットの終盤大事な局面ではこれらの一見リスキーなハードヒットされたショッツが決まる確率が高かった。ここを錦織は読めずに相手が返球可能なショッツを放ち続けたことが仇となったのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

チームを刷新しても錦織は強くなれない

強かった錦織はマイケルチャンのおかげで有り、錦織が彼の指導を忠実に守っていたからだろう。
今の錦織を見ているとトップテンの中では年齢的にまだ若いにもかかわらず少し激しいラリーが続くとすぐに肩で息をし始める。
他の選手には見られない状態だ。
錦織は高額賞金と高額スポンサー料によりテニスに対する執着心を失ったのだろう。
ジョコビッチが宗教に影響され家族に重きを置き練習量が落ちた事とある面通じるものがあるのだろう。
然し彼は再起に向けコンディションを整え加楢津再起してくるだろう。
ビックフォーと言われた人たちは体調が悪くても情熱は持っている。
錦織の情熱は女と遊びまわる方に向いてしまったのだろう。
マイケルの忠告に耳を貸さなくなった錦織は最早終焉を迎えようとしているのかもしれない。

大逆転許し錦織は初戦敗退!トップ10史上最弱?のメンタル!錦織 モンフィースにやり返される!ティーム刷新で復活は!?

もはや期待するような選手ではありません。メンタルの弱さ、勝負弱さは昔からであり、今はそれにモチベーションもないので、更にダメです。年俸を30億も稼ぎ、ネームバリューもあり、人気もある。プライベートジェットで飛び回り、まともなトレーニングもせず、評判の悪い女と遊びまわる選手が勝てるほど甘い世界ではないはずです。今回の負けだって、これで女と遊ぶ時間が出来た位にしか本人は思ってないかもしれませんね。

「大逆転許し錦織は初戦敗退!トップ10史上最弱?のメンタル!錦織 モンフィースにやり返される!ティーム刷新で復活は!?」へのコメント

錦織ファンとしてここ最近の試合は、歯がゆく思っている。肝心なところで
決められない。確かにメンタル面が、弱くなっている。又肉体面も弱くなっている。ここは、将来を見据えて休養を取っても良いのでわないか。ナダルやフェデラーのように。

大逆転許し錦織は初戦敗退!トップ10史上最弱?のメンタル!錦織 モンフィースにやり返される!ティーム刷新で復活は!?

トップ10最弱は言い過ぎでしょうが、本当に情けないゲームでした。怒りと落胆でまんじりともせず夜を明かした次第。錦織選手は今の地位自体が実力以上に頑張っているのであって、本来は20位くらいなのだろうと思わざるえませんね。GS制覇など無理なのだと思えば腹も立ちません。悔しいけれど、Aズベレフ戦を見てから、急速に熱が冷めてしまいました。日本人でもGS制覇できるかもとここ2年余り夢を見させてくれただけで錦織選手には感謝しています。これからも応援はします。しかし過度の期待はもうやめます。けがせずになるべく長く選手生命を長く維持してほしいと思います。観月さんとの結婚もチャンコーチとどうのこうのもどうでも結構です。プロは勝ってなんぼの世界。トップ選手でないことはこの2試合でよく分かりました。

こんな記事も読みたい

シュワルツマンがティームに勝利して3回戦へ/デルポトロと新鋭が激突/フェダル登場/モントリオール2日目【Ready...Play!】

ティエム初戦敗退!錦織圭 カナダでは早い時間の試合でQFまでコンディション万全へ!NHK他中継局も理解してくれ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

this is テニス! 南東北インターハイ女子ダブルス決勝【ノータイトル!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:13069
  • 累計のページビュー:10461975

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss